北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

一時は断たれた夢 正岡さんがAVC国際審判員候補【函館】

念願の国際審判員(AVC)に「皆さんの支えのおかげ」と話す正岡さん

 函館市文化・スポーツ振興財団職員で、函館アリーナに勤務する正岡卓さん(37)がこのほど、アジアバレーボール連盟(AVC)国際審判員の試験を受け、国際審判員候補として認定された。国内では4人目で函館では初。今後、AVC公認試合で審判員を務め、正式にAVC国際審判員となる。「家族、職場、バレーボール関係者からの応援へ感謝し、期待に応えられるようにしたい」と意欲を燃やしている。

 正岡さんは小学生からバレーボールを始め、道教育大函館校在学中、プレーヤーとして届かなかった世界最高峰の舞台を審判員として目指そうと決意。2011年に国内最高位のA級審判員(日本バレーボール協会=JVA)となり、13年から国際バレーボール連盟(FIVB)公認審判員候補となることを目指す「Iスクール研修会」(日本バレーボール協会主催)に参加。全国で開催されるIスクールに足を運び、実績を積んだ。

 しかし、FIVBは15年、国際審判員試験の開催を中断し、16年から国際審判員は誕生していなかった。正岡さんは「夢が断たれたようだった」と振り返る。その後、18年からAVCが独自で国際審判員の制度を作り、同年に日本から2人が誕生した。

 今年のAVCの試験は10月30日から11月5日まで台湾の台南市で行われ、12カ国から男女20人、このうち日本からはJVAから推薦された正岡さんと同年代の男性が参加。全て英語で、講義や実技、試合環境づくりなどに臨んだ。その中で、チームや他国の審判員とコミュニケーションを取るスキルなどが試された。「他国にはIスクールのようなシステムはないようで、他国の受験生が日本人の動きを参考にしようとすることもあった」と日本の審判員は世界的に技術が高いことを実感したという。

 結果、受験者の中でも上位成績「ベリー・グッド」で試験を終了。「AVCではあるが、国際審判員には変わりない。ここまで来るのは長かったが、世界の舞台に立つこと、Vリーグの主審を務める目標は達成できる」と話す。今後はFIVB国際審判員の試験が再開されることを願い、取得を目指す。「受験が40歳までなので、あと3年しかないが、願いがかなってほしい」と話している。

関連記事

苫小牧民報

ユニークな活動PR 小中学校で出前講座スタート-公営塾あびらぼ

 安平町で開講している公営塾「あびらぼ」のスタッフが9月30日、実際に行っている授業を町内の小中学校で紹介する活動に乗り出した。学校で出前講座を行うのは初めてで、皮切りとなった追分中学校では「ミ...

苫小牧民報

ゆかりの仏具を初公開 八王子千人同心隊長・原半左衛門胤敦が奉納

 苫小牧とゆかりの深い八王子千人同心の隊長、原半左衛門胤敦(たねあつ)が、江戸時代後期に白糠(現釧路管内白糠町)で奉納した仏具が、10日に開幕する苫小牧市美術博物館の企画展で初公開される。同館学...

日高報知新聞

交通事故死ゼロ1000日達成の新冠町へ感謝状【新冠】

【新冠】交通事故死ゼロ1000日を達成した新冠町に9月30日、町役場で日高振興局長から感謝状が贈られた。  2018年1月1日から今年9月26日までの1000日間、町内では交通事故死がなかった。...

日高報知新聞

第39回町民乗馬大会 町内乗馬愛好者が騎乗の腕前を競う

 浦河町西幌別の町乗馬公園で9月27日、第39回町民乗馬大会が開かれ、障害飛越やジムカーナなど7競技で町内乗馬愛好者らが騎乗の腕前を競った。  大会は町と町教委、JRA日高育成牧場、浦河乗馬クラ...

十勝毎日新聞

稲刈り 慣れたよ 途別小【幕別】

 幕別途別小学校(長尾全雅校長、児童28人)で1日、学校水田の稲刈りが行われた。全校児童が黄金の稲を次々と刈り取り、収穫の楽しさを味わった。  途別地区は十勝で最も早く稲作が始まった地域の一つ...