北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

宮内農園が日本一おいしい米コンテストで優良金賞【洞爺湖】

「これからもおいしいコメを変わらずに作っていく」と表彰状を手に抱負を語る宮内農園の佐々木さん

「財田米に注目して」

 全国各地の農家が出品したコメを比べ、最もおいしいコメを決める「第13回あなたが選ぶ日本一おいしい米コンテスト」で、洞爺湖町財田、宮内農園の品種「ゆめぴりか」が最優秀金賞、優秀金賞に次ぐ、優良金賞に輝いた。経営する佐々木哲三さん(52)は「全国の名産地と肩を並べる産地と証明できた」と喜んでいる。

 宮内農園は1887年(明治20年)に香川県旧丸亀藩から入植。130年以上稲作に従事する。温暖な気候とそうべつ川の清流に恵まれ、ミネラル豊富な土壌で育てるコメは、芳醇(ほうじゅん)な甘みともちもち感が特徴だ。

 佐々木さんは、8年ほど前に妻の綾子さん(51)の実家を継ぎ5代目。妻と義理の両親の順一さん(83)と八千代さん(78)の4人で、水田10ヘクタールで「ゆめぴりか」「ななつぼし」「おぼろづき」を栽培している。

 コンテストは山形県や同県庄内町、地元の観光協会などでつくる実行委員会が主催。国内作付け割合上位20品種が対象の「メジャー」、それ以外の「プレミアム」「高校生部門」で実施。佐々木さんは「メジャー」に出品。出品総数は464点でメジャーは200点。

 審査は予選、決勝とも栽培者や品種の情報は伏せたまま実施。予選は、公募した審査員が5種類のコメを食べて審査。予選を勝ち抜いた各部門15人(高校生部門は上位6人)が進出した決勝は11月30日に庄内町であった。

 財田地区のコメ農家は現在13軒ほど。高齢化が進み、後継者不足など悩みは尽きない。財田米のおいしさの証明はもちろん「若い人に注目してほしい。多くの人が財田米を残していきたいと思ってもらいたい」との思いを込め、今回初めて出品した。

 佐々木さんは入賞を喜びながら「これからも、おいしい財田米を作っていきたい。そしてこの恵まれた土壌を守っていく。洞爺湖といえば『温泉』『湖』『有珠山』そして『財田米』といわれたいですね」と笑顔を見せた。

 宮内農園の財田米はとうや水の駅、道の駅・あぷた、宮内農園で販売している。問い合わせは同農園、携帯電話080・5595・0381へ。

関連記事

室蘭民報

鬼も驚くうまさ、復活 三星登別若草店が金棒シュー販売【登別】

 和洋菓子製造・販売の三星(本社苫小牧市)の登別若草店(登別市若草町)が、同店開店当時の人気商品「鬼の金棒シュー」を復活販売している。登別ならではの鬼をイメージしたスイーツは土産品としてもぴった...

室蘭民報

“妖怪”食べてコロナ退散 森のケーキ屋おおきな木がクッキー製作【伊達】

大滝徳舜瞥学校に寄贈へ  新型コロナウイルス感染症の収束は依然として見えない。伊達市大滝区豊里町の「森のケーキ屋 おおきな木」(奈良なつ美代表)は、疫病を防ぐとの言い伝えがある妖怪「アマビエ」を...

名寄新聞

レモン、マンゴー味の大福発売・夏季限定商品【名寄】

 株式会社もち米の里ふうれん特産館(堀江英一代表取締役)では、レモン味とマンゴー味のソフト大福を発売。1日から夏季限定で道の駅「もち米の里☆なよろ」、イオン名寄ショッピングセンター内の同社名寄店...

苫小牧民報

白老アイヌ協会土産用菓子販売「カムイ伝説」シリーズ化

 一般社団法人白老アイヌ協会(山丸和幸理事長)は、アイヌ文化発信拠点・民族共生象徴空間(ウポポイ)開業に向けて開発した土産用菓子の販売に乗り出し、観光客から人気を得ている。アイヌ文化をイメージし...

十勝毎日新聞

地ビールで乾杯 町内産の大麦と小豆で風味豊か【豊頃】

 豊頃町内産の大麦と小豆を原料にした2種類のクラフトビール(地ビール)を澄川麦酒醸造所(札幌市)が今月上旬に醸造し、地域の話題になっている。小笠原ファーム(町北栄)の大麦を使用した「GO OUT(...