北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

年明けに洋紙事業撤退 今月から順次終了-日本製紙勇払事業所

洋紙生産を終える日本製紙勇払事業所

 日本製紙が昨年5月に発表した北海道工場勇払事業所の洋紙生産事業からの撤退が来月に迫った。今月末には生産活動を終える計画で、20日ごろから抄紙機や原料設備、パワープラントなどを順次停止させる。2020年1月末には機械類の清掃などを済ませ、前身の大日本再生製紙時代から続いた77年にわたる紙づくりの幕を閉じる。

 勇払事業所では、抄紙機4台体制で新聞用紙など年間約23万トンを生産。洋紙生産から撤退後はケミカル事業を継続するほか、大手総合商社双日と合同会社を設立。敷地内に建設する国内最大級の木質バイオマス発電所で発電事業に乗り出す考え。発電所は20年3月着工、23年1月の稼働を目指す。また、新規事業も現在検討中。

 事業所内には協力会社を含め約500人が勤務しているが、一部は配置転換される見込み。同社広報室は新規事業を含め「現在調整中」としている。

 また、事業所内の勇払診療所は20日で廃止することが決まっており、同地区から医療機関がなくなることになる。

関連記事

室蘭民報

きらん4施設で想定を大きく超える昨年来館21万7000人【室蘭】

 室蘭市生涯学習センター・きらんを構成する4施設の2019年の来館者は計21万7021人となり、想定より多い入り込みとなった。18年12月のオープンから順調な客足を維持しており、市担当者は「きらん...

室蘭民報

「次は2次、私立」―室工大会場でのセンター試験終了【室蘭】

 大学入試センター試験最終日の19日、西胆振では唯一の会場・室蘭工業大学(室蘭市水元町)でも数学と理科の試験があり、交通機関や会場運営などの大きなトラブルはなく全日程を終えた。受験生たちは緊張か...

室蘭民報

西胆振職親会が障がい者永年雇用事業所表彰【伊達】

小川商店を表彰  西胆振心身障がい者職親会(早坂文雄会長)の障がい者永年雇用事業所表彰と新年交礼会が17日夜、伊達市末永町のホテルローヤルであった。同事業所1社をたたえた。  約50人が出席。...

室蘭民報

長唄「鶴亀」祝いの調べ、邦楽舞踊協会が新年懇親会【室蘭】

 室蘭邦楽舞踊協会(沼田俊治会長)は19日夜、室蘭市中央町の室蘭プリンスホテルで恒例の新年懇親会を開いた。各社中の約50人が令和時代も伝統文化の継承と発展に尽くす覚悟を新たにした。  懇親会は...

室蘭民報

スリーエイ室蘭大会、FC室蘭が優勝【室蘭】

 第5回スリーエイ室蘭大会が19日、旭ヶ丘小学校体育館で行われた。内田吉計さん、小泉真理子さんでペアを組むFC室蘭が優勝した。  スリーエイは室蘭発祥のスポーツ。縦7メートル、横1・2メート...