北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

室蘭高等技専が生徒数確保に本腰、高校中退者も応募対象【室蘭】

生徒確保に向けさまざまな取り組みを行う室蘭高等技術専門学院

市は奨学金制度で支援

 今年4月で、移転と2年制がスタートして4年目を迎える室蘭高等技術専門学院(室蘭市みゆき町、松本一宏学院長)。課題は生徒数だ。同院では確保に向け、これまで対象としていなかった高校中退者へも門戸を開放し、生き残りを懸ける。

 ハローワーク室蘭によると、昨年11月末時点の管内新規高卒予定者のうち、求職者が396人で既に351人が内定を決めた。就職内定率は88・6%で、1993年(平成5年)の統計開始以降過去最高を記録した2018年(87・7%)を上回る結果となった。

 こうした「売り手市場」の影響で生徒数は激減。昨年11月から募集を開始しているが、12月末時点で定員30人のところ、5人の応募にとどまっている。松本学院長は「2年連続で一桁台となると由々しき事態」と頭を抱える。

 「技専には依然職業訓練校という印象が強く残っており、専門学校などに比べ高卒後の進路と考えられていない」と生徒確保の難しさを語る松本学院長。何度も高校訪問を行っているが、いまひとつ手応えを感じないという。

 昨年9月には、北海道の「もの」づくりを支える技術を持った人材を育てる施設として「MONOテク室蘭」の愛称が付けられたものの、認知度は低い。

 学院は19年度から要項を変更し、応募資格を拡大。高校中退者や18歳未満でも応募を可能としたほか、学科試験が免除となる自己推薦選考枠も設けた。自己推薦選考の出願期間は1月15日までで、試験は20日。松本学院長は「社会人として再チャレンジを目指す人を応援したい」と意気込みを語る。

 市も18年度から奨学金制度で学院の生徒募集を支援。修了後3年間室蘭市内に居住し、市内の企業に就職した場合返済が免除される。対象となるのは室蘭市民のみならず、周辺地域の住民も対象となっている。

 松本学院長は「昨年は初めて修了生による懇談会も実施した。地元で頑張るOB・OGの姿に勇気づけられ、企業の求める人材についても理解を深めることができた。こうした意見をカリキュラムに反映し、企業の期待に応えられる学院を目指す」と強調。

 学院の見学はいつでも可能。学生募集は現在も受け付け中。問い合わせはMONOテク室蘭、電話0143・44局3522番へ。

関連記事

根室新聞

ベトナム人実習生 旧正月楽しむ 遠く離れた地で“幸せ”【根室】

 ベトナムの旧正月「テト」を祝う会が26日、市内で初めて開かれ、遠く離れて根室で暮らすベトナム人技能実習生たちが一堂に会し、母国の伝統的な新年行事を楽しんだ。民族衣装で正装した参加者もいて、華...

日高報知新聞

五輪選手に続け! 浦河で町民スケート教室【浦河】

 浦河町教委主催、浦河スケート協会主管の「町民スケート教室」が24日、浦河町緑町の町スケートリンクで始まった。26日まで。  今年は暖冬で雪不足の日が続いており、リンク整備が間に合うか心配された...

日高報知新聞

研究発表大会で授業改善の研さんを深める【浦河】

 日高教育研究所・教職員研修センター(久保田慎吾所長)の研究発表大会が22日、浦河町総合文化会館で開かれ、管内小中学校教職員や各町教育長ら教育関係者約60人が「主体的・対話的で深い学び」の視点を取...

苫小牧民報

「現状維持」「役割向上」が7割超 苫小牧市の公共交通アンケート中間報告

 苫小牧市は、昨年11月に行った公共交通に関する市民アンケートの中間報告をまとめた。住んでいる地域の公共交通に対する感想では、満足と不満の割合がほぼ拮抗(きっこう)した。自家用車を所有する人が将来...

苫小牧民報

花火や結婚式など華やか 千歳・支笏湖氷濤まつり

 「2020千歳・支笏湖氷濤まつり」(実行委員会主催)は25、26の両日、期間中最初の週末を迎えて千歳市支笏湖温泉の会場で、「氷濤ウエディング」などのイベントを繰り広げた。両日の夜は花火打ち上げ...