北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

栗林商船の最新技術搭載のRORO船 苫小牧港・西港区に初入港

苫小牧港・西港に初入港した神珠丸

 栗林商船(本社東京)の新造フェリー型貨物船(RORO船)の「神珠丸」が5日、苫小牧港・西港区に初入港した。苫小牧港利用促進協議会が歓迎セレモニーを行い、関係者が物流のさらなる活発化に期待を寄せた。

 神珠丸は全長約175メートル、全幅29メートル、総トン数1万4052トン。最新の省エネ技術を採用し、高い燃費性能を実現したという。貨物搭載能力は最大で13メートルシャーシ150台、乗用車250台、ロールペーパー2000巻を誇る。

 同社はRORO船を6隻運航。神珠丸は神明丸の後継として苫小牧、釧路、東京、名古屋など6港を周るラウンド航路に就航した。紙製品やその原料をはじめ、日用品、農産物、乗用車など幅広く運搬する。

 苫小牧港管理組合の佐々木秀郎専任副管理者はあいさつで「苫小牧港は北日本最大の港湾。内航貨物は2001年から連続全国一」と説明。さらに「国内有数の中長距離定期航路が週約120便就航し、国内でつながっている。末長く苫小牧港を利用して」と感謝した。

 佃哲夫船長は「船籍は東京だが北海道が第二の船籍」と述べ、「日本一の港で荷役させていただくことは光栄」と強調。「海難事故に気を付けて、日本経済の末端を担う努力をする」と決意を新たにした。

 同日夜に釧路に出港した。

関連記事

函館新聞

昭和の日用品・家電を展示 函館博物館【函館】

 市立函館博物館(青柳町)で収蔵資料展「昭和・なつかしの暮らし展」が開かれている。昭和30~40年代の暮らしを支えた日用品や電化製品など約300点が展示され、来場者の目を楽しませている。期間は今...

函館新聞

文化財防火デー 東本願寺函館別院で消防訓練【函館】

 1月26日の「文化財防火デー」に合わせ、函館市元町の東本願寺函館別院で27日、消防訓練が行われた。同別院の職員や市消防本部の隊員ら約20人が、火災発生時の対応を確認した。  同別院での訓練...

釧路新聞

中国人客キャンセル相次ぐ【釧路】

 新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大により、中国政府が27日から国民の海外への団体旅行を禁止したことで、釧路管内でも影響が出始めた。中国で大型連休となる「春節」(旧正月)期間と重なり、本来は...

根室新聞

ベトナム人実習生 旧正月楽しむ 遠く離れた地で“幸せ”【根室】

 ベトナムの旧正月「テト」を祝う会が26日、市内で初めて開かれ、遠く離れて根室で暮らすベトナム人技能実習生たちが一堂に会し、母国の伝統的な新年行事を楽しんだ。民族衣装で正装した参加者もいて、華...

日高報知新聞

五輪選手に続け! 浦河で町民スケート教室【浦河】

 浦河町教委主催、浦河スケート協会主管の「町民スケート教室」が24日、浦河町緑町の町スケートリンクで始まった。26日まで。  今年は暖冬で雪不足の日が続いており、リンク整備が間に合うか心配された...