北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

空中観覧車 国登録有形文化財に正式登録【函館】

国登録有形文化財に登録された函館公園こどものくにの「空中観覧車」(今年7月)

 国内最古の稼働する観覧車として知られる函館公園内「こどものくに」(青柳町17)の「空中観覧車」が、国の登録有形文化財に正式登録された。文化財審議会(佐藤信会長)が指定するよう文部科学相に答申していたもので、文科省が5日付の官報で告示した。

 観覧車は、1950(昭和25)年に七飯村(当時)の大沼湖畔東大島に設置され、65年に現在地に移設。高さ10メートル、直径8メートルで、八角形のホイールに日本では珍しい2人乗りの長いす型ゴンドラが8台付いている。観覧車研究家の福井優子さん(大阪)が、関係者の話や当時の新聞報道などを基に調査し、稼働する現役の観覧車として2006年に国内最古だと示した。

 登録有形文化財の登録には、原則として建設後50年が経過し、かつ3つの要件のいずれかを満たしていることが基準で、観覧車は「造形の規範となっているもの」に該当。市内の登録物件は20件となった。

 同園を運営する「北海興業」(加藤健一社長)の加藤大地マネジャー(21)「正式に決まってほっとしている。メンテナンスを怠らず、観覧車を守っていきたい」と話す。現在、冬季休業中で、再開は来年3月中旬の予定。

関連記事

苫小牧民報

ユニークな活動PR 小中学校で出前講座スタート-公営塾あびらぼ

 安平町で開講している公営塾「あびらぼ」のスタッフが9月30日、実際に行っている授業を町内の小中学校で紹介する活動に乗り出した。学校で出前講座を行うのは初めてで、皮切りとなった追分中学校では「ミ...

苫小牧民報

ゆかりの仏具を初公開 八王子千人同心隊長・原半左衛門胤敦が奉納

 苫小牧とゆかりの深い八王子千人同心の隊長、原半左衛門胤敦(たねあつ)が、江戸時代後期に白糠(現釧路管内白糠町)で奉納した仏具が、10日に開幕する苫小牧市美術博物館の企画展で初公開される。同館学...

日高報知新聞

交通事故死ゼロ1000日達成の新冠町へ感謝状【新冠】

【新冠】交通事故死ゼロ1000日を達成した新冠町に9月30日、町役場で日高振興局長から感謝状が贈られた。  2018年1月1日から今年9月26日までの1000日間、町内では交通事故死がなかった。...

日高報知新聞

第39回町民乗馬大会 町内乗馬愛好者が騎乗の腕前を競う

 浦河町西幌別の町乗馬公園で9月27日、第39回町民乗馬大会が開かれ、障害飛越やジムカーナなど7競技で町内乗馬愛好者らが騎乗の腕前を競った。  大会は町と町教委、JRA日高育成牧場、浦河乗馬クラ...

十勝毎日新聞

稲刈り 慣れたよ 途別小【幕別】

 幕別途別小学校(長尾全雅校長、児童28人)で1日、学校水田の稲刈りが行われた。全校児童が黄金の稲を次々と刈り取り、収穫の楽しさを味わった。  途別地区は十勝で最も早く稲作が始まった地域の一つ...