北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

アスラン、樽前で競走馬生産 繁殖牝馬14頭浦河から移す

樽前に開設された競走馬の生産牧場

 競走馬の生産業アスラン(塚原祐介社長)が、苫小牧市樽前401に生産牧場を開業した。約15ヘクタールに放牧地や厩舎(きゅうしゃ)などを整え、今月21日に浦河町でけい養していた繁殖牝馬14頭を移した。同社は「樽前を拠点に国内外で活躍する競走馬を生産していきたい」と意気込んでいる。市によると、競走馬生産牧場は市内3カ所目という。

 同社によると、6月に採草などに使われていた民間の農地取得。繁殖牝馬と子馬用の放牧地5カ所、平屋建て厩舎2棟(27頭分)を完成させた。馬が病気になった際に隔離するための防疫用厩舎1棟(2頭分)、本社となる事務所の建設も来年1月の完成を目指して整備中という。

 同社はこれまで自前の牧場を持たず、浦河町で他牧場2カ所の馬房などを借り、競走馬を生産してきた。当初は塚原社長の個人事業だったが昨年、生産拠点の新設に向けて法人化し、進出先を樽前に決定。現在は山手町に仮事務所を設け、従業員4人体制。今後は事業拡張に合わせ、新規雇用も検討する。

 菅沼聡場長(42)は「市内外に候補地があったが、樽前は平坦で馬に負担が掛からず、もともと採草地で餌にも困らない」と進出理由を説明。同社の生産馬は国内向けにとどまらず、南半球主にオーストラリアに輸出しており、「海外オーナーを相手にする機会も多く、新千歳空港からの近さも魅力だった」と強調する。

 樽前地区で2カ所目の競走馬生産牧場となり、農地の荒廃予防にもつながり地元にとっても朗報。敷地内は関係者以外立ち入り禁止だが、市道から放牧地の馬も一望できる。「セレクトセールなどで高値で取引、評価される競走馬を出し、活躍が地域の人たちの目に留まるようになれば」と話している。

関連記事

根室新聞

10月10日、旧標津線を巡る秋のフットパスツアー【根室】

 知床ねむろ・北太平洋シーニックバイウェイ(SB)の「旧標津線を巡る秋のフットパスツアー」が、10月10日に実施される。フットパスや北棟建築100周年の旧奥行臼駅逓所(国指定史跡)、西春別駅跡...

根室新聞

北方領土返還要求中央アピール 行進中止【根室】

 北方領土隣接地域振興対策根室管内市町連絡協議会(会長・石垣雅敏根室市長)は24日、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため「返還運動始まりの日」の12月1日に首都圏で行っている北方領土返還要...

苫小牧民報

実りの秋に感謝 厚真桜丘・森田さんの田んぼで抜穂祭

 胆振、日高の青年神職会は24日、厚真町桜丘の森田明央さん(53)が所有する水田に設ける「神田」で恒例の「抜穂(ぬいぼ)祭」を実施した。神事の後、若手の神職ら14人が手作業で鎌を振るい、日胆地区...

苫小牧民報

まるで親子、寄り添う犬猫 安平・佐藤農園パークゴルフ場

 安平町早来の佐藤農園パークゴルフ場で飼育している雄犬の「テツ」(推定13歳)に小さな野良猫が懐き、利用者から「親子のよう」と話題を集めている。じゃれ合う様子がかわいらしく、飼い主の佐藤豊子さん...

十勝毎日新聞

十勝ワイン仕込み開始【池田】

 2020年産のブドウを使った十勝ワインの仕込み作業が25日、池田町ブドウ・ブドウ酒研究所(佐野寛所長)で始まった。  午前8時半、関係者が操業の安全を祈願。勝井勝丸町長は「事故なく、いいワ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス