北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

訳ありカボチャが大福に 道の駅【士幌】

 道の駅ピア21しほろでレストランなどを運営する「at LOCAL」(堀田悠希社長)は18日から、同駅の看板商品である大福シリーズに、「かぼちゃみたらし大福」を新たに追加した。町内産の“訳ありカボチャ”を使ったユニーク商品で、「定番」に成長することが期待されている。

道の駅限定の新商品「かぼちゃみたらし大福」

 原料のカボチャは、町下居辺の菊地博明さんが自宅近くの野菜農園で栽培し、出品を予定していた。ただ、今年の収穫分はネズミにかじられて売り物とはならず、カボチャをペースト状にして有効活用することになった。

 大福はとかち製菓(中札内)が製造。一般的に売られているカボチャの大福と違いを出すため、少量のみたらしソースを中に染み込ませた。もちもちとした食感に加え、ほのかなカボチャの甘みも感じられる。

 at LOCALの取り扱う大福としては6種類目。今後、士幌高校とも連携して訳ありカボチャを使ったスープ、プリンの商品化も検討している。

 販売担当の長岡まどかさんは「士幌に立ち寄った際のお土産にぜひ」とPRしている。

 通年販売するかは、今後の売れ行き次第で決まるという。1個150円。問い合わせはat LOCAL(01564・5・5111)へ。

関連記事

室蘭民報

アクトプランニングが開発した「イタンキ昆布出汁」ヒット【室蘭】

販売千本を突破  室蘭市高砂町の人材サービス業、アクトプランニング(福士篤代表取締役)は昨年9月、「北海道室蘭イタンキ昆布出汁(だし)」を開発。以来、4カ月で販売本数は1千本を突破した。予想を上...

十勝毎日新聞

「ハピまん」10万個突破 大ヒット JA木野【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するハピオ(音更町木野大通西7、石田晴久店長)の看板商品「ハピまん(チーズ)」の売り上げが、昨年4月4日の販売から累計で10万個を突破した。ほんのり甘い皮...

十勝毎日新聞

寒さに耐えてそばおいしく 新得物産「寒晒し」【新得】

 新得物産(合田一昭社長)で「寒晒(かんざら)しそば」の仕込み作業がピークを迎えて入る。25日から直営店「新得そばの館」の限定メニューとして登場する。  寒晒しは、江戸時代に将軍家に献上するた...

十勝毎日新聞

移住の2人パン店挑戦 4月1日開店へCF【大樹】

 昨年秋に東京から大樹町内へ移住してきた2人がパン店「小麦の奴隷」の4月1日開店に向け、準備を進めている。インターネットで出資を募る、クラウドファンディング(CF)で資金調達を進め、22日現在で約...

室蘭民報

スパークリングアップルジュースの搾汁作業が始まる【壮瞥】

すっきりした味わいに  壮瞥町のそうべつシードル造り実行委員会(川南和彦委員長)のスパークリングアップルジュースの搾汁作業が始まり、23日まで町内滝之町のそうべつ農産加工センターで実施されている...