北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「市場のたれ」新発売 地方卸売PB商品【帯広】

 帯広地方卸売市場(帯広市、高橋正行社長)は、プライベートブランド(PB)商品として「帯広市場のたれ」を開発し、売り出した。常温品の商品化は初めて。高橋社長は「食材を目利きするプロとして、いい素材の味を引き立てる自信作。市場の存在を多くの人に知ってもらいたい」としている。

新商品の万能だれ「市場のたれ」をPRする市場職員

 たれはしょうゆベースで、うま味とこくを出そうと、利尻昆布とかつおだしを多めに配合したのが特徴。黒七味唐辛子も加えた。製造は、帯広物産協会の紹介で、たれメーカーのソラチ(芦別市)が担当。瓶詰め(215グラム)で398円(税込み、希望小売価格)。同社は「肉や魚、豆腐、フライ、サラダにかけたり、炊き込みご飯にも使えるなど用途は広い」としている。

 同市場では近年、十勝の食を担っている機関であることを一般にも知ってもらおうとPR活動に力を入れており、今回の商品化もその一環。春から試作を進めてきた。同社のPB商品としては「ジンギスカンといくら醤油」に次いで3例目。

 まずは900本製造。23日から市場敷地内の食品関連総合センターやとかち物産センター(帯広)、ハピオ木野(音更)で販売中だが、今後は取扱店を増やす考え。問い合わせは同市場(0155・37・3333)へ。

関連記事

室蘭民報

アクトプランニングが開発した「イタンキ昆布出汁」ヒット【室蘭】

販売千本を突破  室蘭市高砂町の人材サービス業、アクトプランニング(福士篤代表取締役)は昨年9月、「北海道室蘭イタンキ昆布出汁(だし)」を開発。以来、4カ月で販売本数は1千本を突破した。予想を上...

十勝毎日新聞

「ハピまん」10万個突破 大ヒット JA木野【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するハピオ(音更町木野大通西7、石田晴久店長)の看板商品「ハピまん(チーズ)」の売り上げが、昨年4月4日の販売から累計で10万個を突破した。ほんのり甘い皮...

十勝毎日新聞

寒さに耐えてそばおいしく 新得物産「寒晒し」【新得】

 新得物産(合田一昭社長)で「寒晒(かんざら)しそば」の仕込み作業がピークを迎えて入る。25日から直営店「新得そばの館」の限定メニューとして登場する。  寒晒しは、江戸時代に将軍家に献上するた...

十勝毎日新聞

移住の2人パン店挑戦 4月1日開店へCF【大樹】

 昨年秋に東京から大樹町内へ移住してきた2人がパン店「小麦の奴隷」の4月1日開店に向け、準備を進めている。インターネットで出資を募る、クラウドファンディング(CF)で資金調達を進め、22日現在で約...

室蘭民報

スパークリングアップルジュースの搾汁作業が始まる【壮瞥】

すっきりした味わいに  壮瞥町のそうべつシードル造り実行委員会(川南和彦委員長)のスパークリングアップルジュースの搾汁作業が始まり、23日まで町内滝之町のそうべつ農産加工センターで実施されている...