北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

JA取扱高3500億円超へ【十勝】

 十勝管内の24JAが取り扱う2019年産農畜産物の総額が過去最高を更新し、3500億円台も視野に入っていることが、関係者への取材でわかった。生乳生産など酪農・畜産は堅調に推移、畑作も小麦を中心に豊作基調となったのが要因。JAネットワーク十勝は「十勝農業ビジョン2021」(17年策定)で、21年の目標を3500億円に設定しており、2年前倒しで目標をクリアする可能性が強まっている。

畑作・畜産が共に好調で、JA取扱額は3500億円が視野に入った今年の十勝農業(士幌町内の小麦の収穫作業)

生産堅調 過去最高更新か
 JA取扱高は十勝地区農協組合長会、十勝農協連、十勝総合振興局がまとめ、毎年12月下旬に公表している。最高は17年産の3388億円だった。

 今年の管内の畑作は、干ばつの影響で豆類など一部の生育は伸び悩んだが、平均気温、日照時間ともに平年を上回り全体的に豊作基調となった。

 秋まき小麦はホクレンの取扱量が2年ぶりに20万トンを回復、収量・品質ともに良好だった。ジャガイモも肥大時期に、天候に恵まれて平年作以上に。小豆などで生育のばらつきが見られた豆類は、不作とはいえ前年作は上回るとみられている。ビートは糖分の低さ(16%台後半)を収量でカバーする見通し。

 酪農は夏場の高温で生乳生産が鈍ったが、乳量は規模拡大などで前年比3%増。肉牛の個体販売は一時の高値傾向に一服感があるが、安定した価格で推移した。酪農・畜産は今年も総じて好調だった。

 関係者は「昨年2000億円を突破した酪農・畜産が今年も良い状態が続いた。畑作は小麦の結果が良く、豆の不安要素はあるが、昨年を下回ることはない」と分析。十勝中央部のJA幹部は「うちの農協だけを見ると過去最高水準になりそう」と語る。

 JA取扱高は15年に初めて3000億円に到達。18年は天候不順や胆振東部地震による大規模停電(ブラックアウト)の影響が懸念されたが、過去2番目の3320億円となった。3500億円に到達すると、都道府県別で5位の宮崎県(17年・3524億円、農水省まとめ)と同規模になる。

関連記事

函館新聞

新米「うまい!」 JA新はこだて試食会【北斗】

 【北斗】JA新はこだて(輪島桂組合長)は9月30日、市村内の函館育ちライスターミナルで2020年産新米の試食会を開いた。道南ブランド米「ふっくりんこ」など4銘柄を食べ比べ、「例年以上においしいコ...

函館新聞

東部地域まちづくり懇談会発足 旧4町村の観光振興に本腰【函館】

 函館市は、戸井、恵山、椴法華、南茅部の旧4町村の観光振興に本腰を入れる。学識経験者らを交えた協議で、既存の観光資源の磨き上げや周遊ルートの造成を図る方針。4地域共通の課題や地域振興の協議を目的と...

根室新聞

地元の子どもたちのために―「夢さん」絵本など寄贈【根室】

 根室市内の匿名支援者「夢さん」から今年も60冊(10万円相当)の絵本や一般書などが根室市図書館(松﨑誉館長)に寄贈された。松﨑館長は「大切に使わせてもらいます」と感謝している。  「夢さん」を...

苫小牧民報

ウポポイ、修学旅行生の受け入れピーク 見学予約、道内外714校6万700..

 白老町のアイヌ文化発信拠点・民族共生象徴空間(ウポポイ)で、小中高校の修学旅行生の受け入れがピークを迎えている。施設を管理運営するアイヌ民族文化財団によると、今年度の修学旅行で見学予約を寄せた...

日高報知新聞

三石小に「巨峰」届ける【新ひだか】

【新ひだか】三石蓬栄の幌村建設(幌村司社長)は29日、三石小(野﨑充校長、児童155人)の全校児童に、同社に隣接するビニールハウスで育てたブドウの「巨峰」7箱を贈呈した。  幌村建設は道教委が進め...