北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

「北の40記念入場券」発売・宗谷本線は名寄と旭川【名寄】

キハ40形気動車がデザインされている記念入場券

 JR北海道は、道内各地で運行するキハ40形気動車をデザインした「北の40(ヨンマル)記念入場券」を4日から道内24駅で発売。宗谷本線では名寄駅と旭川駅で販売されている。

 道内のほぼ全線で活躍を続けているキハ40形は主に普通列車として運行。1977年から82年にかけて当時の国鉄が製造し、北海道向けの酷寒地仕様は150両ある。

 登場から40年ほどが経過し、来年3月のダイヤ改正以降、函館本線の長万部~小樽間を皮切りに、新型車両への置き換えが計画されている。一方、昨年デビューした「北海道の恵み」シリーズ4両をはじめ、今年は「山紫水明」シリーズとして内外装を一新した「山明号」と「紫水号」が登場。これを記念して「北の40記念入場券」を発売した。

 記念入場券は、道内5カ所の車両基地に所属するさまざまなキハ40形のバリエーションが図柄となっており、定期列車として運行している区間の24駅で販売している。

 発売駅は函館、七飯、新函館北斗、森、長万部、倶知安、苗穂、岩見沢、滝川、東室蘭、苫小牧、千歳、静内、追分、富良野、新得、帯広、釧路、摩周、網走、北見、遠軽、旭川、名寄の各駅窓口。駅ごとにデザインが異なる。発売価格は1枚200円。郵送での発売は行わない。販売は来年8月31日まで。

関連記事

苫小牧民報

新型肺炎 苫小牧で2人感染 10代女子高生、70代女性-濃厚接触者の2人も

 道内で新型コロナウイルスの感染が拡大する中、22日に苫小牧市内でも10代と70代の女性計2人が、新型コロナウイルスに感染したことが確認された。胆振、日高管内で感染者が確認されたのは初めて。23日...

苫小牧民報

新型肺炎、苫小牧で初の感染確認 市民に危機感、衛生管理さらに徹底

 苫小牧市内で22日に2人の新型コロナウイルス感染と、23日にはそれぞれの濃厚接触者の感染が確認されたことで、多方面で感染に対する危機感が高まっている。国や道は、感染疑いがある場合の相談窓口利用や...

苫小牧民報

新型コロナ警戒、白老町一丸 ウポポイ開業に危機感

 道内で新型コロナウイルス感染者の確認が相次ぎ、民族共生象徴空間(ウポポイ)開業を控える白老町で危機感が強まっている。状況次第では4月24日のウポポイ開業に向けた関連行事やオープン自体にも影響を...

苫小牧民報

「はやきたダブルチーズ」ゴールド受賞 安平・チーズ工房「夢民舎」-道地チ..

 安平町早来大町のチーズ工房「夢民舎」の「はやきたダブルチーズ」が、13~16日に東京都渋谷区の表参道ヒルズで開かれた「北海道地チーズ博2020」(ホクレン農業協同組合連合会主催)でゴールドを獲...

十勝毎日新聞

タナボタチャンに別れ 人気ばん馬、引退レース沸く【帯広】

 特徴的な名前と栗毛で人気を集めた、ばんえい競馬の牝馬「タナボタチャン」(7歳)の引退レースが23日、帯広競馬場で行われた。結果は最下位だったものの、特別な思いを抱いたファンが道内外から駆けつ...