北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

旧駅や鶴丸、ホテル忠実に昔の街並み模型制作中 苫小牧出身・日大教授の青木敬士さん

制作中のジオラマと青木さん

 苫小牧市出身で、日本大学芸術学部文芸学科教授の青木敬士(けいし)さん(49)=東京都在住=が、1975年ごろの苫小牧市の街並みを150分の1に縮小した立体模型の制作を進めている。板材の上に鉄道模型のレールを固定し、周りに当時の特徴的な建物の模型を箱庭的に配置した作品だ。2000年に解体された鶴丸百貨店などを郷土資料に基づいて精密に再現しており、「完成した暁には小学時代から愛読している雑誌『鉄道模型趣味』のコンテストに出品してみたい」と目を輝かせる。

 青木さんは苫小牧東高を卒業し、日大芸術学部文芸学科に進学。卒業後、母校から声が掛かって教壇に立つようになり、今はSF小説論の講義などを担当している。

 手掛けているジオラマは、自身が5歳だったころの苫小牧市の風景。縦70センチ、横128センチの板上に鉄道模型で「Nゲージ」と呼ばれる9ミリ幅のレールを敷き、鶴丸百貨店、1982年の改築で姿を変えた旧苫小牧駅、2004年に解体された旧ホテルイーストジャパンなどの模型を制作して周りに配置している。

 今後は駅前にあった渡辺食堂やラーメン店の満龍のほか、今年創業100年を迎えた第一洋食店などを加える考えだ。

 素材は大半が厚紙で、ほかにプラスチックの板や棒も使用。王子製紙苫小牧工場のチップサイロに乳酸菌飲料の容器、200メートルの煙突に古い掃除機のパイプと、ユニークな素材も取り入れている。

 幼少期を線路沿いで過ごした青木さんは自然に鉄道に興味を持ち、小学時代からNゲージの鉄道模型を手掛けていた。このため「幼い頃に親しんでいた蒸気機関車が走る光景を再現したい」と思ったことをきっかけに、05年から再現の軸足を75年に置いたジオラマを制作している。

 忠実な再現を目指し、現存する建物は帰省時に写真を撮り、姿を消したものは郷土資料や古書店から購入した苫小牧市の基幹企業の社史などを参考にして作業を進めた。技術的な問題などで作業をしばらく中断したこともあるが、雑誌編集に使うパソコンソフトの導入で建物の展開図試作が容易になり、2017年に旧苫小牧駅と旧ホテルイーストジャパンを完成。制作意欲が高まり、熱心に作業に取り組むようになった。現在の仕上がりは6割程度。

 模型作りの面白さは「自分の技術でリアルにしていけるところ」と言い「例えば風雨で色あせたり、汚れたものを風雨ではない技巧で再現する不自然さが面白い」と話す。実物の建物は見上げるが、模型は見下ろすので、忠実に縮小しただけではそれらしく見えず、工夫を凝らしたデフォルメで実物に近づける奥深さも魅力という。

 「ジオラマでは、本来直線の線路を曲げざるを得ない。さらに工場も港も街も詰め込むので非現実的な空間になりますが、何とか本物っぽさが出せるようにしたい」と作業に向かっている。

150分の1サイズで作られた模型

関連記事

根室新聞

ベトナム人実習生 旧正月楽しむ 遠く離れた地で“幸せ”【根室】

 ベトナムの旧正月「テト」を祝う会が26日、市内で初めて開かれ、遠く離れて根室で暮らすベトナム人技能実習生たちが一堂に会し、母国の伝統的な新年行事を楽しんだ。民族衣装で正装した参加者もいて、華...

日高報知新聞

五輪選手に続け! 浦河で町民スケート教室【浦河】

 浦河町教委主催、浦河スケート協会主管の「町民スケート教室」が24日、浦河町緑町の町スケートリンクで始まった。26日まで。  今年は暖冬で雪不足の日が続いており、リンク整備が間に合うか心配された...

日高報知新聞

研究発表大会で授業改善の研さんを深める【浦河】

 日高教育研究所・教職員研修センター(久保田慎吾所長)の研究発表大会が22日、浦河町総合文化会館で開かれ、管内小中学校教職員や各町教育長ら教育関係者約60人が「主体的・対話的で深い学び」の視点を取...

苫小牧民報

「現状維持」「役割向上」が7割超 苫小牧市の公共交通アンケート中間報告

 苫小牧市は、昨年11月に行った公共交通に関する市民アンケートの中間報告をまとめた。住んでいる地域の公共交通に対する感想では、満足と不満の割合がほぼ拮抗(きっこう)した。自家用車を所有する人が将来...

苫小牧民報

花火や結婚式など華やか 千歳・支笏湖氷濤まつり

 「2020千歳・支笏湖氷濤まつり」(実行委員会主催)は25、26の両日、期間中最初の週末を迎えて千歳市支笏湖温泉の会場で、「氷濤ウエディング」などのイベントを繰り広げた。両日の夜は花火打ち上げ...