北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

ウポポイ宝くじ発売、鈴木知事が開業へPR【道内】

ウポポイをデザインした宝くじを発表する鈴木知事

 鈴木直道知事は6日の記者会見で、白老町に開設される民族共生象徴空間「ウポポイ」(4月24日オープン)を図柄に使用した宝くじを、あす8日から道内などで発売すると発表した。

 くじ名は第2517回関東・中部・東北自治宝くじ。ウポポイの全景とロゴ、PRキャラクターのトゥレッポんがデザインされている。1枚100円で1等の当選金は前後賞合わせて1500万円。発売期間は21日までの14日間となっており、24日に抽選を行う。売り上げの4割は道の財源として各種事業に充てられる。

 鈴木知事は「道内外の宝くじファンにウポポイをPRし、くじの売り上げ向上につながればと考える。オープンまであとわずかであり、引き続き一層のPRを進める」と語った。

 道庁はこの日が仕事始め。鈴木知事は「2020年は北海道にとって大きなチャンスの年。道内7空港の一括民間委託や新千歳空港の発着枠拡大、ウポポイのオープン、東京五輪のサッカー・マラソン・競歩の札幌開催など北海道新交流時代の幕開けとなる。将来を担う子どもたちの記憶に残り、道の歴史に刻まれる年としていきたい」と述べた。

白老などスタッフ131人採用・15日皮切りに説明・面接会

 民族共生象徴空間「ウポポイ」に勤務するオープニングスタッフ131人の採用に向けた合同説明会と面接会が、15日白老町コミュニティセンター、21日苫小牧市民会館、28日登別市民会館で開かれる。

 正社員4人、有期社員37人、パート56人、アルバイト34人の計131人。業務は公園入り口や園内施設での改札、案内誘導、博物館での受け付け、監視、レストラン、売店などでのキッチンスタッフ、ホールスタッフ、接客、レジなど。

 白老での合同説明会・面接会は午前10時~午後5時、苫小牧市民会館、登別市民会館はともに午前10時~午後4時。

 各事業所の職種は次の通り。

 ▽白老宏友会 ホールスタッフ、キッチンスタッフ、販売スタッフ
 ▽ぬくもりの宿ふる川 キッチンスタッフ
 ▽伸和ホールディングス キッチンスタッフ
 ▽オークコーポレーション 販売スタッフ
 ▽一般財団法人公園財団 公園入り口や園内施設での改札・案内誘導
 ▽フクシ・エンタープライズ 博物館受け付け・案内誘導・監視業務

 問い合わせはアイヌ民族文化財団、電話011・206局7427番へ。

関連記事

根室新聞

ベトナム人実習生 旧正月楽しむ 遠く離れた地で“幸せ”【根室】

 ベトナムの旧正月「テト」を祝う会が26日、市内で初めて開かれ、遠く離れて根室で暮らすベトナム人技能実習生たちが一堂に会し、母国の伝統的な新年行事を楽しんだ。民族衣装で正装した参加者もいて、華...

日高報知新聞

五輪選手に続け! 浦河で町民スケート教室【浦河】

 浦河町教委主催、浦河スケート協会主管の「町民スケート教室」が24日、浦河町緑町の町スケートリンクで始まった。26日まで。  今年は暖冬で雪不足の日が続いており、リンク整備が間に合うか心配された...

日高報知新聞

研究発表大会で授業改善の研さんを深める【浦河】

 日高教育研究所・教職員研修センター(久保田慎吾所長)の研究発表大会が22日、浦河町総合文化会館で開かれ、管内小中学校教職員や各町教育長ら教育関係者約60人が「主体的・対話的で深い学び」の視点を取...

苫小牧民報

「現状維持」「役割向上」が7割超 苫小牧市の公共交通アンケート中間報告

 苫小牧市は、昨年11月に行った公共交通に関する市民アンケートの中間報告をまとめた。住んでいる地域の公共交通に対する感想では、満足と不満の割合がほぼ拮抗(きっこう)した。自家用車を所有する人が将来...

苫小牧民報

花火や結婚式など華やか 千歳・支笏湖氷濤まつり

 「2020千歳・支笏湖氷濤まつり」(実行委員会主催)は25、26の両日、期間中最初の週末を迎えて千歳市支笏湖温泉の会場で、「氷濤ウエディング」などのイベントを繰り広げた。両日の夜は花火打ち上げ...