北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

にいかっぷピーマン 2年連続で8億円を突破【新冠】

ピーマン生産部会反省会であいさつする竹中部会長

【新冠】全道一の生産を誇る町特産の「にいかっぷピーマン」の今年の販売金額が8億4093万円(販売量1986㌧)となり、過去最高だった昨年に続き2年連続で8億円台に乗せた。今年の生産量は昨年比で1割以上多かったが、高値が続いた昨年より15%ほど価格が低下し、金額比で約3%下回った。

 町内のピーマン生産は、水稲転作に伴う補完作物として1984年(昭和59年)に生産農家2戸の生産から始まり、現在は47戸。

 2002年(平成14年)に初めて販売額が3億円台になった。しばらく3億円台規模の販売が続き、面積の増加や販売単価の上昇により、2013年に4億円台、15年に5億円台、新冠町農協敷地に最新鋭の選果施設が完成した16年は6億円台、17年に7億円台と、ここ5年ほどで飛躍的に生産量と販売額が拡大した。

 そして、大雪でピーマン用ハウス140棟が倒壊し、その修復と定植時期の遅れから作柄が心配された昨年2018年は、1㌔当たりの価格が501円(過去10年平均351円)と高騰し、当初の不安から一転して8億6855万円(販売量1773㌧)と初めて8億円台を突破する印象深い年となった。

 3日に新冠町農協で開いた農協ピーマン生産部会(竹中浩二会長)反省会の資料によると、今年は栽培面積22・35㌶の作付けで、共同選果は前年より1日遅い6月5日から開始し、終了は1日早い11月1日。選果場で規格品外など除いた販売製品化率は99・1%だった。

 道内のピーマン生産に占める新冠の割合は前年と同じ56%で、2位産地の東神楽(上川管内)の7%を大きく引き離しダントツの1位。新冠からの道内向けは全体の33%で、北海道から道外向けの「にいかっぷピーマン」の割合は83%(前年81%)と大半を占めている。

 ピーマン生産部会反省会で竹中会長は「全国的なピーマン産地として安全・安心な生産に取り組み、生産コストの上昇があるが、来年も良い年になるよう頑張りたい」。農協の浅川豊組合長も「今年は大きな災害もなく、2年連続8億円台の生産となりうれしい。どこに行っても『新冠町農協」ですと話すと、『ピーマンですね』と返事が返ってくるほど認知度は高まっている」と今後の生産に期待し、生産者にエールを送った。

関連記事

根室新聞

学校の先生がビデオ取材 コロナ対策で映像授業に【根室】

 成央小学校(小川一校長)の2年生の担任教諭2人が6日、根室海上保安部を訪問し、ビデオ取材を行った。新型コロナウイルス感染予防で子どもたちが職場見学ができないために行われたもので、撮影した映像...

根室新聞

市独自「中小企業等応援臨時助成金」受け付け延長【根室】

 根室市は6日、新型コロナウイルス感染症の感染拡大対策で影響を受けた全業種を対象に、事業継続のため一律10万円を給付する根室市単独の緊急経済対策「中小企業等応援臨時助成金」の受け付けを今月末ま...

苫小牧民報

第62次南極地域観測隊 東胆振から2人参加

第62次南極地域観測隊の越冬隊員に東胆振から、苫小牧市澄川町の元小学校教員柴田和宏さん(45)=一般研究観測=と、安平町の元会社員久保木学さん(54)=野外観測支援=の2人が選ばれた。11月に...

苫小牧民報

ウポポイ 体験交流プログラムを再構築

 12日に開業する白老町のアイヌ文化発信拠点・民族共生象徴空間(ウポポイ)は、新型コロナウイルス対策の一環で、体験交流プログラムを再構築した。工芸品の制作や楽器の演奏など「密」につながる体験の...

苫小牧民報

白老観光インフォメーションセンター 土産物食品の販売開始

 白老町の駅北観光商業ゾーン(ポロトミンタラ)にある観光インフォメーションセンターが土産物の食品の販売を始めた。物販コーナーにはシイタケ、たらこ、白老牛など地元食材を使用した加工食品や、アイヌ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス