北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

認知症の理解と予防【えりも】

健康運動で自分の動作反応を確認する参加者

【えりも】町内に店舗を有する生活協同組合コープさっぽろが主催し、NPOソーシャルビジネス推進センターと町との共催で2日、「認知症の理解と予防講演会」が町福祉センターで開かれ、高齢者と家族ら25人が参加した。

 ソーシャルビジネス推進センター理事長で小樽商大特認名誉教授の相内俊一さんが「今日からできる認知症予防」の演題で講演。認知症の予防には、発症を遅らせる「一次予防」と、発症後も進行を遅らせる「二次予防」、進行した後も合併症を防いだり、日常生活が維持できる「三次予防」があるという。

 認知機能の部分的な不具合(MCI)を出来るだけ早く見つけて、ゆるやかな運動を継続しながら、積極的に人と交わり、血糖値や血圧を正常にすることで「一次予防」に効果があると述べ、認知症を正しく理解して、認知症の人本位の「二次、三次予防」を実現させようと強調した。

 そのためには「認知症になっても安心して暮らせるまちづくり」が必要で、発症した人を社会全体で優しくケアできる態勢づくりを強調した。

 認知症発症の主な原因では、アルツハイマー型が70%を占め、その症状では①少し前のことを完全に忘れて思い出せない②何度も説明しないと解ってもらえない③自分の判断力が著しく低下する④計画を立てたり、段取り能力が低下⑤使い慣れた言葉が出てこない失語症状―など7項目を挙げた。

 認知症による行動や心理では、徘徊、激しい怒り、強い不安、特異な行動をとるが、まだ詳しく解明されていない。認知症の発症は、糖尿病、高血圧症が発症を促し、この時期を見逃すと発症の確率が高いと述べた。

 コープさっぽろは札幌の北翔大との連携で、全道市町村に「認知症になりにくいまち宣言」への参加を呼び掛けて、情報と各種プログラムの提供を行っており、「生活習慣病の予防が認知症予防の決め手」と強調した。

 このあとの健康運動は、同ビジネス推進センターの岡恵健康運動指導士がジャンケン動作を用いて、合図で脳と腕や指の反応を体験指導。パーの片手を胸に置き、グーの片手を前に出すときに、パーを出す確率が多いのは、人前に拳を差し出す習慣が少ないことを説明した。

 認知機能測定では、タブレットを使用して、高齢者の運転免許更新で認知度検査に使用されるような問題10問をタッチしながら解いて、自分の頭脳の働きに満足したり、落胆したり悲喜こもごもの様子だった。

関連記事

根室新聞

火星が夜空に存在感 来月6日「最接近」【根室】

 夜空で赤く見える星「火星」が、10月6日の地球最接近に向けて明るさを増し、見ごろを迎えている。晴れた23日、根室市内でも日没後の東の空から昇る火星がくっきり。花咲港東埠頭では、花咲灯台の上空...

苫小牧民報

樽前山に秋 赤く色づくハナヒリノキ

 苫小牧市と千歳市にまたがる樽前山(1041メートル)に、秋が到来した。市街地よりも一足早く植物の葉が色づき、登山客の目を楽しませている。  7合目ヒュッテから風不死岳や932峰につながる通称...

日高報知新聞

カナダGⅠレース優勝【浦河】

 現地時間20日、カナダのウッドバイン競馬場で行われたGⅠ・サマーステークス(2歳、芝1600㍍)で、グレツキーザグレートに騎乗した浦河町出身の木村和士騎手(21)が人馬ともにGⅠ初勝利を挙げ、11月6日...

日高報知新聞

コロナ禍で自然が人気【えりも】

【えりも】19日から22日までの4連休の襟裳岬は晴天とさわやかな風に恵まれ、連日大勢の観光客が訪れ大海原と岩礁帯の絶景を満喫していた。  とりわけ2日(20日)、3日(21日)目の正午ごろには、札幌・帯...

室蘭民報

入所児童ら、50キロの旅 2泊3日で歩ききる 室蘭言泉学園【室蘭】

 障害のある子どもたちの入所施設、室蘭言泉学園(母恋南町)の恒例行事「50キロメートルあるくかい?」が19日から行われ、30人の入居児童らが登別市富岸町の亀田記念公園-苫小牧市ときわ町のスケート...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス