北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

甘~い「霜あて蕎麦」評判 10周年で企画 紀山【芽室】

 手打ち十割そば紀山芽室店(芽室町東2ノ2、太田博樹店主)が開店10周年の特別企画として、収穫前に霜を当てて甘みを引き出した「芽室霜あて蕎麦(そば)」を初めて提供し、評判を呼んでいる。年末までの約2週間限定。太田店主は「ぜひ一度味わって」とPRしている。

霜を当てて甘みが増した玄そばを手に「ぜひ一度味わって」とPRする太田店主。独自ブランド化も目指している

 店で使うソバは、普段は本店がある清水町御影の畑で6月に種まき、9月中旬~後半に収穫したものを使用している。

 2009年11月の芽室店オープンから今年で10周年を迎え、太田店主が「芽室産の特別なソバを作りたい」と友人農家に芽室で時期を遅らせた栽培を依頼。生育が早い早稲(わせ)種を通常より約2カ月遅れでまき、霜に2、3回当たった10月後半~11月に刈り取った。初の試みだったが、「高品質のソバが取れた。寒暖差が大きくなった分甘みが増し、穀物感とのバランスが非常にいい」と手応えを感じている。

 このそばを石臼で自家製粉して芽室の水で打ち、17日から100キロ約650食限定で全てのメニューに提供。価格は「もりそば」の700円から、「やまべ盛りそば」の1300円まで。

 清水町御影の本店は、16年の台風で被災した芽室川の復旧工事に伴い、翌年秋からの長期休業を強いられている。太田店主は「再開のめどが立たず芽室店の営業に専念せざるを得ない状況の中、多くの人が応援してくれている」と感謝。ユリ根やゴボウ、ナガイモなど、芽室産食材を使うことを心掛けてきた。

 今後は芽室霜あて蕎麦を「地元の独自ブランドとして育てていけたら。芽室の魅力発信にも一層貢献したい」と意気込んでいる。

 芽室町役場前。営業は午前11時~なくなり次第終了。月曜定休、年内は29日まで。問い合わせは太田店主(090・1528・7561)へ。

関連記事

室蘭民報

アクトプランニングが開発した「イタンキ昆布出汁」ヒット【室蘭】

販売千本を突破  室蘭市高砂町の人材サービス業、アクトプランニング(福士篤代表取締役)は昨年9月、「北海道室蘭イタンキ昆布出汁(だし)」を開発。以来、4カ月で販売本数は1千本を突破した。予想を上...

十勝毎日新聞

「ハピまん」10万個突破 大ヒット JA木野【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するハピオ(音更町木野大通西7、石田晴久店長)の看板商品「ハピまん(チーズ)」の売り上げが、昨年4月4日の販売から累計で10万個を突破した。ほんのり甘い皮...

十勝毎日新聞

寒さに耐えてそばおいしく 新得物産「寒晒し」【新得】

 新得物産(合田一昭社長)で「寒晒(かんざら)しそば」の仕込み作業がピークを迎えて入る。25日から直営店「新得そばの館」の限定メニューとして登場する。  寒晒しは、江戸時代に将軍家に献上するた...

十勝毎日新聞

移住の2人パン店挑戦 4月1日開店へCF【大樹】

 昨年秋に東京から大樹町内へ移住してきた2人がパン店「小麦の奴隷」の4月1日開店に向け、準備を進めている。インターネットで出資を募る、クラウドファンディング(CF)で資金調達を進め、22日現在で約...

室蘭民報

スパークリングアップルジュースの搾汁作業が始まる【壮瞥】

すっきりした味わいに  壮瞥町のそうべつシードル造り実行委員会(川南和彦委員長)のスパークリングアップルジュースの搾汁作業が始まり、23日まで町内滝之町のそうべつ農産加工センターで実施されている...