北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「ドラえもん」監督の八鍬新之介さん PTA大会で講演【幕別】

 帯広市出身で「ドラえもん のび太の月面探査記」などを手掛けたアニメーション監督八鍬新之介さん(38)の講演会が8日、札内コミュニティプラザで開かれた。「映像を通して子どもたちに伝えたいこと」をテーマに、映画監督の夢をかなえるまでの道のりや映画製作への思いを語った。

映画製作への思いを語り、子どもたちにメッセージを送った八鍬さん

 今年度の町PTA研究大会(町PTA連合会主催)の講演で、約170人が来場した。

 八鍬さんは帯広第八中、帯広柏葉高、日本大学芸術学部卒。2005年にシンエイ動画に入社、映画ドラえもんはこれまで3作で監督を務めている。

 八鍬さんは映画好きの父親の影響で小学1年生で映画監督の夢を持ったことや、中学でバレーボールに打ち込み、高校では学校を辞めようと考えるほどバンドに夢中になったエピソードを紹介した。

 自身の経験を踏まえ、「子どもたちには『夢を諦めても、捨てる必要はない』ということは言える。映画監督になる夢を忘れていたこともあったが“ポケット”にはあった」と振り返った。また、「頑張っていれば必ず誰かは見ている。努力してもうまくいかないことはあるが、周りから信頼を得ることの方が大切」と強調した。

 自身が手掛けたドラえもん作品を紹介しながら製作秘話も披露。「忙しかったり自分の意見が通らないとアニメーションを作るのが嫌になることもあるが、誰に届くのかを考えると気持ちを持ち直せる」とし、「とにかく愛のある映画を作っていきたい。いじめや虐待のニュースを見るたび、何かしら自分にできることはないかと考えている」と作品への思いを語った。

関連記事

函館新聞

新米「うまい!」 JA新はこだて試食会【北斗】

 【北斗】JA新はこだて(輪島桂組合長)は9月30日、市村内の函館育ちライスターミナルで2020年産新米の試食会を開いた。道南ブランド米「ふっくりんこ」など4銘柄を食べ比べ、「例年以上においしいコ...

函館新聞

東部地域まちづくり懇談会発足 旧4町村の観光振興に本腰【函館】

 函館市は、戸井、恵山、椴法華、南茅部の旧4町村の観光振興に本腰を入れる。学識経験者らを交えた協議で、既存の観光資源の磨き上げや周遊ルートの造成を図る方針。4地域共通の課題や地域振興の協議を目的と...

根室新聞

地元の子どもたちのために―「夢さん」絵本など寄贈【根室】

 根室市内の匿名支援者「夢さん」から今年も60冊(10万円相当)の絵本や一般書などが根室市図書館(松﨑誉館長)に寄贈された。松﨑館長は「大切に使わせてもらいます」と感謝している。  「夢さん」を...

苫小牧民報

ウポポイ、修学旅行生の受け入れピーク 見学予約、道内外714校6万700..

 白老町のアイヌ文化発信拠点・民族共生象徴空間(ウポポイ)で、小中高校の修学旅行生の受け入れがピークを迎えている。施設を管理運営するアイヌ民族文化財団によると、今年度の修学旅行で見学予約を寄せた...

日高報知新聞

三石小に「巨峰」届ける【新ひだか】

【新ひだか】三石蓬栄の幌村建設(幌村司社長)は29日、三石小(野﨑充校長、児童155人)の全校児童に、同社に隣接するビニールハウスで育てたブドウの「巨峰」7箱を贈呈した。  幌村建設は道教委が進め...