北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

アスラン、樽前で競走馬生産 繁殖牝馬14頭浦河から移す

樽前に開設された競走馬の生産牧場

 競走馬の生産業アスラン(塚原祐介社長)が、苫小牧市樽前401に生産牧場を開業した。約15ヘクタールに放牧地や厩舎(きゅうしゃ)などを整え、今月21日に浦河町でけい養していた繁殖牝馬14頭を移した。同社は「樽前を拠点に国内外で活躍する競走馬を生産していきたい」と意気込んでいる。市によると、競走馬生産牧場は市内3カ所目という。

 同社によると、6月に採草などに使われていた民間の農地取得。繁殖牝馬と子馬用の放牧地5カ所、平屋建て厩舎2棟(27頭分)を完成させた。馬が病気になった際に隔離するための防疫用厩舎1棟(2頭分)、本社となる事務所の建設も来年1月の完成を目指して整備中という。

 同社はこれまで自前の牧場を持たず、浦河町で他牧場2カ所の馬房などを借り、競走馬を生産してきた。当初は塚原社長の個人事業だったが昨年、生産拠点の新設に向けて法人化し、進出先を樽前に決定。現在は山手町に仮事務所を設け、従業員4人体制。今後は事業拡張に合わせ、新規雇用も検討する。

 菅沼聡場長(42)は「市内外に候補地があったが、樽前は平坦で馬に負担が掛からず、もともと採草地で餌にも困らない」と進出理由を説明。同社の生産馬は国内向けにとどまらず、南半球主にオーストラリアに輸出しており、「海外オーナーを相手にする機会も多く、新千歳空港からの近さも魅力だった」と強調する。

 樽前地区で2カ所目の競走馬生産牧場となり、農地の荒廃予防にもつながり地元にとっても朗報。敷地内は関係者以外立ち入り禁止だが、市道から放牧地の馬も一望できる。「セレクトセールなどで高値で取引、評価される競走馬を出し、活躍が地域の人たちの目に留まるようになれば」と話している。

関連記事

十勝毎日新聞

ワイン城動画 海渡る 町出身の八木さん制作【池田】

 池田町出身の農業八木賢太郎さん(37)=帯広市在住=が撮影・編集したワイン城のPR動画が25日から、日本政府観光局(JNTO)のシンガポール、マレーシア・クアラルンプール両事務所のフェイスブック...

十勝毎日新聞

「邪神ちゃん」声優が市訪問 ばんえいコラボ【帯広】

 帯広市がふるさと納税を活用して制作する人気アニメ「邪神ちゃんドロップキック」の帯広編に関連し、同アニメとばんえい競馬の連携イベント(帯広市主催)が28日に開かれた。アニメに出演する声優による帯広...

十勝毎日新聞

スマホ通学定期を導入 窓口手続きいらず 十勝バス【帯広】

 十勝バス(帯広市、野村文吾社長)が26日から、スマートフォンがチケット代わりになる通学定期券の販売を一部路線で始めている。全国の交通機関で利用があるアプリ「バスもり!」を活用した。通学定期券の販...

函館新聞

色柄、素材さまざま/初のハンドメイドマスクマーケット【函館】

 地元のハンドメイド作家やクラフト作家によるマスクとマスクアイテムの展示即売会「ハンドメイドマスクマーケット」が28日、函館蔦屋書店で始まった。手作りの布マスクをはじめ、マスク用のホルダーやピア...

函館新聞

平日夜に大人向け企画を開始・はこだてみらい館【函館】

 函館市の公益施設、はこだてみらい館(函館市若松町、キラリス函館3階)は、平日夜を中心に大人向けの講座などを開く取り組み「#オトナみらい館」を開始した。  同館は縦2・4メートル、横14・4...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス