北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

宇都宮賞に小椋さん 育種改良に貢献評価【上士幌】

 北海道酪農の振興、発展に貢献した人を表彰する「第52回宇都宮賞」に、上士幌町の小椋茂敏さん(61)=JA上士幌町組合長=が「乳牛改良の部」で選ばれた。乳牛の育種改良における長年の取り組みが評価された。

小椋茂敏さん

 公益財団法人「宇都宮仙太郎翁顕彰会」(札幌)が道内の酪農関係機関、団体からの推薦を受け、「酪農経営」「酪農指導」「乳牛改良」の3部門で表彰している。

 小椋さんは上士幌町の推薦を受けた。牛群検定や受精卵の採卵に積極的に取り組み、乳牛改良同志会の活動や共進会にも積極的に参加。町内で1999年に全農ETセンターが開設されると、乳牛の受精卵活用に関わり、優良牛の委託採卵や性判別受精卵の作出などを通じて乳牛改良の速度向上に貢献した。

 認定審査員として道内各地や府県の共進会で審査員を担当、技術向上や後継者指導にも当たっている。受賞はこれら一連の取り組みが評価された。

 表彰式は3月1日に札幌市内で開かれる。酪農経営の部は上川管内下川町の松岡孝幸さん(72)、酪農指導の部は根室管内中標津町の高橋勝義さん(65)が選ばれた。

<宇都宮賞>
 「北海道酪農の父」とされる宇都宮仙太郎の功績をたたえて1968年度に創設。51回までに計152人が受賞している。十勝管内は過去26人が受賞し、地区別では石狩地区(39人)に次いで多い。

関連記事

釧路新聞

中国人客キャンセル相次ぐ【釧路】

 新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大により、中国政府が27日から国民の海外への団体旅行を禁止したことで、釧路管内でも影響が出始めた。中国で大型連休となる「春節」(旧正月)期間と重なり、本来は...

根室新聞

ベトナム人実習生 旧正月楽しむ 遠く離れた地で“幸せ”【根室】

 ベトナムの旧正月「テト」を祝う会が26日、市内で初めて開かれ、遠く離れて根室で暮らすベトナム人技能実習生たちが一堂に会し、母国の伝統的な新年行事を楽しんだ。民族衣装で正装した参加者もいて、華...

日高報知新聞

五輪選手に続け! 浦河で町民スケート教室【浦河】

 浦河町教委主催、浦河スケート協会主管の「町民スケート教室」が24日、浦河町緑町の町スケートリンクで始まった。26日まで。  今年は暖冬で雪不足の日が続いており、リンク整備が間に合うか心配された...

日高報知新聞

研究発表大会で授業改善の研さんを深める【浦河】

 日高教育研究所・教職員研修センター(久保田慎吾所長)の研究発表大会が22日、浦河町総合文化会館で開かれ、管内小中学校教職員や各町教育長ら教育関係者約60人が「主体的・対話的で深い学び」の視点を取...

苫小牧民報

「現状維持」「役割向上」が7割超 苫小牧市の公共交通アンケート中間報告

 苫小牧市は、昨年11月に行った公共交通に関する市民アンケートの中間報告をまとめた。住んでいる地域の公共交通に対する感想では、満足と不満の割合がほぼ拮抗(きっこう)した。自家用車を所有する人が将来...