北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

士幌高生のハーブ 引き立つハンバーグ コラボメニュー【士幌】

 士幌高校(近江勉校長、生徒143人)と町内の道の駅ピア21しほろ内にある「にじいろ食堂」がコラボレーションメニューを開発し、22日に同食堂で提供された。同校の野菜専攻班に所属する生徒6人が、来店客にメニューや校内での取り組みを説明しながら売り込んだ。

コラボメニューを売り込んだ野菜専攻班の生徒。右はシェフの斉藤さん

 同専攻班では、多種類のハーブを栽培している。副菜であるハーブを使って士幌産食材の味を引き立たせながら食材の魅力をPRすることを目的に、コラボメニューを開発した。

 同校で栽培されたセージとローズマリーの2種類のハーブを練り込んだハンバーグ、乾燥ハーブを使って作ったハーブソルトをかけたフライドポテト、同校の草花専攻班が栽培したエディブルフラワーを使ったサラダなどを提供。ハンバーグのセットは24食販売し、食事を終えた客に味や見た目のほか、「士幌町食材の魅力を感じることはできたか」などとアンケートで聞いた。

 2年生の藤原連理さんは「お客さんから『おいしい』という反応をもらえてよかった。ハーブの魅力をもっとたくさんの人に知ってほしい」と感想。20回ほど試作を重ね、今回のコラボメニューを開発したシェフの斉藤誠幸さんは「ハーブの量と組み合わせによって味が大きく変わる。おいしい配分を探すのが難しかったが、高校生から新しい刺激を受けることができて楽しかった」と話した。

 今回は1日限定の提供だったが、今後は季節に応じてハーブの種類を変えながら、士幌高校とにじいろ食堂によるコラボメニューの開発を進めていく予定だ。

関連記事

室蘭民報

アクトプランニングが開発した「イタンキ昆布出汁」ヒット【室蘭】

販売千本を突破  室蘭市高砂町の人材サービス業、アクトプランニング(福士篤代表取締役)は昨年9月、「北海道室蘭イタンキ昆布出汁(だし)」を開発。以来、4カ月で販売本数は1千本を突破した。予想を上...

十勝毎日新聞

「ハピまん」10万個突破 大ヒット JA木野【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するハピオ(音更町木野大通西7、石田晴久店長)の看板商品「ハピまん(チーズ)」の売り上げが、昨年4月4日の販売から累計で10万個を突破した。ほんのり甘い皮...

十勝毎日新聞

寒さに耐えてそばおいしく 新得物産「寒晒し」【新得】

 新得物産(合田一昭社長)で「寒晒(かんざら)しそば」の仕込み作業がピークを迎えて入る。25日から直営店「新得そばの館」の限定メニューとして登場する。  寒晒しは、江戸時代に将軍家に献上するた...

十勝毎日新聞

移住の2人パン店挑戦 4月1日開店へCF【大樹】

 昨年秋に東京から大樹町内へ移住してきた2人がパン店「小麦の奴隷」の4月1日開店に向け、準備を進めている。インターネットで出資を募る、クラウドファンディング(CF)で資金調達を進め、22日現在で約...

室蘭民報

スパークリングアップルジュースの搾汁作業が始まる【壮瞥】

すっきりした味わいに  壮瞥町のそうべつシードル造り実行委員会(川南和彦委員長)のスパークリングアップルジュースの搾汁作業が始まり、23日まで町内滝之町のそうべつ農産加工センターで実施されている...