北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

雪でとことん遊ぶイベントに来て 巨大スノーアートも【中札内】

 「スノーアートヴィレッジなかさつない2020」と銘打った冬の一大イベント(村観光協会主催)が2月15、16の両日、中札内農村休暇村フェーリエンドルフで初めて開かれる。雪原をキャンバスに見立て、雪上歩行具のスノーシューの足跡で巨大な幾何学模様を描く「スノーアート」を公開する他、来場者が制作を体験できるツアーもある。

初開催のイベントをPRする梶山さん夫妻

 スノーアートは、地域おこし協力隊の梶山智大さん(34)が「花と緑とアートの村」をPRする新たな芸術として思い付き、昨シーズンに村有地で複数の作品を完成させた。今回は「下火になりがちな冬の観光を盛り上げたい」と、同じ協力隊員で妻の千裕さん(32)と共にスノーアートを活用したイベントを企画した。

 「ふわふわの雪でとことん遊ぶ。雪のぜんぶを体感する」をコンセプトに、中札内の冬を存分に満喫できる。梶山さんが制作する縦、横各200メートルの巨大スノーアートを早朝限定の熱気球や高さ8メートルの特設やぐらから見学し、犬ぞり体験やスノーモービル、バナナボートといったスノーアクティビティーが楽しめる。

 参加者自身がスノーアートを描き、ドローン(小型無人飛行機)を使って撮影できる1日16人限定のスノーアート体験フォトツアー(6日から予約開始、1人3000円)や、雪上トラクターの試乗、雪上ジムといったユニークな企画も人気を集めそうだ。

梶山さんが昨年、村有地に制作したスノーアート

 会場では、村内飲食店と管内のキッチンカーも出展する。梶山さん夫妻は「屋内休憩所もあり、寒いのが苦手な人でも安心。この冬、ここにしかない、雪でできること全部を楽しんで」とPRしている。

 両日とも午前10時~午後3時。最新情報はフェイスブック「スノーアートヴィレッジなかさつない」で随時更新する。ツアー予約や問い合わせは村観光協会(0155・68・3390)へ。

関連記事

室蘭民報

障がい者ら、ペダル軽やか タンデム自転車体験会【室蘭】

 室蘭身体障害者福祉協会(政田一美代表理事)など3団体共催のタンデム自転車(2人乗り用)体験会が27日、室蘭市入江運動公園陸上競技場で開かれ、身体障害者や視覚障害者らがペダルをこいで、風を感じて...

室蘭民報

作品募集を開始、撮りフェスin室蘭 来月末まで受け付け【室蘭】

 室蘭を舞台にした写真コンテスト「撮りフェスin室蘭」の実行委員会は24日、作品の募集を開始した。期間内の10月末まで応募できる。  例年は24時間滞在型で行われていたが、参加者の密集を避けるた...

十勝毎日新聞

全国からバスマニア 3社横断の乗り比べツアー【十勝】

 北海道拓殖バス(音更)、十勝バス(帯広)、士幌交通(士幌)の3社は20日、各社の珍しい車両などを披露する「バスの日を楽しむ乗り比べツアー」を開催した。全国からバスマニアが詰め掛け、型式の古い...

十勝毎日新聞

蜷川実花展 あふれる色 世界観に圧倒【帯広】

 道立帯広美術館で19日に開幕した写真展「蜷川実花展-虚構と現実の間に-」。会場には初日から多くの市民やファンが訪れ、蜷川さんの、色彩豊かで独特の世界観に浸っている。  同展は六つの章立てで構成...

十勝毎日新聞

久しぶり食の催事 藤丸うまいもの大会【帯広】

 「7日間限りのうまいもの大会」が17日、帯広市内の藤丸7階の催し会場で始まった。全国各地の秋の味覚を取りそろえた会場は、名産を買い求める客たちでにぎわっている。23日まで。  毎年恒例のイベ...