北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

藤丸 地域とともに120年 2日から回顧展【帯広】

120周年で制作したポスター(手前)と数々の旧店舗の資料を横に、来年への決意を述べる藤本社長

 藤丸(藤本長章社長)は来年創業120周年を迎える。地元資本による独立系百貨店としては道内唯一となり、十勝の大型店の中核を担い続けてきた。1月2日から記念事業のスタートとなる「回顧展」を10年ぶりに開催、初代の藤本長蔵氏の遺物など初披露の品も展示する。4代目の藤本社長は「歴史の重みと責任を再認識。厳しい時代こそ原点に立ち返り、地域の皆さんとともに歩みたい」としている。

 1897(明治30)年、富山県出身の長蔵氏が帯広で太物店を出したのが原点。1900年に北越呉服を設立、01年に大通南5に移転し、16年に藤丸呉服店に商号変更。30年には4階建てエレベーター付き建物を西2南8に建設、百貨店経営に踏み切った。戦前までは農場も経営した。

 61年に新店舗(西2南9、旧帯広北洋ビル跡)を建設。現店舗(西2南8、地下3階地上8階建て)は再開発事業として約80億円を投入し、82年に完成させた。

 流行のファッションを取りそろえ、全国物産展などを展開、ピーク時の年商は約145億円を記録した。文化催事にも力を注ぎ、2000年に道地域文化選奨特別賞・企業市民文化賞を受けた。近年は「地域商社」を掲げ、衣料偏重ではない新たな地方百貨店像を模索している。

 回顧展は1月2~7日、7階催し会場で開催。創業期から現代までの写真、社内報、制服、包装紙など約600点を展示する。北海タイムスが昭和10年に発行した藤丸がゴールの「商売繁盛双六」、長蔵氏が64歳で世界旅行した時のかばんなども初披露する。

 120周年のキャッチコピー「いままでも、これからも」を表記したポスターを制作して掲示。「誕生祭」に併せて消費者還元企画も検討している。藤本社長は「写真や資料を読み返し、時代を先取りした歴代経営者の姿勢に感銘した。地域の力を借りて十勝に根差したおもてなしを提供していく」と話す。

関連記事

根室新聞

特産品で地元出身学生を応援 第2弾 1日から申込受付【根室】

 根室を離れ学業に励む学生に、地元特産品を贈る「根室出身学生応援!根室の旨いをお届け隊」の第2弾の募集が11月1日から始まる。今回も5千円相当分の地場産品詰め合わせを用意し、根室の味を届ける。...

根室新聞

下校見守り活動拡大 保護司会と更生保護女性会【根室】

 根室地区保護司会(袴谷良憲会長)は19日から根室更生保護女性会(原田純子会長)などと協力して、新たに花咲小学校の学校区周辺で下校児童の見守り活動を実施している。  見守り活動は根室地区保護...

苫小牧民報

厚真高生が復旧作業や工場見学 林業現場体験ツアー 未来の担い手育成へ

胆振総合振興局、胆振地域林業担い手確保推進協議会は20日、厚真高校の1年生32人を対象に「林業現場体験バスツアー」を行った。生徒たちは2018年9月の胆振東部地震で被災した厚真町内民有林の復旧作業...

苫小牧民報

公設市場30日まで意見公募 花卉は民間委譲へ 

苫小牧市は、公設地方卸売市場の民間活力導入に向けた準備を進めている。2021年度に青果、水産両市場の管理・運営を指定管理者に移行し、22年度に花卉(かき)市場を民間委譲する計画。市議会の12月定例...

苫小牧民報

王子サーモン ツイッターで 大きな反響、サケの種類を解説

スモークサーモン製造販売の王子サーモン(本社東京、本店苫小牧市)がインターネットの短文投稿サイト「ツイッター」でサケの種類を画像付きで紹介し、反響を呼んでいる。同社は20日に創業53年を迎えたばか...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス