北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

ニュースを追って2019(9)【室蘭】

室蘭市内3病院の再編などを議論する「室蘭市地域医療連携・再編等推進協議会」。議論の方向性は見えないままだ

松岡秀宜・本社報道部

室蘭 地域医療連携・再編協議

議論の方向見えぬまま

 室蘭市内3病院(市立室蘭総合、製鉄記念室蘭、日鋼記念)の再編などを議論する「室蘭市地域医療連携・再編等推進協議会」。議論の方向性は見えないままだ。協議会を完全非公開で進める市の姿勢には、他医療機関や地域住民からの不信感や不安感が増大している。

 18日夜の西胆振区域地域医療構想調整会議。室蘭太平洋病院の伊藤真義院長は「いつも言っていることだが…」とした上で、「室蘭市内3病院について(協議会の)議論の方向性が決まらないと何もできない」と疑問を投げ掛けた。

 会議では、2025年度(令和7年度)の西胆振管内の病床数について、14年度比約25%減を掲げた「西胆振地域医療構想」を踏まえ、医療機関の役割分担なども協議している。

 3病院の病床数は、西胆振医療圏(3市3町)全体の約26%。特に、病気やけがの重症患者に対応する「急性期」は半分以上。このため、同協議会の結論は「他の医療機関の経営問題にも直結する」(関係者)。

 伊藤院長は「この地域の将来(ビジョン)も見えない。(話し合いも)一向に進んでいない」と指摘。「(3病院の問題も)何年までに、何をするのか。しっかり決めてほしい」。地域の中核病院の一つとして、同協議会への不信感を隠さない。

 ■ ■ ■

 同協議会メンバーは会長の青山剛市長と3病院のトップら計8人。18年9月に設置され、今年3月に「25年以降に高度急性期や急性期の拠点病院について、新病院建設も視野に東室蘭地域に一つ整備する」との中間の取りまとめを公表した。

 本年度に4回の会合を持ち、「中間取りまとめの具現化に向けて協議を進めてきた」(市保健福祉部)が、「具体的な進展はない」(青山会長)。議論は低調だ。

 3病院と直接的な関わりがない唯一の構成員で、「調整役」も担う室蘭市医師会の野尻秀一会長は「あくまで私案」とした上で、「市立室蘭のダウンサイジングなどを考え、独立行政法人化した上で経営状態を健全化することが第一」と提言する。

 さらに、3病院の将来的な統合も想定、(1)高度急性期・急性期病院は中間報告でも明記された蘭東地域に(2)回復期・慢性期・緩和ケア・精神・一部一般診療などの機能は蘭西地域-に「それぞれ設けるべき」とも強調。地域完結型の医療体制を構築するため、より踏み込んだ考えを示す。

 ■ ■ ■

 3病院は「再編は将来的には避けられない」との共通認識だが、「経営形態は一つが自治体、二つは民間の社会医療法人。その垣根はなかなか高い」(野尻会長)。

 議論停滞は誰も得をしない。だからこそ、診療機能の統合や再編、縮小、地域医療の確保に関わる「私案」のぶつけ合いや相反する立場から生まれる垣根の高さ…など、侃々(かんかん)諤々(がくがく)の議論を公開することで、他の医療機関や、本来は主役であるべき地域住民も「協議会が目指している方向性」をしっかりと知ることができるのではないのだろうか。

(2019年12月23日掲載)

関連記事

苫小牧民報

支笏湖氷濤まつり会場設営進む 大小30基の氷像、骨組み9割完成-来月29..

 来月下旬に開幕する千歳・支笏湖氷濤まつりに向け、支笏湖まつり実行委員会(福士國治委員長)による会場設営が千歳市の支笏湖温泉第5駐車場で着々と進んでいる。大小約30基の氷像の骨組みは、4日までに...

苫小牧民報

コロナ禍、影響で集客苦戦 来場者44万人にとどまる-あびらD51ステーシ..

 安平町追分地区にある道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」が、長期化する新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて集客に苦戦している。今年度の来場者数は11月末時点で44万4000人ほど...

日高報知新聞

様似でネイルアート展【様似】

【様似】町教委主催の「ネイルアートといろいろアート展」が、4日から町中央公民館ギャラリー21で始まった。20日まで。  作者の逢山真歩さんは、オホーツク管内斜里町出身で町内在住。日本ネイリスト協会1...

日高報知新聞

牛乳・乳製品料理【浦河】

浦河消費者協会(小林美代子会長、会員67人)主催の牛乳・乳製品消費拡大のための「牛乳・乳製品料理講習会」が4日、会員を対象に町保健センターで開かれ、参加者たちが和気あいあいと調理を楽しんだ。  ...

函館新聞

コープが東横イン大門に支援物資 道内6棟で初めて【函館】

 コープさっぽろ函館地区本部(川上啓本部長)は4日、道が運用している新型コロナウイルス軽症者・無症状患者が療養できる「東横イン函館駅前大門」に対し、カップ麺100人分など支援物資を寄付した。道内...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス