北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

見守り活動ひと目…市社協が「きずな」ビブス新調【登別】

緑色のビブスを身にまとい見守り、防犯活動への決意を新たにする関係者ら

着脱簡単、夜間使用OK

 登別市社会福祉協議会(山田正幸会長)は、地域の防犯パトロールや子どもの見守り活動で身に着けるビブスを製作した。登別市地域福祉実践計画「きずな」のシンボルカラーである緑色をベースに、ロゴマークなどを加えており、市社協の活動が一目瞭然の仕上がりだ。

 今年、創立60周年を迎えた登別ライオンズクラブ(日野安信会長)が、地域へのアクティビティー(奉仕活動)の一環として協力した。

 市社協は、地域の安心・安全、福祉のまちづくりの推進に向けて「きずな活動応援プロジェクトチーム」を発足。地域活動の充実ときずな活動の周知に向けて、要望の多かったビブスを製作した。

 ビブスは頭からかぶるのではなく、前面にファスナーが付いており、着脱は簡単。左胸部分に「きずな」のロゴマークと「登別社協」の文字を加えた。背中部分には、「きずなを広げよう 地域の見守りパトロール」のメッセージのほか、「登別ライオンズクラブ60周年記念事業」の文字なども記された。夜行反射材も加えられており、夜間の使用にもぴったり。

 メッシュ素材で、夏は涼しく、冬は防寒具の上から身に着けても動きやすい。350枚作り、申し込みのあった町内会や民生委員児童委員協議会、見守りボランティア計30団体に配布される。

 10日に片倉町の市総合福祉センターしんた21で贈呈式が行われた。山田会長は「登別ライオンズクラブから多額の寄付をいただき、日常活動に使用できるビブスができました。着用して活動する安全・安心への取り組みが、地域の福祉向上に大きな役割がある」と感謝した。日野会長は同クラブの歴史に触れて「人で言うと、還暦という貴重な節目を迎えました。会員一同、皆さんの活躍に感動し、尊敬しています。活動の一助になればうれしいです」と述べた。

関連記事

室蘭民報

炭鉄港ガイド養成事業で地域の魅力や鉄道史を解説【室蘭】

 日本遺産「炭鉄港」のガイド養成事業が25日、室蘭市幸町の室ガス文化センターで開かれ、関係者が炭鉄港の魅力や鉄道史、ガイドの心得などについて講演した。  炭鉄港のストーリーを理解し、地域の魅力...

室蘭民報

お寺でダンスミュージック、紋鼈寺でイベント【伊達】

異色のコラボ「若い人に交流の場を」  お寺のホールでダンスミュージックを楽しんでもらうイベントが25日、伊達市末永町の浄土真宗本願寺派・紋鼈寺で開かれた。若院の奥田正弘さん(29)が企画。「人と...

室蘭民報

室工大院生の2人が宮古市での奉仕活動内容を報告【室蘭】

「災害を体で感じた」  被災地が必要とする支援を探ろうと、昨年10月の台風19号で被害を受けた岩手県宮古市に乗り込み、ボランティアに取り組んだ室蘭工業大学大学院の院生2人が、現代心理学を学ぶ学部...

室蘭民報

きらんで「ママたちのリラックスTIME」が初開催【室蘭】

絵本読み聞かせアロマ楽しむ  室蘭市中島町の市生涯学習センター・きらん内のブックパークで27日、「ママたちのリラックスTIME~絵本のよみきかせ&アロマ~」が初めて行われ、子育て中の母親11人が...

室蘭民報

真冬の温泉街、熱気お届け…3、4日に湯まつり【登別】

 第49回登別温泉湯まつり(登別市、登別国際観光コンベンション協会主催)が2月3、4の両日、登別市登別温泉町の泉源公園を主会場に行われる。湯鬼神(ゆきじん)たちが宿泊施設や飲食店などを回り、厄払...