北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

消防通信指令の共同運用、西胆振・登別と3者で協議入りへ【室蘭】

 第4回室蘭市議会定例会は6日、本会議を続開し、長岡充洋(市民ネット・むろらん)、細川昭広(公明党)、南川達彦(市政結和)、常磐井茂樹(共産党)の4議員が一般質問を行った。市消防本部は2023年度(令和5年度)を目安に、西胆振と登別の両消防本部と通信指令業務の共同運用に向けた協議に入る考えを明らかにした。長岡議員に答えた。  

 3消防は過去に広域化の検討協議を進めてきたが、15年に休止した経緯がある。以降は毎年1回の情報交換会を継続するにとどまり、連携の可能性には踏み込んでいなかった。

 同議員は通信指令台の更新状況や共同運用への考えを質問。市によると、室蘭は15年度に整備、26年度に耐用年数を迎える。登別、西胆振とも同時期に整備した。吉田洋消防長は「室蘭の更新前となる23年度ごろに協議を進めたい」と述べた。

 「スケールメリットを大きくするため、苫小牧も交えて協議していく考えは」とも聞いた。吉田消防長は「西いぶり広域連合という枠組みでは具体検討も可能だが、胆振全体となると各首長への説明や理解が必要」と慎重な姿勢を見せた。

 また、人口減少による消防体制の縮小を危惧し「高砂出張所と消防本署(東町の消防総合庁舎)の統合も見据えた移転検討も必要だ」とただした。さらに吉田消防長は「本署は1998年、高砂は02年の竣工(しゅんこう)。当面は両施設を運用していきたい」とした。

 市は事業化の見通しが立っていない白鳥新道2期工事について、21年度をめどに新案をまとめ、国に建設を要望する考えを明らかにした。建設コスト抑制や防災の観点を含めてまとめる方針。

 第3セクターの市場サービスが引き続き、今後建設する新市場の管理運営を行う方針を説明した。いずれも細川昭広議員への答弁。

関連記事

根室新聞

ベトナム人実習生 旧正月楽しむ 遠く離れた地で“幸せ”【根室】

 ベトナムの旧正月「テト」を祝う会が26日、市内で初めて開かれ、遠く離れて根室で暮らすベトナム人技能実習生たちが一堂に会し、母国の伝統的な新年行事を楽しんだ。民族衣装で正装した参加者もいて、華...

日高報知新聞

五輪選手に続け! 浦河で町民スケート教室【浦河】

 浦河町教委主催、浦河スケート協会主管の「町民スケート教室」が24日、浦河町緑町の町スケートリンクで始まった。26日まで。  今年は暖冬で雪不足の日が続いており、リンク整備が間に合うか心配された...

日高報知新聞

研究発表大会で授業改善の研さんを深める【浦河】

 日高教育研究所・教職員研修センター(久保田慎吾所長)の研究発表大会が22日、浦河町総合文化会館で開かれ、管内小中学校教職員や各町教育長ら教育関係者約60人が「主体的・対話的で深い学び」の視点を取...

苫小牧民報

「現状維持」「役割向上」が7割超 苫小牧市の公共交通アンケート中間報告

 苫小牧市は、昨年11月に行った公共交通に関する市民アンケートの中間報告をまとめた。住んでいる地域の公共交通に対する感想では、満足と不満の割合がほぼ拮抗(きっこう)した。自家用車を所有する人が将来...

苫小牧民報

花火や結婚式など華やか 千歳・支笏湖氷濤まつり

 「2020千歳・支笏湖氷濤まつり」(実行委員会主催)は25、26の両日、期間中最初の週末を迎えて千歳市支笏湖温泉の会場で、「氷濤ウエディング」などのイベントを繰り広げた。両日の夜は花火打ち上げ...