北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

士幌高生のハーブ 引き立つハンバーグ コラボメニュー【士幌】

 士幌高校(近江勉校長、生徒143人)と町内の道の駅ピア21しほろ内にある「にじいろ食堂」がコラボレーションメニューを開発し、22日に同食堂で提供された。同校の野菜専攻班に所属する生徒6人が、来店客にメニューや校内での取り組みを説明しながら売り込んだ。

コラボメニューを売り込んだ野菜専攻班の生徒。右はシェフの斉藤さん

 同専攻班では、多種類のハーブを栽培している。副菜であるハーブを使って士幌産食材の味を引き立たせながら食材の魅力をPRすることを目的に、コラボメニューを開発した。

 同校で栽培されたセージとローズマリーの2種類のハーブを練り込んだハンバーグ、乾燥ハーブを使って作ったハーブソルトをかけたフライドポテト、同校の草花専攻班が栽培したエディブルフラワーを使ったサラダなどを提供。ハンバーグのセットは24食販売し、食事を終えた客に味や見た目のほか、「士幌町食材の魅力を感じることはできたか」などとアンケートで聞いた。

 2年生の藤原連理さんは「お客さんから『おいしい』という反応をもらえてよかった。ハーブの魅力をもっとたくさんの人に知ってほしい」と感想。20回ほど試作を重ね、今回のコラボメニューを開発したシェフの斉藤誠幸さんは「ハーブの量と組み合わせによって味が大きく変わる。おいしい配分を探すのが難しかったが、高校生から新しい刺激を受けることができて楽しかった」と話した。

 今回は1日限定の提供だったが、今後は季節に応じてハーブの種類を変えながら、士幌高校とにじいろ食堂によるコラボメニューの開発を進めていく予定だ。

関連記事

十勝毎日新聞

高級食パン 行列のオープン エイムカンパニー【帯広】

 エイムカンパニー(帯広、佐藤慎吾社長)が運営する高級食パン専門店「大地はドラムと優しい麦」が20日、帯広市西8南14にオープンした。初日は朝から多くの客が列をなし、開店を待ちわびる姿が見られた...

十勝毎日新聞

パンにも合う新チーズを 異業種で開発中【十勝】

 広内エゾリスの谷チーズ社(新得町、寺尾智也代表)を中心とする管内の異業種グループが、新たなチーズづくりに取り組んでいる。目指すのは「熟成や味わいがラクレットとモッツァレラの中間でパンにも合うチー...

苫小牧民報

「山線湖畔驛弁当」を発売 支笏湖温泉商店街6店舗

 千歳市の支笏湖温泉商店街の飲食店全6店舗が19日、王子軽便鉄道ミュージアム山線湖畔驛にちなんだ「山線湖畔驛弁当」を毎日数量限定で発売した。  今年1月に園地内にオープンした「山線湖畔驛」は新...

十勝毎日新聞

久しぶり食の催事 藤丸うまいもの大会【帯広】

 「7日間限りのうまいもの大会」が17日、帯広市内の藤丸7階の催し会場で始まった。全国各地の秋の味覚を取りそろえた会場は、名産を買い求める客たちでにぎわっている。23日まで。  毎年恒例のイベ...

十勝毎日新聞

トテッポに十勝の花ケーキ 蜷川展コラボ【帯広】

 十勝トテッポ工房(帯広市西6南17)が販売している、十勝産食用花を使った新作のケーキ「ni-na(ニーナ)」が、連日売り切れになるなど好評だ。  ニーナは、19日から道立帯広美術館(帯広市...