北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

一時は断たれた夢 正岡さんがAVC国際審判員候補【函館】

念願の国際審判員(AVC)に「皆さんの支えのおかげ」と話す正岡さん

 函館市文化・スポーツ振興財団職員で、函館アリーナに勤務する正岡卓さん(37)がこのほど、アジアバレーボール連盟(AVC)国際審判員の試験を受け、国際審判員候補として認定された。国内では4人目で函館では初。今後、AVC公認試合で審判員を務め、正式にAVC国際審判員となる。「家族、職場、バレーボール関係者からの応援へ感謝し、期待に応えられるようにしたい」と意欲を燃やしている。

 正岡さんは小学生からバレーボールを始め、道教育大函館校在学中、プレーヤーとして届かなかった世界最高峰の舞台を審判員として目指そうと決意。2011年に国内最高位のA級審判員(日本バレーボール協会=JVA)となり、13年から国際バレーボール連盟(FIVB)公認審判員候補となることを目指す「Iスクール研修会」(日本バレーボール協会主催)に参加。全国で開催されるIスクールに足を運び、実績を積んだ。

 しかし、FIVBは15年、国際審判員試験の開催を中断し、16年から国際審判員は誕生していなかった。正岡さんは「夢が断たれたようだった」と振り返る。その後、18年からAVCが独自で国際審判員の制度を作り、同年に日本から2人が誕生した。

 今年のAVCの試験は10月30日から11月5日まで台湾の台南市で行われ、12カ国から男女20人、このうち日本からはJVAから推薦された正岡さんと同年代の男性が参加。全て英語で、講義や実技、試合環境づくりなどに臨んだ。その中で、チームや他国の審判員とコミュニケーションを取るスキルなどが試された。「他国にはIスクールのようなシステムはないようで、他国の受験生が日本人の動きを参考にしようとすることもあった」と日本の審判員は世界的に技術が高いことを実感したという。

 結果、受験者の中でも上位成績「ベリー・グッド」で試験を終了。「AVCではあるが、国際審判員には変わりない。ここまで来るのは長かったが、世界の舞台に立つこと、Vリーグの主審を務める目標は達成できる」と話す。今後はFIVB国際審判員の試験が再開されることを願い、取得を目指す。「受験が40歳までなので、あと3年しかないが、願いがかなってほしい」と話している。

関連記事

根室新聞

ベトナム人実習生 旧正月楽しむ 遠く離れた地で“幸せ”【根室】

 ベトナムの旧正月「テト」を祝う会が26日、市内で初めて開かれ、遠く離れて根室で暮らすベトナム人技能実習生たちが一堂に会し、母国の伝統的な新年行事を楽しんだ。民族衣装で正装した参加者もいて、華...

日高報知新聞

五輪選手に続け! 浦河で町民スケート教室【浦河】

 浦河町教委主催、浦河スケート協会主管の「町民スケート教室」が24日、浦河町緑町の町スケートリンクで始まった。26日まで。  今年は暖冬で雪不足の日が続いており、リンク整備が間に合うか心配された...

日高報知新聞

研究発表大会で授業改善の研さんを深める【浦河】

 日高教育研究所・教職員研修センター(久保田慎吾所長)の研究発表大会が22日、浦河町総合文化会館で開かれ、管内小中学校教職員や各町教育長ら教育関係者約60人が「主体的・対話的で深い学び」の視点を取...

苫小牧民報

「現状維持」「役割向上」が7割超 苫小牧市の公共交通アンケート中間報告

 苫小牧市は、昨年11月に行った公共交通に関する市民アンケートの中間報告をまとめた。住んでいる地域の公共交通に対する感想では、満足と不満の割合がほぼ拮抗(きっこう)した。自家用車を所有する人が将来...

苫小牧民報

花火や結婚式など華やか 千歳・支笏湖氷濤まつり

 「2020千歳・支笏湖氷濤まつり」(実行委員会主催)は25、26の両日、期間中最初の週末を迎えて千歳市支笏湖温泉の会場で、「氷濤ウエディング」などのイベントを繰り広げた。両日の夜は花火打ち上げ...