北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

室蘭の夜明け熱く…井上角五郎を題材に演劇公演「鐵の人」【室蘭】

演劇公演「鐵の人」で、井上角五郎役の柏木俊彦さん(前)ら白熱した演技を披露する出演者

 日本製鋼所室蘭製作所、現日本製鉄室蘭製鉄所の創業者である、井上角五郎(1860~1938年)を題材にした演劇公演「鐵の人 室蘭の製鉄業の祖 井上角五郎の半生」が12日、室蘭市輪西町の市民会館で開かれた。100年以上前に室蘭で起きた出来事を再現し、来場した約300人が当時の室蘭にタイムスリップした感覚を味わっていた。きょう13日も午後6時半から行われる。

 主催は舞台公演支援団体・室蘭VOX(池野貴章代表)。脚本は劇団十七戦地の柳井祥緒さん、演出は室蘭出身のNIWA(本名・庭山智行)さん。角五郎役を務めた柏木俊彦さん(第0楽章所属)、雨宮敬次郎役の齊藤雅彰さん(赤平町出身)、福澤諭吉の妻・キン役を務めた堀きよ美さん(室蘭市出身)ら5人のプロキャスト、山木優希さん、伊藤朱理さん、大原妙さんらオーディションで選ばれた市民キャスト12人が出演した。

 物語は1910年(明治43年)、角五郎が室蘭を去るために船に乗船する場面から始まる。角五郎が室蘭で成し遂げたことを振り返るため、17年前の1893年(明治26年)にさかのぼる。北海道炭礦汽船(北炭)の専務に就任したこと、1907年(明治40年)に日本製鋼所、09年に北炭輪西製鉄場(現日本製鉄)を設立し、「室蘭の製鉄業の祖」と言われるまでの努力や苦労などを展開。出演者らは当時の出来事を再現しようと、白熱した演技を繰り広げ、演劇終了と同時に、観客席からは大きな拍手が送られていた。

 友人と訪れた宮の森町の主婦、田端栄子さん(80)は「室蘭に住んで約40年たちますが、100年以上前の室蘭の歴史を初めて知りました。角五郎がいたからこそ、にぎわいを見せていた室蘭があったのだと感心しました」と述べていた。

 会場には日本製鋼所や「炭鉄港」についてのパネル、高砂小学校5年生がたたら製鉄体験の授業を受けた様子を描いた絵画が展示され、開演前にも多くの市民らでにぎわいを見せていた。

 「鐵の人」は18、19日に札幌市中央区の道新ホールでも公演が行われる。問い合わせは室蘭VOX、電話0143・83局6854番へ。

関連記事

室蘭民報

1日市制施行50周年 記念事業次々開催 ビースマイルCF開始【登別】

親子ドライブインシアター/市内の学校で鬼花火予定  登別市はきょう1日、市制施行50周年を迎える。予定していた式典や事業は、新型コロナウイルス感染症で延期や中止となったが、代替事業として未来の...

室蘭民報

需要減の道産花PR、胆振総合振興局 アレンジメント展始まる【室蘭】

 北海道産の花を使用したフラワーアレンジメントの展示会(主催・北海道花き振興協議会、道)が、胆振総合振興局1階ロビー(室蘭市海岸町、むろらん広域センタービル)で28日から始まった。新型コロナウイ...

室蘭民報

7月豪雨被災地、支援しよう あす31日、チャリティービール祭り【登別】

 登別中央飲食店組合、登別中央商店会主催の第5回チャリティービール祭りが30、31の両日、登別市中央町のらいば公園を会場に行われる。7月の豪雨で甚大な被害を受けた熊本県などを支援。新型コロナウイ...

室蘭民報

だんパラで9月にキャンプイベント 体験教室、飲食提供も【室蘭】

コロナ時代見据え初試み  室蘭のだんパラ公園(神代町)で今秋、キャンプと体験型コンテンツを楽しむ1泊2日のイベントが初開催される。市と市民有志による実行委主催、登山用品の秀岳荘(札幌)などが協力...

十勝毎日新聞

フードバレー「オンライン」マラソン 参加無料【帯広】

 新型コロナウイルスの影響で今年は中止となった「フードバレーとかちマラソン」の実行委員会(火ノ川好信実行委員長)は、代替大会となるスマートフォン(スマホ)アプリを活用したオンラインマラソンについ...