北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

JA取扱高3500億円超へ【十勝】

 十勝管内の24JAが取り扱う2019年産農畜産物の総額が過去最高を更新し、3500億円台も視野に入っていることが、関係者への取材でわかった。生乳生産など酪農・畜産は堅調に推移、畑作も小麦を中心に豊作基調となったのが要因。JAネットワーク十勝は「十勝農業ビジョン2021」(17年策定)で、21年の目標を3500億円に設定しており、2年前倒しで目標をクリアする可能性が強まっている。

畑作・畜産が共に好調で、JA取扱額は3500億円が視野に入った今年の十勝農業(士幌町内の小麦の収穫作業)

生産堅調 過去最高更新か
 JA取扱高は十勝地区農協組合長会、十勝農協連、十勝総合振興局がまとめ、毎年12月下旬に公表している。最高は17年産の3388億円だった。

 今年の管内の畑作は、干ばつの影響で豆類など一部の生育は伸び悩んだが、平均気温、日照時間ともに平年を上回り全体的に豊作基調となった。

 秋まき小麦はホクレンの取扱量が2年ぶりに20万トンを回復、収量・品質ともに良好だった。ジャガイモも肥大時期に、天候に恵まれて平年作以上に。小豆などで生育のばらつきが見られた豆類は、不作とはいえ前年作は上回るとみられている。ビートは糖分の低さ(16%台後半)を収量でカバーする見通し。

 酪農は夏場の高温で生乳生産が鈍ったが、乳量は規模拡大などで前年比3%増。肉牛の個体販売は一時の高値傾向に一服感があるが、安定した価格で推移した。酪農・畜産は今年も総じて好調だった。

 関係者は「昨年2000億円を突破した酪農・畜産が今年も良い状態が続いた。畑作は小麦の結果が良く、豆の不安要素はあるが、昨年を下回ることはない」と分析。十勝中央部のJA幹部は「うちの農協だけを見ると過去最高水準になりそう」と語る。

 JA取扱高は15年に初めて3000億円に到達。18年は天候不順や胆振東部地震による大規模停電(ブラックアウト)の影響が懸念されたが、過去2番目の3320億円となった。3500億円に到達すると、都道府県別で5位の宮崎県(17年・3524億円、農水省まとめ)と同規模になる。

関連記事

函館新聞

昭和の日用品・家電を展示 函館博物館【函館】

 市立函館博物館(青柳町)で収蔵資料展「昭和・なつかしの暮らし展」が開かれている。昭和30~40年代の暮らしを支えた日用品や電化製品など約300点が展示され、来場者の目を楽しませている。期間は今...

函館新聞

文化財防火デー 東本願寺函館別院で消防訓練【函館】

 1月26日の「文化財防火デー」に合わせ、函館市元町の東本願寺函館別院で27日、消防訓練が行われた。同別院の職員や市消防本部の隊員ら約20人が、火災発生時の対応を確認した。  同別院での訓練...

釧路新聞

中国人客キャンセル相次ぐ【釧路】

 新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大により、中国政府が27日から国民の海外への団体旅行を禁止したことで、釧路管内でも影響が出始めた。中国で大型連休となる「春節」(旧正月)期間と重なり、本来は...

根室新聞

ベトナム人実習生 旧正月楽しむ 遠く離れた地で“幸せ”【根室】

 ベトナムの旧正月「テト」を祝う会が26日、市内で初めて開かれ、遠く離れて根室で暮らすベトナム人技能実習生たちが一堂に会し、母国の伝統的な新年行事を楽しんだ。民族衣装で正装した参加者もいて、華...

日高報知新聞

五輪選手に続け! 浦河で町民スケート教室【浦河】

 浦河町教委主催、浦河スケート協会主管の「町民スケート教室」が24日、浦河町緑町の町スケートリンクで始まった。26日まで。  今年は暖冬で雪不足の日が続いており、リンク整備が間に合うか心配された...