北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

宇都宮賞に小椋さん 育種改良に貢献評価【上士幌】

 北海道酪農の振興、発展に貢献した人を表彰する「第52回宇都宮賞」に、上士幌町の小椋茂敏さん(61)=JA上士幌町組合長=が「乳牛改良の部」で選ばれた。乳牛の育種改良における長年の取り組みが評価された。

小椋茂敏さん

 公益財団法人「宇都宮仙太郎翁顕彰会」(札幌)が道内の酪農関係機関、団体からの推薦を受け、「酪農経営」「酪農指導」「乳牛改良」の3部門で表彰している。

 小椋さんは上士幌町の推薦を受けた。牛群検定や受精卵の採卵に積極的に取り組み、乳牛改良同志会の活動や共進会にも積極的に参加。町内で1999年に全農ETセンターが開設されると、乳牛の受精卵活用に関わり、優良牛の委託採卵や性判別受精卵の作出などを通じて乳牛改良の速度向上に貢献した。

 認定審査員として道内各地や府県の共進会で審査員を担当、技術向上や後継者指導にも当たっている。受賞はこれら一連の取り組みが評価された。

 表彰式は3月1日に札幌市内で開かれる。酪農経営の部は上川管内下川町の松岡孝幸さん(72)、酪農指導の部は根室管内中標津町の高橋勝義さん(65)が選ばれた。

<宇都宮賞>
 「北海道酪農の父」とされる宇都宮仙太郎の功績をたたえて1968年度に創設。51回までに計152人が受賞している。十勝管内は過去26人が受賞し、地区別では石狩地区(39人)に次いで多い。

関連記事

函館新聞

新米「うまい!」 JA新はこだて試食会【北斗】

 【北斗】JA新はこだて(輪島桂組合長)は9月30日、市村内の函館育ちライスターミナルで2020年産新米の試食会を開いた。道南ブランド米「ふっくりんこ」など4銘柄を食べ比べ、「例年以上においしいコ...

函館新聞

東部地域まちづくり懇談会発足 旧4町村の観光振興に本腰【函館】

 函館市は、戸井、恵山、椴法華、南茅部の旧4町村の観光振興に本腰を入れる。学識経験者らを交えた協議で、既存の観光資源の磨き上げや周遊ルートの造成を図る方針。4地域共通の課題や地域振興の協議を目的と...

根室新聞

地元の子どもたちのために―「夢さん」絵本など寄贈【根室】

 根室市内の匿名支援者「夢さん」から今年も60冊(10万円相当)の絵本や一般書などが根室市図書館(松﨑誉館長)に寄贈された。松﨑館長は「大切に使わせてもらいます」と感謝している。  「夢さん」を...

苫小牧民報

ウポポイ、修学旅行生の受け入れピーク 見学予約、道内外714校6万700..

 白老町のアイヌ文化発信拠点・民族共生象徴空間(ウポポイ)で、小中高校の修学旅行生の受け入れがピークを迎えている。施設を管理運営するアイヌ民族文化財団によると、今年度の修学旅行で見学予約を寄せた...

日高報知新聞

三石小に「巨峰」届ける【新ひだか】

【新ひだか】三石蓬栄の幌村建設(幌村司社長)は29日、三石小(野﨑充校長、児童155人)の全校児童に、同社に隣接するビニールハウスで育てたブドウの「巨峰」7箱を贈呈した。  幌村建設は道教委が進め...