北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「高麗人参飴」登場 町薬用植物事業の初商品【陸別】

 薬用植物栽培研究事業を展開する陸別町が、町産の高麗人参を使ったあめの販売を開始した。商品開発に携わった町地域おこし協力隊の日向優さん(36)は「この事業で初めての商品が完成した。皆さんに味わってもらいたい」と話している。

新商品の「高麗人参飴」と日向さん

 商品は「しばれる町の高麗人参飴」と名付け、昨年12月25日から限定販売している。パッケージのラベルデザインも日向さんが担当し、「シンプルな方が手に取ってもらいやすい」とあえて色の数を減らし、「レトロでかわいらしいイメージ」にした。

 国産の高麗人参を使ったあめの製造販売は国内でも数少なく、道内ではほとんど商品化しているところがない。陸別でも作れないかと、町内のほ場で栽培した高麗人参を使ってこれまで何度も検討や試作を行い、昨年4月にはあめの原型が完成。町民らに試食とアンケートを実施した結果、商品化を正式決定し、各種手続きを経て店頭に並ぶことになった。

 高麗人参は独特な風味が特徴で、薬膳料理などに使われている。今回製造したあめは、甘さを控えめにして風味を生かした。色は薄い茶褐色で1個約5グラム。日向さんは「味は好みが分かれる」と前置きし、「小さなマチなので埋もれてしまわないよう、とがったことをして『面白い町』と思ってもらいたい」と話す。

 町のチャレンジプロジェクトとして2014年度から研究がスタート。17年度から開発を担った日向さんは「ようやく形になったことで感慨深いものがある」という。今後も町産の薬用植物を使い、さまざまな商品の開発に取り組む決意だ。

 高麗人参飴は、道の駅オーロラタウン93りくべつ内の観光物産館で扱っている。6個入り250円、12個入り450円。数量限定。

関連記事

室蘭民報

アクトプランニングが開発した「イタンキ昆布出汁」ヒット【室蘭】

販売千本を突破  室蘭市高砂町の人材サービス業、アクトプランニング(福士篤代表取締役)は昨年9月、「北海道室蘭イタンキ昆布出汁(だし)」を開発。以来、4カ月で販売本数は1千本を突破した。予想を上...

十勝毎日新聞

「ハピまん」10万個突破 大ヒット JA木野【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するハピオ(音更町木野大通西7、石田晴久店長)の看板商品「ハピまん(チーズ)」の売り上げが、昨年4月4日の販売から累計で10万個を突破した。ほんのり甘い皮...

十勝毎日新聞

寒さに耐えてそばおいしく 新得物産「寒晒し」【新得】

 新得物産(合田一昭社長)で「寒晒(かんざら)しそば」の仕込み作業がピークを迎えて入る。25日から直営店「新得そばの館」の限定メニューとして登場する。  寒晒しは、江戸時代に将軍家に献上するた...

十勝毎日新聞

移住の2人パン店挑戦 4月1日開店へCF【大樹】

 昨年秋に東京から大樹町内へ移住してきた2人がパン店「小麦の奴隷」の4月1日開店に向け、準備を進めている。インターネットで出資を募る、クラウドファンディング(CF)で資金調達を進め、22日現在で約...

室蘭民報

スパークリングアップルジュースの搾汁作業が始まる【壮瞥】

すっきりした味わいに  壮瞥町のそうべつシードル造り実行委員会(川南和彦委員長)のスパークリングアップルジュースの搾汁作業が始まり、23日まで町内滝之町のそうべつ農産加工センターで実施されている...