北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

古谷投手の後援会発足 「来年は1軍で活躍」【帯広】

後援会の設立総会に臨むメンバー。前列左から父の古谷輝紀さん、飛岡会長、古谷投手、鶴田さん、栂安最高顧問

 幕別町出身でプロ野球・福岡ソフトバンクホークスの古谷優人投手(20)を応援しようと、地元企業や野球関係者らが20日、帯広市内で後援会を発足した。ホテル日航ノースランド帯広での設立総会に古谷投手も参加し、入籍予定の報告とともに「来年は1軍で活躍できるように頑張る」と4年目の飛躍を誓った。

 江陵高校(幕別町)からドラフト2位で入団した古谷投手は1軍出場経験はないが、昨季は日本球界左腕最速を更新する160キロを記録。今冬の台湾ウインター・リーグに参加し、「来年につながるものを見つけられた」と会員を前に自信を示した。

 総会には、25日に入籍する福岡県出身の鶴田日菜さん(21)も出席。「家庭的で野球に集中させてくれる女性」と言い、「養っていく責任感が芽生え、妥協もなくなる」と野球に取り組む姿勢の変化を口にした。

 後援会の主な事業は、札幌ドームへの応援観戦ツアーや、成績報告会を兼ねた懇親会、子ども向けの野球教室などを予定。会長にはソフトバンク帯広中央を運営するヒグマ(帯広)の飛岡抗さんが就任。最高顧問はつがやす薬局の栂安雅満さんが務める。

 飛岡さんは「十勝を中心に応援の輪を広げ、子どもたちが夢を追い掛ける存在になってほしい」とエールを送った。

 後援会は現在16人。会員を募集している。年会費3000円。問い合わせは事務局(0155・24・1313)へ。

関連記事

根室新聞

特産品で地元出身学生を応援 第2弾 1日から申込受付【根室】

 根室を離れ学業に励む学生に、地元特産品を贈る「根室出身学生応援!根室の旨いをお届け隊」の第2弾の募集が11月1日から始まる。今回も5千円相当分の地場産品詰め合わせを用意し、根室の味を届ける。...

根室新聞

下校見守り活動拡大 保護司会と更生保護女性会【根室】

 根室地区保護司会(袴谷良憲会長)は19日から根室更生保護女性会(原田純子会長)などと協力して、新たに花咲小学校の学校区周辺で下校児童の見守り活動を実施している。  見守り活動は根室地区保護...

苫小牧民報

厚真高生が復旧作業や工場見学 林業現場体験ツアー 未来の担い手育成へ

胆振総合振興局、胆振地域林業担い手確保推進協議会は20日、厚真高校の1年生32人を対象に「林業現場体験バスツアー」を行った。生徒たちは2018年9月の胆振東部地震で被災した厚真町内民有林の復旧作業...

苫小牧民報

公設市場30日まで意見公募 花卉は民間委譲へ 

苫小牧市は、公設地方卸売市場の民間活力導入に向けた準備を進めている。2021年度に青果、水産両市場の管理・運営を指定管理者に移行し、22年度に花卉(かき)市場を民間委譲する計画。市議会の12月定例...

苫小牧民報

王子サーモン ツイッターで 大きな反響、サケの種類を解説

スモークサーモン製造販売の王子サーモン(本社東京、本店苫小牧市)がインターネットの短文投稿サイト「ツイッター」でサケの種類を画像付きで紹介し、反響を呼んでいる。同社は20日に創業53年を迎えたばか...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス