北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

ザ・ウィンザーホテル洞爺飯島総料理長が「ベジミクロ」を活用【洞爺湖】

野菜苗・ベジミクロの魅力について語る飯島さん

西胆振産の野菜、もっと使いたい

 最高級のおもてなしで知られるザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ(洞爺湖町)。料飲担当理事で、総料理長の飯島豪さん(54)は、西胆振の豊富な食材を積極的に取り入れる。今年秋からは自ら監修し、地元農家がトレーで育てる野菜苗「ベジミクロ」(仮称)を活用している。

 農家が野菜トレーで育てたターツァイやビタミン菜、ルッコラなど、本来の半分ほどの生育期間で出荷する。農家にとっては、通常の育苗で作れ、ハウス内の空きスペースで育てられるのがメリットだ。さらに育苗を終えたハウスの活用にもつながる。

 「お客さまが知らないもの。かわいいものを料理で使いたい」と以前から考えていた飯島さん。今年9月に西胆振の農業生産者が立ち上げた、地域商社を支援する伊達信用金庫の職員と情報交換、協力しながらトレーで育てる苗のままでの購入、販売を実現した。

 現在は4軒の農家が地域商社を通じてベジミクロを出荷。飯島さん監修の下、固定種を使用し、生食用のベビーリーフの種子を使用している。伊達信金職員が農家から集荷して、トレーごと同ホテルに運ぶ。飯島さんは数センチの野菜を摘むなどし料理に使っている。

 このほかにも西胆振の食材に注目し、積極的に使用。メニュー表では、食材の産地や生産者の名前も紹介する。地元の農業関係者からは「とても励みになる」と喜ばれている。

 飯島さんは西胆振について、肥沃(ひよく)な土壌の恩恵を与える有珠山、ミネラルあふれる幸多い噴火湾があり、豊富な食材があることを紹介しながら「農家の知らない野菜の価値をアドバイスできたら」と話している。

関連記事

十勝毎日新聞

高級食パン 行列のオープン エイムカンパニー【帯広】

 エイムカンパニー(帯広、佐藤慎吾社長)が運営する高級食パン専門店「大地はドラムと優しい麦」が20日、帯広市西8南14にオープンした。初日は朝から多くの客が列をなし、開店を待ちわびる姿が見られた...

十勝毎日新聞

パンにも合う新チーズを 異業種で開発中【十勝】

 広内エゾリスの谷チーズ社(新得町、寺尾智也代表)を中心とする管内の異業種グループが、新たなチーズづくりに取り組んでいる。目指すのは「熟成や味わいがラクレットとモッツァレラの中間でパンにも合うチー...

苫小牧民報

「山線湖畔驛弁当」を発売 支笏湖温泉商店街6店舗

 千歳市の支笏湖温泉商店街の飲食店全6店舗が19日、王子軽便鉄道ミュージアム山線湖畔驛にちなんだ「山線湖畔驛弁当」を毎日数量限定で発売した。  今年1月に園地内にオープンした「山線湖畔驛」は新...

十勝毎日新聞

久しぶり食の催事 藤丸うまいもの大会【帯広】

 「7日間限りのうまいもの大会」が17日、帯広市内の藤丸7階の催し会場で始まった。全国各地の秋の味覚を取りそろえた会場は、名産を買い求める客たちでにぎわっている。23日まで。  毎年恒例のイベ...

十勝毎日新聞

トテッポに十勝の花ケーキ 蜷川展コラボ【帯広】

 十勝トテッポ工房(帯広市西6南17)が販売している、十勝産食用花を使った新作のケーキ「ni-na(ニーナ)」が、連日売り切れになるなど好評だ。  ニーナは、19日から道立帯広美術館(帯広市...