北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

亡き母思い墓参10年 佐藤さん、片道9キロ1年で88日間【函館】

母ミヱさんの遺影を手に墓参10年を達成した佐藤さん。左は妻正子さんの遺影

 函館市堀川町の元高校教員、佐藤守彦さん(77)が、亡き母を供養するため徒歩で1年に88日間の墓参りを続け、今年で10年目を達成した。少年時代、自分が非行に走って母に味わわせた苦しみ、母の死に目に会えなかった親不孝に報いようと、春夏秋冬、片道9キロの道のりを墓参りに行った。佐藤さんは「10年は一つの到達点。元気な限りは母の供養を続けたい」と意欲を見せる。

 佐藤さんは小学5年で父を病気で亡くし、母のミヱさん(享年99)が女手一つで育てた。小・中学生時代は不登校や非行に走り、母に苦労をかけたという。

 更生して教員となり、三石高校(閉校)や瀬棚商業高(同)、福島商業高、函館中部高定時制で教べんを取った。ミヱさんの晩年は、自宅にいたい本人の意思に反し介護施設を利用したり、病院での生活を送らせたりしたほか、臨終(2006年12月29日)には立ち会えなかった。「慚愧(ざんぎ)の念が胸に深く刻まれた」(佐藤さん)として、07年には母の供養のため四国八十八カ所を巡拝する四国遍路を行い、08年から函館で墓参を始めた。

 母の墓がある陣川町まで自宅から片道9キロ。往復で約2時間を要する。ミヱさんの遺骨と遺髪、納め札をウエストポーチにしのばせ、夏の猛暑の日も、冬の氷点下の日も歩き続けた。1年の墓参日数を88日間としたのは、四国八十八カ所になぞらえた。墓前では、母にお参りに来たことを報告し、ろうそく、線香、花を手向け、母に伝えたかったことを書いたお札を納める。

 12、13年は母の供養で徒歩で北海道一周、縦断に出掛けたため一時中断したが、今月26日に10年の節目を迎えた。

 17年12月30日には、最愛の妻・正子さん(享年69)が旅立ち、茫然自失(ぼうぜんじしつ)の日々が続いたが「天国から『お母さんが寂しがっているよ。私が一緒に行ってあげるからね』という妻の声が聞こえ、私の背中を押してくれた」と佐藤さん。今では正子さんの遺骨と遺髪も身に付け、母の墓参に行くようになった。

 佐藤さんは「人に対する優しさについて以前より深くなった。母が授けてくれたと思う。母の供養を全うしたとは言えず、元気なうちは墓参に行きたい」と決意を新たにしている。

関連記事

根室新聞

特産品で地元出身学生を応援 第2弾 1日から申込受付【根室】

 根室を離れ学業に励む学生に、地元特産品を贈る「根室出身学生応援!根室の旨いをお届け隊」の第2弾の募集が11月1日から始まる。今回も5千円相当分の地場産品詰め合わせを用意し、根室の味を届ける。...

根室新聞

下校見守り活動拡大 保護司会と更生保護女性会【根室】

 根室地区保護司会(袴谷良憲会長)は19日から根室更生保護女性会(原田純子会長)などと協力して、新たに花咲小学校の学校区周辺で下校児童の見守り活動を実施している。  見守り活動は根室地区保護...

苫小牧民報

厚真高生が復旧作業や工場見学 林業現場体験ツアー 未来の担い手育成へ

胆振総合振興局、胆振地域林業担い手確保推進協議会は20日、厚真高校の1年生32人を対象に「林業現場体験バスツアー」を行った。生徒たちは2018年9月の胆振東部地震で被災した厚真町内民有林の復旧作業...

苫小牧民報

公設市場30日まで意見公募 花卉は民間委譲へ 

苫小牧市は、公設地方卸売市場の民間活力導入に向けた準備を進めている。2021年度に青果、水産両市場の管理・運営を指定管理者に移行し、22年度に花卉(かき)市場を民間委譲する計画。市議会の12月定例...

苫小牧民報

王子サーモン ツイッターで 大きな反響、サケの種類を解説

スモークサーモン製造販売の王子サーモン(本社東京、本店苫小牧市)がインターネットの短文投稿サイト「ツイッター」でサケの種類を画像付きで紹介し、反響を呼んでいる。同社は20日に創業53年を迎えたばか...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス