北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

贈答需要増で生産ピーク 王子サーモン北海道工場

作業台にずらりと並んだスモークサーモン。歳暮商戦などに対応するため、急ピッチで製造作業に当たる=王子サーモン北海道工場、5日午前9時半ごろ

 スモークサーモンのトップブランドとして知られている王子サーモン。苫小牧市有明町の北海道工場では、年末年始の需要期に対応するため急ピッチで商品づくりが進められている。工場内の作業台には薫煙などの処理を終えた色鮮やかなサーモンがずらり。約70人の従業員が交代勤務をしながら、中骨の抜き取りやカットなどの工程に忙しい。作業は28日まで続く見通しだ。

 原料のサケはノルウェーやチリ、ロシアなどから輸入したものが中心。北海道産も一部製品向けに使用している。

 同社のスモークサーモンは絶妙な脂乗りと香りの良さが大きな特徴。年末は歳暮やクリスマス、正月向けなど需要が高まる時期で、今年も12月は平常時より2割増の約45トンを生産する予定。生産ピークを迎えた工場内では、ベテラン従業員らが真剣な表情で作業に当たっている。

 富永聡製品保証室長(58)は「衛生面や品質に最大限の配慮をしながら作業を進めている。今年もおいしい製品に仕上がっているので、地元の皆さんにもぜひ味わってほしい」と語った。

関連記事

根室新聞

ベトナム人実習生 旧正月楽しむ 遠く離れた地で“幸せ”【根室】

 ベトナムの旧正月「テト」を祝う会が26日、市内で初めて開かれ、遠く離れて根室で暮らすベトナム人技能実習生たちが一堂に会し、母国の伝統的な新年行事を楽しんだ。民族衣装で正装した参加者もいて、華...

日高報知新聞

五輪選手に続け! 浦河で町民スケート教室【浦河】

 浦河町教委主催、浦河スケート協会主管の「町民スケート教室」が24日、浦河町緑町の町スケートリンクで始まった。26日まで。  今年は暖冬で雪不足の日が続いており、リンク整備が間に合うか心配された...

日高報知新聞

研究発表大会で授業改善の研さんを深める【浦河】

 日高教育研究所・教職員研修センター(久保田慎吾所長)の研究発表大会が22日、浦河町総合文化会館で開かれ、管内小中学校教職員や各町教育長ら教育関係者約60人が「主体的・対話的で深い学び」の視点を取...

苫小牧民報

「現状維持」「役割向上」が7割超 苫小牧市の公共交通アンケート中間報告

 苫小牧市は、昨年11月に行った公共交通に関する市民アンケートの中間報告をまとめた。住んでいる地域の公共交通に対する感想では、満足と不満の割合がほぼ拮抗(きっこう)した。自家用車を所有する人が将来...

苫小牧民報

花火や結婚式など華やか 千歳・支笏湖氷濤まつり

 「2020千歳・支笏湖氷濤まつり」(実行委員会主催)は25、26の両日、期間中最初の週末を迎えて千歳市支笏湖温泉の会場で、「氷濤ウエディング」などのイベントを繰り広げた。両日の夜は花火打ち上げ...