北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

ラーメン「さくら屋」人気に 空き店舗活用事業で開業-白老

店の厨房(ちゅうぼう)に立つ髙橋夫妻。「白老で愛される店を目指したい」と言う

 白老町の「空き店舗等活用・創業支援事業」を活用し、同町竹浦にオープンしたラーメン店「さくら屋」が評判を呼んでいる。桧山管内江差町で営んでいた店を閉じ、白老の魅力に引かれて移住した髙橋健児さん(43)、麻衣さん(34)夫妻が9月に開業した。札幌や江差で腕を磨き、到達した自慢の味は地元住民の間でたちまち人気となり、「観光客にも足を運んでもらえる店を目指したい」と張り切っている。

 千歳市で生まれ育った髙橋さんは、後志管内黒松内町の福祉施設で介護職員として働いていたが、30歳を過ぎた頃、大好きなラーメンの店を持ちたいと思い立った。施設を退職し、2009年から札幌のラーメン店で6年間修業。15年に独立し、「静かな町で創業したい」と江差町で店を構えた。

 札幌みそラーメンの本場の味を提供する店は江差の人々から愛されたが、民族共生象徴空間(ウポポイ)の開業で、観光のまちとして発展する可能性に魅力を感じた白老に今年夏、移住した。

 引き続きラーメン店を営むため、物件を探し、国道36号付近にある竹浦の元居酒屋の空き店舗を取得。町の空き店舗活用の助成事業を利用して改修し、「らーめん さくら屋」の名で9月10日にオープンした。

 麻衣さんと夫婦二人三脚で切り盛りする店は開業後、口コミで客が増え、週末にはてんてこ舞いの忙しさになることも。みそ、塩、しょうゆをベースにした各種ラーメンをはじめ、トビウオのだしでスープを作るあっさり味の「アゴ出汁(だし)ラーメン」も子どもから高齢者まで幅広い年齢の客から好評という。

 髙橋さんは「タラコ、白老牛、シイタケ、鶏卵など食材が豊富で、温泉もある。来年春にはウポポイが開業し、観光のまちとして勢い付くのではないか」と期待し、「地元の方々はもちろん、観光客にも好まれる店になれば」と意気込む。

 営業時間は火曜日から土曜日が午前9時から午後6時、日曜日は午後3時まで。定休は月曜日(月曜が祝日の場合は火曜日)。

関連記事

根室新聞

学校の先生がビデオ取材 コロナ対策で映像授業に【根室】

 成央小学校(小川一校長)の2年生の担任教諭2人が6日、根室海上保安部を訪問し、ビデオ取材を行った。新型コロナウイルス感染予防で子どもたちが職場見学ができないために行われたもので、撮影した映像...

根室新聞

市独自「中小企業等応援臨時助成金」受け付け延長【根室】

 根室市は6日、新型コロナウイルス感染症の感染拡大対策で影響を受けた全業種を対象に、事業継続のため一律10万円を給付する根室市単独の緊急経済対策「中小企業等応援臨時助成金」の受け付けを今月末ま...

苫小牧民報

第62次南極地域観測隊 東胆振から2人参加

第62次南極地域観測隊の越冬隊員に東胆振から、苫小牧市澄川町の元小学校教員柴田和宏さん(45)=一般研究観測=と、安平町の元会社員久保木学さん(54)=野外観測支援=の2人が選ばれた。11月に...

苫小牧民報

ウポポイ 体験交流プログラムを再構築

 12日に開業する白老町のアイヌ文化発信拠点・民族共生象徴空間(ウポポイ)は、新型コロナウイルス対策の一環で、体験交流プログラムを再構築した。工芸品の制作や楽器の演奏など「密」につながる体験の...

苫小牧民報

白老観光インフォメーションセンター 土産物食品の販売開始

 白老町の駅北観光商業ゾーン(ポロトミンタラ)にある観光インフォメーションセンターが土産物の食品の販売を始めた。物販コーナーにはシイタケ、たらこ、白老牛など地元食材を使用した加工食品や、アイヌ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス