北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

紅白いももち出来た! 七飯でワクワク食べる大学開講【七飯】

 

近江谷さん(左)といももちを丸める子どもたち

 地域の食の魅力を通じて活性化を図る「第1回北海道ワクワク食べる大学」が28日、道の駅「なないろ・ななえ」で開講した。初回は「紅白いももち大合戦」と題して、地域の子どもたちや観光客らが参加。ジャガイモで作る2色のいももちを2色のパスタソースを作って味わった。

 道南に住む人たちが互いに講師になりながら、試食会や料理教室などを行うまちづくり大学として、同道の駅構内のいももちやを運営する食育デザイン会社「のこたべ」(平島美紀江社長)が企画。同道の駅で「いももちや」を営む近江谷君子さん(87)、木古内町のレストラン「どうなんデス」の八木橋一洲シェフ(24)が講師を務めた。

 近江谷さんが仕込んだジャガイモは、町内産のビーツを混ぜて赤く色付けしたものも用意。子どもたちと一緒に一口大に丸めてフォークで潰し、コイン上のニョッキのような形にした。近江谷さんは「1時間半かけて練ることで、食感が普通の餅のようになる。『寝る(練る)子は育つ』のと一緒」と笑う。

 続いて、八木橋シェフは炒めたベーコンやタマネギが入ったトマトソース、生クリームと牛乳、明太子で作るホワイトソースを指導。ゆでたいももちをフライパンで絡めて味わった。

 参加した函館八幡小学校4年の五十嵐みいさん(10)は「楽しかった。ホワイトソースの方が柔らかいイメージでおいしかった。家でも作ってみたい」と話していた。

 次回は1月18日に、噴火湾産の魚の干物を使ったブイヤベース作りを行う。

関連記事

日高報知新聞

えりも町笛舞小と帯広市広野小 Zoomでオンライン交流【えりも】

【えりも】笛舞小(櫻井亮校長、児童19人)と帯広市広野小(児童26人)の4、5年生児童が22日、3時間目の授業でZoom(ズーム=オンライン会議アプリ)を利用してオンラインで交流した。  両校は...

日高報知新聞

史上初の快挙 父子ともに無敗の3冠達成 菊花賞優勝のコントレイル【新冠】

【新冠】25日の中央競馬第81回菊花賞(G1、芝3000メートル)で、ゴール前2着馬との壮絶な競り合いでクラシック3冠を手にしたコントレイル。町内美宇の生産牧場ノースヒルズ(前田幸治代表)ではレース...

十勝毎日新聞

広尾高生スイーツ登場 セイコーマート【広尾】

 広尾高校3年の内山佳菜さん(18)と工藤唯さん(17)が考案したスイーツ「キュートなシロクマモンブラン」が26日、全道のセイコーマートで発売された。  商品は、シロクマの顔を表現したチーズ...

十勝毎日新聞

河村投手 ロッテ4位 ドラフト 白樺高出身初のプロに【北広島】

 プロ野球ドラフト会議が26日午後5時から東京都内で行われ、白樺学園高校OBで星槎道都大(北広島市)の身長192センチの大型右腕・河村説人(ときと)投手(4年)がパ・リーグの千葉ロッテマリーン...

十勝毎日新聞

VIP3棟新設 宿泊全て「高級」に 休暇村再整備【中札内】

 地方創生ベンチャー「そら」(帯広市)の米田健史社長は26日、グループ化した中札内農村休暇村フェーリエンドルフ(中札内村)の再整備計画案の一部を明らかにした。全44宿泊棟を現在のラグジュアリー...