北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

雪氷熱、道の駅の冷房に 堆雪ヤード整備へ【音更】

 音更町が2022年4月の開業を目指す新しい道の駅(下音更北9線西16番地1ほか)に関し、事業者でオカモト(帯広市)を中心とするヴェスタおとふけグループは、施設運営に自然エネルギーの「雪氷熱」を導入し、夏場の施設内の冷房などに活用することを計画している。北海道地区「道の駅」連絡会(事務局札幌)によると、雪氷熱エネルギーを活用している道の駅は十勝では初、道内でも珍しい。

音更・新道の駅の完成予想図

 計画では、施設の北側奥に430立方メートルの貯雪が可能な堆雪ヤード(縦10メートル、横17メートル、高さ3メートル)を整備。冬場に降り積もった雪を積み上げて雪山を造成し、遮熱シートで保存する。

 春から夏にかけて徐々に雪が解け、融雪ピットから融雪水が流れ出し、熱交換器を介して施設内に冷気を送り出す仕組み。

 気温が上昇する7月ごろから長くて1カ月半にわたり、人々が滞留する休憩・飲食コーナー(約300平方メートル)と入り口近くのメイン通路(約74平方メートル)の冷房として活用。エアコンとの併用だが、環境負荷の低減に加え、冷房に関わる電力コストを抑えられるとみている。

 堆雪ヤードの残雪状況にもよるが、雪遊びに活用することも検討している。案として雪だるまを作ったり、雪合戦といったイベントが挙がっている。関東以西や東南アジアなど、雪が珍しい遠方から来る旅行客や外国人らに向けた、観光の呼び水として期待される。

 雪氷熱のエネルギーのほか、施設の屋根に設置した太陽熱集熱パネルを通して貯湯槽の水を沸かして施設内に供給。施設内の飲食店ブースなどから排気される廃熱を活用し、中庭広場のサッシ回りを融雪することも計画している。

 町産業連携課は「雪氷熱や太陽光といった自然エネルギーは重要視されている。積雪寒冷地の特性を生かし、そうしたことを新たな道の駅からアピールしたい」としている。

関連記事

根室新聞

特産品で地元出身学生を応援 第2弾 1日から申込受付【根室】

 根室を離れ学業に励む学生に、地元特産品を贈る「根室出身学生応援!根室の旨いをお届け隊」の第2弾の募集が11月1日から始まる。今回も5千円相当分の地場産品詰め合わせを用意し、根室の味を届ける。...

根室新聞

下校見守り活動拡大 保護司会と更生保護女性会【根室】

 根室地区保護司会(袴谷良憲会長)は19日から根室更生保護女性会(原田純子会長)などと協力して、新たに花咲小学校の学校区周辺で下校児童の見守り活動を実施している。  見守り活動は根室地区保護...

苫小牧民報

厚真高生が復旧作業や工場見学 林業現場体験ツアー 未来の担い手育成へ

胆振総合振興局、胆振地域林業担い手確保推進協議会は20日、厚真高校の1年生32人を対象に「林業現場体験バスツアー」を行った。生徒たちは2018年9月の胆振東部地震で被災した厚真町内民有林の復旧作業...

苫小牧民報

公設市場30日まで意見公募 花卉は民間委譲へ 

苫小牧市は、公設地方卸売市場の民間活力導入に向けた準備を進めている。2021年度に青果、水産両市場の管理・運営を指定管理者に移行し、22年度に花卉(かき)市場を民間委譲する計画。市議会の12月定例...

苫小牧民報

王子サーモン ツイッターで 大きな反響、サケの種類を解説

スモークサーモン製造販売の王子サーモン(本社東京、本店苫小牧市)がインターネットの短文投稿サイト「ツイッター」でサケの種類を画像付きで紹介し、反響を呼んでいる。同社は20日に創業53年を迎えたばか...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス