北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

南商生の味 コープに 「ころころライスバーガー」【帯広】

 帯広南商業高校クッキング部(峯田笑那部長、部員15人)の生徒が考案した「ころころライスバーガー」が1月11~13の3日間限定で、十勝管内を含むコープさっぽろ全店(一部除く)で販売される。今年8月に札幌で開かれた「高校生チャレンジグルメコンテスト」(実行委員会主催)で特別賞を受賞したメニューで、同部が昨年考案したコロッケを米のバンズで挟んでいる。11日には帯広市内のベルデ店(西17南4)で部員が店頭販売する。

ライスバーガーを考案した帯南商高クッキング部の部員。前列左から岡田さん、柾さん、同中央が峯田部長、同右端が鈴木さん

 レシピを考案したのは同部の鈴木李亜さん、柾涼花さん、岡田乃映さん(いずれも2年)の3人。バーガーのメインとなるのが「とんチャパコロッケ」。肉やキャベツを豚丼風に味付けし、2015年の「ご当地! 絶品うまいもん甲子園」で全国優勝した「とんチャパ」をアレンジした。昨年、同部が市内の学校給食向けに考案した。

 シーザードレッシング風と焼き肉のたれ風の2種類のソースをからめ、具を挟むバンズは、しょうゆを塗って焼き上げ、香ばしさを出している。部員たちの間でも「バンズがもちもちしていて食感がいい」「2種類のソースがぶつかり合っておらず、おいしい」などと好評。ネーミングの「ころころ」は、コロッケと親しみやすさを掛け合わせて付けた。

「ころころライスバーガー」

 商品化について、考案した3人は「子どもから大人まで手軽に食べられ、これ一つで満足感がある」とPR。「地元の十勝の人にも食べてもらえるのがうれしい」と笑顔を見せる。販売価格は1個279円。

 同部はこれまでも、とんチャパが全国のファミリーマートで販売されるなど商品化されているレシピも多く、峯田部長は「今後も部員が協力し、練習して賞を頂いたり、商品化されるレシピを考えていきたい」と話している。

関連記事

室蘭民報

アクトプランニングが開発した「イタンキ昆布出汁」ヒット【室蘭】

販売千本を突破  室蘭市高砂町の人材サービス業、アクトプランニング(福士篤代表取締役)は昨年9月、「北海道室蘭イタンキ昆布出汁(だし)」を開発。以来、4カ月で販売本数は1千本を突破した。予想を上...

十勝毎日新聞

「ハピまん」10万個突破 大ヒット JA木野【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するハピオ(音更町木野大通西7、石田晴久店長)の看板商品「ハピまん(チーズ)」の売り上げが、昨年4月4日の販売から累計で10万個を突破した。ほんのり甘い皮...

十勝毎日新聞

寒さに耐えてそばおいしく 新得物産「寒晒し」【新得】

 新得物産(合田一昭社長)で「寒晒(かんざら)しそば」の仕込み作業がピークを迎えて入る。25日から直営店「新得そばの館」の限定メニューとして登場する。  寒晒しは、江戸時代に将軍家に献上するた...

十勝毎日新聞

移住の2人パン店挑戦 4月1日開店へCF【大樹】

 昨年秋に東京から大樹町内へ移住してきた2人がパン店「小麦の奴隷」の4月1日開店に向け、準備を進めている。インターネットで出資を募る、クラウドファンディング(CF)で資金調達を進め、22日現在で約...

室蘭民報

スパークリングアップルジュースの搾汁作業が始まる【壮瞥】

すっきりした味わいに  壮瞥町のそうべつシードル造り実行委員会(川南和彦委員長)のスパークリングアップルジュースの搾汁作業が始まり、23日まで町内滝之町のそうべつ農産加工センターで実施されている...