北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

曽根氏に事業譲渡 珈琲専科ヨシダ【帯広】

珈琲専科ヨシダ前社長の三野宮氏と、事業を受け継いだ曽根氏(左から)

 珈琲専科ヨシダ(帯広市)は、ネクサス(同)の会長などを務める曽根一氏(68)にほぼ全株式を譲渡し、曽根氏が代表取締役社長に就いた。前社長の三野宮厚子氏(64)は副社長となり、当面は営業の指揮を執る。三野宮氏側が第三者間での事業承継を模索する中で実現した。曽根氏は「私は“つなぎ”。企業価値を高めて後継を育成して将来を託したい」と話している。

 同社は資本金1000万円、年商約1億2000万円(2019年3月期)。三野宮氏の母吉田とよ子氏が1975年に創業し、81年に株式会社に移行した。

 市内西15南1に焙煎(ばいせん)工場兼本店を置き、藤丸など管内5店舗を営業。近年は十勝産野菜を糖液に漬けて低圧乾燥させた「十勝糖彩」を販売、他社からの焙煎委託も受注する。

 三野宮氏は1999年に社長を受け継いだが、親族に後継者がおらず、昨年から専門機関にM&A(合併・買収)を含めて相談。20年来の友人だった曽根氏が承継を申し出た。曽根氏は8月に株式を取得し、社長に就任した。従業員22人は雇用を継続、店舗運営も変更はない。

 道中小企業家同友会の代表理事なども務める曽根氏は、「(ヨシダは)ブランド力がある企業で残すべきと思った。価値がある企業が将来持続できるよう、地域でつなぎ育てる承継のあり方は今後大事になる」と強調。三野宮氏は「曽根氏の広い人脈も活用し、営業基盤を強化したい」と話している。

関連記事

室蘭民報

市子ども会かるた大会、胆振大会の出場懸け白熱戦【登別】

 第37回登別市子ども会かるた大会(登別市子ども会育成連絡協議会主催)が19日、市内富士町の市民会館で開かれ、小中学生たちが胆振大会への挑戦権を懸けて、下の句かるたで熱戦を繰り広げた。  百人...

室蘭民報

全道フットサル・U-12地区予選で大沢V、最後の全道へ【室蘭】

 全道フットサル選手権大会U-12室蘭地区予選決勝トーナメントは19日、登別市総合体育館で決勝、準決勝が行われ、室蘭大沢FCが優勝した。  決勝は大沢と北海道コンサドーレ室蘭が対戦。大沢は前半...

室蘭民報

昭和新山国際雪合戦予選会で本大会想定し熱戦【壮瞥】

 第13回胆振地区雪合戦選手権大会と第7回ジュニアチャンピオンシップin胆振(道雪合戦連盟胆振支部、昭和新山国際雪合戦実行委員会主催)が19日、壮瞥町の昭和新山特設会場で開かれ、2月22日開幕の...

室蘭民報

宮の森の市体育館存続を…市民有志らがきょうから署名活動【室蘭】

 2022年(令和4年)に予定している室蘭市体育館(宮の森町)の入江運動公園(入江町)への新築移転に伴い、蘭東地区の体育施設の不足を不安視する有志市民らがきょう20日、宮の森町での市体育館の存続...

室蘭民報

きらん4施設で想定を大きく超える昨年来館21万7000人【室蘭】

 室蘭市生涯学習センター・きらんを構成する4施設の2019年の来館者は計21万7021人となり、想定より多い入り込みとなった。18年12月のオープンから順調な客足を維持しており、市担当者は「きらん...