北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

「北の勝」を味わい、1年を振り返る【根室】

忘年例会で「北の勝」の味を楽しむ会員ら

 管内唯一の地酒“北の勝”を楽しむ「北の勝を愛する会」(高橋雅昭会長)恒例の「忘年例会」が6日、根室商工会館で開かれた。参加した会員たちは酒を味わいながら恒例のもちつきや、ゲームを楽しみ、1年を振り返っていた。また、今年も「歳末たすけあい義援金」に協力し、例会のゲームなどで積み立てた浄財7万4589円を寄付した。

 同会の例会は月1回、12月は「忘年例会」として、家族も同伴して楽しんでいる。この日は65人が参加。高橋会長が「きょうは、いろんな人にお世話になって忘年例会を迎えることができた。今年もまだ20日ほど残っていますが、皆さん良い年を迎えて、来年元気な姿で例会に出席してほしい」とあいさつ。この後、12月に誕生日を迎えた会員に記念品が贈られた。

 また、「歳末たすけあい義援金」として、今年1年の例会で集められた浄財など7万4589円が、高橋会長から市社会福祉協議会の北村舜誠会長に手渡された。

 会場には北の勝「こも樽」が用意され、会員らは銘酒を味わいながら、北の勝大吟醸をはじめとした賞品が当たる恒例のゲームや、餅つきなどを楽しんだ。

 同会は、昭和46年9月に設立され、第1回の例会が開かれている。歳末たすけあい義援金の預託協力は同50年から継続されており、昨年までの累計は200万円を超えている。

関連記事

室蘭民報

炭鉄港ガイド養成事業で地域の魅力や鉄道史を解説【室蘭】

 日本遺産「炭鉄港」のガイド養成事業が25日、室蘭市幸町の室ガス文化センターで開かれ、関係者が炭鉄港の魅力や鉄道史、ガイドの心得などについて講演した。  炭鉄港のストーリーを理解し、地域の魅力...

室蘭民報

お寺でダンスミュージック、紋鼈寺でイベント【伊達】

異色のコラボ「若い人に交流の場を」  お寺のホールでダンスミュージックを楽しんでもらうイベントが25日、伊達市末永町の浄土真宗本願寺派・紋鼈寺で開かれた。若院の奥田正弘さん(29)が企画。「人と...

室蘭民報

室工大院生の2人が宮古市での奉仕活動内容を報告【室蘭】

「災害を体で感じた」  被災地が必要とする支援を探ろうと、昨年10月の台風19号で被害を受けた岩手県宮古市に乗り込み、ボランティアに取り組んだ室蘭工業大学大学院の院生2人が、現代心理学を学ぶ学部...

室蘭民報

きらんで「ママたちのリラックスTIME」が初開催【室蘭】

絵本読み聞かせアロマ楽しむ  室蘭市中島町の市生涯学習センター・きらん内のブックパークで27日、「ママたちのリラックスTIME~絵本のよみきかせ&アロマ~」が初めて行われ、子育て中の母親11人が...

室蘭民報

真冬の温泉街、熱気お届け…3、4日に湯まつり【登別】

 第49回登別温泉湯まつり(登別市、登別国際観光コンベンション協会主催)が2月3、4の両日、登別市登別温泉町の泉源公園を主会場に行われる。湯鬼神(ゆきじん)たちが宿泊施設や飲食店などを回り、厄払...