北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

一年の健康願う、室蘭などで「どんど焼き」始まる【室蘭・登別・伊達】

室蘭八幡宮で燃える炎に手を合わせる参拝客ら

 室蘭市内の神社では、7日から恒例の「どんど焼き」が始まり、市民が正月飾りを燃やし、燃える炎に向かって手を合わせていた。

 どんど焼きは、1月15日前後に行われる火祭りの行事。正月の松飾りやしめ縄、書き初め、お守りなどを集めて焼き上げ、一年間の無病息災を祈願する。

 海岸町の室蘭八幡宮では、正月飾りなどを持参した参拝客が次々と訪れ、長い車列をつくっていた。境内の受け付けで有毒ガスが出るプラスチックやビニール、金属類などを取り除いた後、火の中に正月飾りを投げ入れて家族らの健康を願い、静かに手を合わせていた。15日まで。

白煙浴び家内安全祈願・刈田神社でどんど焼き

正月飾りをたき上げて無病息災を願ったどんど焼き=7日午前11時ごろ

 登別市総鎮守・刈田神社(市内中央町)で7日、どんど焼きが行われ、市民が正月飾りなどをたき上げて、今年一年の無病息災を願った。

 この日は晴天に恵まれ、多くの地域住民がしめ縄や破魔矢、古いお札などを持参。午前10時から神事を行い、点火すると、参拝者がもくもくと上がる白煙を浴び、手を合わせながら家内安全を祈願していた。

 15日午前10時~午後4時にも実施する。鏡餅や年賀状、のし袋、不燃物などは納めることができない。同神社では分別を呼び掛けている。

 問い合わせは同神社、電話0143・85局2460番へ。

火柱に向かい無病息災祈る・伊達神社でどんど焼き

正月飾りなどを燃やし、無病息災を願った伊達神社のどんど焼き

 伊達市末永町の伊達神社(黒野又四郎宮司)で7日、どんど焼きが行われた。地域住民が正月飾りなどを納め、無病息災を願っていた。

 午前10時に始まった。地域住民は次々と神社を訪れ、お札や松飾り、お守りなどを持ち寄った。伊達市シルバー人材センターの職員が次々と火の中に飾りを入れた。高く立ち上った火柱に向かって、地域住民が手を合わせていた。

 同神社では15日にもどんど焼きを実施する予定。

関連記事

函館新聞

消費拡大、生産者を応援 市内飲食店が地場産品メニュー考案【函館】

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で外食需要が激減し、道南の生産者がつくった食材の出荷先がなくなっている中、函館市内の飲食店などが地場産品を使った新たなメニューを考案するなど、消費拡大を図る動き...

函館新聞

基坂 柔らかく照らす 光の万華鏡スタート【函館】

 イルミネーションイベント「はこだて光の万華鏡」(はこだて冬フェスティバル実行委主催)の基坂会場が20日に始まった。斜面の両側の歩道を柔らかく照らす光と心地よい音楽の共演で、冬の西部地区を彩る。 ...

釧路新聞

ファン見守るなか、冬の湿原号試運転【釧路】

  JR北海道が釧網線の釧路―標茶間で運行する人気観光列車「SL冬の湿原号」が23日に今季の運転初日を迎えるのを前に、試運転が20日、本番と同じルートで行われた。沿線の撮影スポットには今年最初に走る...

日高報知新聞

男女26種目でタイム競う【浦河】

 浦河スケート協会(小林孝範会長)主催の「2021南北海道スプリント競技会」が17日、浦河町緑町の町営スケートリンクで開かれた。幼児から一般まで延べ約60人が出場し、男女26種目で100~1000㍍のタ...

日高報知新聞

様似町の経済や文化に貢献【様似】

【様似】様似歴史研究「会所の会」(笹島秀則会長)は、17日から24日まで中央公民館ギャラリー21で約60点の写真展「今、よみがえる日高随一の工場~日本電工展~」を開催している。  経営統合で2014年に...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス