北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

曽根氏に事業譲渡 珈琲専科ヨシダ【帯広】

珈琲専科ヨシダ前社長の三野宮氏と、事業を受け継いだ曽根氏(左から)

 珈琲専科ヨシダ(帯広市)は、ネクサス(同)の会長などを務める曽根一氏(68)にほぼ全株式を譲渡し、曽根氏が代表取締役社長に就いた。前社長の三野宮厚子氏(64)は副社長となり、当面は営業の指揮を執る。三野宮氏側が第三者間での事業承継を模索する中で実現した。曽根氏は「私は“つなぎ”。企業価値を高めて後継を育成して将来を託したい」と話している。

 同社は資本金1000万円、年商約1億2000万円(2019年3月期)。三野宮氏の母吉田とよ子氏が1975年に創業し、81年に株式会社に移行した。

 市内西15南1に焙煎(ばいせん)工場兼本店を置き、藤丸など管内5店舗を営業。近年は十勝産野菜を糖液に漬けて低圧乾燥させた「十勝糖彩」を販売、他社からの焙煎委託も受注する。

 三野宮氏は1999年に社長を受け継いだが、親族に後継者がおらず、昨年から専門機関にM&A(合併・買収)を含めて相談。20年来の友人だった曽根氏が承継を申し出た。曽根氏は8月に株式を取得し、社長に就任した。従業員22人は雇用を継続、店舗運営も変更はない。

 道中小企業家同友会の代表理事なども務める曽根氏は、「(ヨシダは)ブランド力がある企業で残すべきと思った。価値がある企業が将来持続できるよう、地域でつなぎ育てる承継のあり方は今後大事になる」と強調。三野宮氏は「曽根氏の広い人脈も活用し、営業基盤を強化したい」と話している。

関連記事

苫小牧民報

日高線廃止、調整継続へ JRと7町、最終合意に至らず

 JR北海道が廃止・バス転換の方針を打ち出しているJR日高線鵡川―様似間(116キロ)について、日高管内7町は28日、臨時町長会議を開き、来年3月末の廃止に向けて協議したが、最終合意には至らなかっ...

苫小牧民報

森林の再生を願い 土砂崩れ斜面に植栽-上厚真小児童

 厚真町の上厚真小学校(井内宏磨校長)5年生は28日、一昨年9月の胆振東部地震による土砂崩れで崩壊した同町幌内地区の町有林に植栽を行った。学校で1年間育ててきた苗木を、緑が削り落とされた林地に植...

日高報知新聞

東洋小は最後の運動会【えりも】

【えりも】秋の日差しに恵まれた27日、えりも、東洋、笛舞3小学校の運動会が午前中限定で開かれ、児童たちが元気はつらつと競技に励んだ。庶野、えりも岬小を含む町内5校とも新型コロナウイルス感染拡大防止で...

日高報知新聞

10月23日合意書署名へ

【新ひだか】日高町村会(会長・坂下一幸様似町長)による日高管内臨時町長会議が28日、町公民館で開かれ、運休中のJR日高線鵡川―様似間(116㌔)について、来年3月末で同区間を廃止し、4月からバス転換す...

釧路新聞

「夕陽ノロッコ号」運行初日【釧路】

  世界三大夕日に数えられる釧路の夕日を列車内から楽しむ「夕陽ノロッコ号」が28日、運行初日を迎えた。観光列車として人気の高いJR北海道の「くしろ湿原ノロッコ号」の限定版で、30日までの3日間運行...