北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

冬ホッキ漁始まる 初水揚げは上々の滑りだし-苫小牧漁協

前浜産のホッキ貝を荷揚げする漁業者=7日午前6時ごろ、苫小牧港漁港区

 水揚げ日本一を誇る苫小牧漁業協同組合(伊藤信孝組合長)のホッキ漁は7日、苫小牧沿岸で冬漁が始まった。同日早朝に15隻が出漁し、約3・6トンを初水揚げ。大サイズは前年を100円ほど上回る1キロ当たり1100~653円で取引され、幸先のいいスタートを切った。

 苫小牧漁協のホッキ漁は徹底した資源管理で知られ、漁獲量は市町村別で18年連続日本一を継続中。ホッキ貝は道内各地で7・5センチ以上を漁獲しているが、苫小牧は9センチ以上の大ぶりな貝に限定。漁期も5、6月の産卵期は禁漁とし、夏(7~11月)と冬(12~翌年4月)に分けている。

 今季は漁業者96人がホッキ漁に従事し、夏・冬漁それぞれ48人ずつで担当。夏漁は11月21日に漁協が自ら決めた上限396トンの漁獲を終え、今月6日までつかの間の休漁だった。この間にさらなる資源増を目指し、移植放流や老齢貝の間引きも行った。

 7日はまだ辺りが暗い午前5時半ごろから、漁を終えた船が次々と苫小牧港漁港区に帰港。漁業者が籠にびっしりと入ったホッキ貝を荷揚げした。「大勢丸」の大島秀樹船長(54)は「冬は厳しい寒さの中で漁が続くが、苫小牧のホッキを皆さんに提供していきたい」と話していた。

関連記事

室蘭民報

炭鉄港ガイド養成事業で地域の魅力や鉄道史を解説【室蘭】

 日本遺産「炭鉄港」のガイド養成事業が25日、室蘭市幸町の室ガス文化センターで開かれ、関係者が炭鉄港の魅力や鉄道史、ガイドの心得などについて講演した。  炭鉄港のストーリーを理解し、地域の魅力...

室蘭民報

お寺でダンスミュージック、紋鼈寺でイベント【伊達】

異色のコラボ「若い人に交流の場を」  お寺のホールでダンスミュージックを楽しんでもらうイベントが25日、伊達市末永町の浄土真宗本願寺派・紋鼈寺で開かれた。若院の奥田正弘さん(29)が企画。「人と...

室蘭民報

室工大院生の2人が宮古市での奉仕活動内容を報告【室蘭】

「災害を体で感じた」  被災地が必要とする支援を探ろうと、昨年10月の台風19号で被害を受けた岩手県宮古市に乗り込み、ボランティアに取り組んだ室蘭工業大学大学院の院生2人が、現代心理学を学ぶ学部...

室蘭民報

きらんで「ママたちのリラックスTIME」が初開催【室蘭】

絵本読み聞かせアロマ楽しむ  室蘭市中島町の市生涯学習センター・きらん内のブックパークで27日、「ママたちのリラックスTIME~絵本のよみきかせ&アロマ~」が初めて行われ、子育て中の母親11人が...

室蘭民報

真冬の温泉街、熱気お届け…3、4日に湯まつり【登別】

 第49回登別温泉湯まつり(登別市、登別国際観光コンベンション協会主催)が2月3、4の両日、登別市登別温泉町の泉源公園を主会場に行われる。湯鬼神(ゆきじん)たちが宿泊施設や飲食店などを回り、厄払...