北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

日ハム選手ら、被災地で野球教室 憧れの選手が指導-厚真

小学生に打撃のアドバイスをする杉浦投手

 プロ野球北海道日本ハムファイターズの杉浦稔大投手と玉井大翔投手、チームにゆかりのある選手、コーチらが3日、胆振東部地震で被災した子どもたちを元気付けようと、厚真町のあつまスタードームで小学生向けの野球教室を開いた。厚真、安平、むかわ、日高の4町から児童93人が参加し、憧れの選手たちから指導を受けた。

 今回、厚真町を訪問したのは日本ハムの2人をはじめ、過去に同チームに在籍経験がある読売巨人軍の木佐貫洋コーチと鍵谷陽平投手、中日ドラゴンズの谷本圭介投手と大野奨太捕手の計6人。

 野球教室ではキャッチボールと打撃の指導をした。「どうすれば遠くに、速く投げられるの」との質問に対し、玉井投手らが「軸足で踏ん張った下半身をしっかり体重移動させて」とアドバイス。木佐貫コーチが実演して見せ、子どもたちを納得させた。打撃では大野捕手が「ボールを見過ぎず、まずはしっかりとスイングして」と呼び掛けていた。

 杉浦投手は「僕たちも言われたことを努力し続けてプロ野球選手になれた。将来この中からプロ野球の選手が出ることを願っている」と激励。厚真ファイターズの橋場凰太郎君(11)=厚真中央小5年=は「ボールの投げ方、打ち方など参考になった。今度から頑張りたい」と喜んでいた。

 また一行は野球教室のほか、厚真町内で被害の大きかった吉野、富里地区などを視察。厚真中央小や安平町の追分小でも児童と交流を深めた。

関連記事

根室新聞

学校の先生がビデオ取材 コロナ対策で映像授業に【根室】

 成央小学校(小川一校長)の2年生の担任教諭2人が6日、根室海上保安部を訪問し、ビデオ取材を行った。新型コロナウイルス感染予防で子どもたちが職場見学ができないために行われたもので、撮影した映像...

根室新聞

市独自「中小企業等応援臨時助成金」受け付け延長【根室】

 根室市は6日、新型コロナウイルス感染症の感染拡大対策で影響を受けた全業種を対象に、事業継続のため一律10万円を給付する根室市単独の緊急経済対策「中小企業等応援臨時助成金」の受け付けを今月末ま...

苫小牧民報

第62次南極地域観測隊 東胆振から2人参加

第62次南極地域観測隊の越冬隊員に東胆振から、苫小牧市澄川町の元小学校教員柴田和宏さん(45)=一般研究観測=と、安平町の元会社員久保木学さん(54)=野外観測支援=の2人が選ばれた。11月に...

苫小牧民報

ウポポイ 体験交流プログラムを再構築

 12日に開業する白老町のアイヌ文化発信拠点・民族共生象徴空間(ウポポイ)は、新型コロナウイルス対策の一環で、体験交流プログラムを再構築した。工芸品の制作や楽器の演奏など「密」につながる体験の...

苫小牧民報

白老観光インフォメーションセンター 土産物食品の販売開始

 白老町の駅北観光商業ゾーン(ポロトミンタラ)にある観光インフォメーションセンターが土産物の食品の販売を始めた。物販コーナーにはシイタケ、たらこ、白老牛など地元食材を使用した加工食品や、アイヌ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス