北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

空中観覧車 国登録有形文化財に正式登録【函館】

国登録有形文化財に登録された函館公園こどものくにの「空中観覧車」(今年7月)

 国内最古の稼働する観覧車として知られる函館公園内「こどものくに」(青柳町17)の「空中観覧車」が、国の登録有形文化財に正式登録された。文化財審議会(佐藤信会長)が指定するよう文部科学相に答申していたもので、文科省が5日付の官報で告示した。

 観覧車は、1950(昭和25)年に七飯村(当時)の大沼湖畔東大島に設置され、65年に現在地に移設。高さ10メートル、直径8メートルで、八角形のホイールに日本では珍しい2人乗りの長いす型ゴンドラが8台付いている。観覧車研究家の福井優子さん(大阪)が、関係者の話や当時の新聞報道などを基に調査し、稼働する現役の観覧車として2006年に国内最古だと示した。

 登録有形文化財の登録には、原則として建設後50年が経過し、かつ3つの要件のいずれかを満たしていることが基準で、観覧車は「造形の規範となっているもの」に該当。市内の登録物件は20件となった。

 同園を運営する「北海興業」(加藤健一社長)の加藤大地マネジャー(21)「正式に決まってほっとしている。メンテナンスを怠らず、観覧車を守っていきたい」と話す。現在、冬季休業中で、再開は来年3月中旬の予定。

関連記事

根室新聞

ベトナム人実習生 旧正月楽しむ 遠く離れた地で“幸せ”【根室】

 ベトナムの旧正月「テト」を祝う会が26日、市内で初めて開かれ、遠く離れて根室で暮らすベトナム人技能実習生たちが一堂に会し、母国の伝統的な新年行事を楽しんだ。民族衣装で正装した参加者もいて、華...

日高報知新聞

五輪選手に続け! 浦河で町民スケート教室【浦河】

 浦河町教委主催、浦河スケート協会主管の「町民スケート教室」が24日、浦河町緑町の町スケートリンクで始まった。26日まで。  今年は暖冬で雪不足の日が続いており、リンク整備が間に合うか心配された...

日高報知新聞

研究発表大会で授業改善の研さんを深める【浦河】

 日高教育研究所・教職員研修センター(久保田慎吾所長)の研究発表大会が22日、浦河町総合文化会館で開かれ、管内小中学校教職員や各町教育長ら教育関係者約60人が「主体的・対話的で深い学び」の視点を取...

苫小牧民報

「現状維持」「役割向上」が7割超 苫小牧市の公共交通アンケート中間報告

 苫小牧市は、昨年11月に行った公共交通に関する市民アンケートの中間報告をまとめた。住んでいる地域の公共交通に対する感想では、満足と不満の割合がほぼ拮抗(きっこう)した。自家用車を所有する人が将来...

苫小牧民報

花火や結婚式など華やか 千歳・支笏湖氷濤まつり

 「2020千歳・支笏湖氷濤まつり」(実行委員会主催)は25、26の両日、期間中最初の週末を迎えて千歳市支笏湖温泉の会場で、「氷濤ウエディング」などのイベントを繰り広げた。両日の夜は花火打ち上げ...