北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

倒産負債 最少7.4億円 農業下支え【十勝】

 東京商工リサーチ帯広支店(椿原賢一支店長)は、2019年(1~12月)の十勝管内倒産件数をまとめた。全体で13件、負債額は7億4755万円だった。負債総額は記録が残る1976年以降で最少、件数も過去2番目の少なさだった。負債5億円以上の大型倒産も発生しなかった。同支店では「農業の成長が多くの産業に波及効果を与え、堅調な業績につながっている」としている。

 

 負債総額1000万円以上で内整理も含む。

 1件当たり平均の負債額は5750万円で、前年より46.3%減少した。最も負債額が大きかったのは、9月に倒産した帯広市の飲食店の2億900万円。件数がゼロの月は3、4、10月。11月と12月は1件(負債額は11月・5520万円、12月・5300万円)だった。

 これまでの最少は17年の8件、10億8330万円。1985年(83件、190億1600万円)やリーマン・ショック後の2009年(34件、195億400万円)など200億円に迫る年もあったが、近年は落ち着き、18年(17件、18億1874万円)も低水準だった。

 地域別では帯広市が9件(前年比2件減)で全体の69.2%を占めた。業種別では建設、サービスが各5件で全体の38.5%。原因別で最も多かったのは販売不振の9件で、全体の69.2%となっている。

 椿原支店長は「基幹産業の農業の下支えで全般的に景気は安定している。ただ大型建設事業が地元に少なく、東京五輪後の先行きに不安があり、倒産が増える可能性もある」と話している。

13件負債7.9億円「景気に陰り」も 帝国データ

 帝国データバンク帯広支店(山元勝海支店長)の2019年の企業倒産は13件、7億9100万円(負債1000万円以上の法的整理のみ)。18年(16件、16億9500万円)と比べて改善された。負債総額は04年以降では最少。要因は販売不振が11件とトップだった。

 山元支店長は「小売業の倒産もあり景気に陰りが見えてきている。TPP11など世界情勢が不安定な中、今後、倒産件数の増加につながらないか心配」としている。

関連記事

函館新聞

新米「うまい!」 JA新はこだて試食会【北斗】

 【北斗】JA新はこだて(輪島桂組合長)は9月30日、市村内の函館育ちライスターミナルで2020年産新米の試食会を開いた。道南ブランド米「ふっくりんこ」など4銘柄を食べ比べ、「例年以上においしいコ...

函館新聞

東部地域まちづくり懇談会発足 旧4町村の観光振興に本腰【函館】

 函館市は、戸井、恵山、椴法華、南茅部の旧4町村の観光振興に本腰を入れる。学識経験者らを交えた協議で、既存の観光資源の磨き上げや周遊ルートの造成を図る方針。4地域共通の課題や地域振興の協議を目的と...

根室新聞

地元の子どもたちのために―「夢さん」絵本など寄贈【根室】

 根室市内の匿名支援者「夢さん」から今年も60冊(10万円相当)の絵本や一般書などが根室市図書館(松﨑誉館長)に寄贈された。松﨑館長は「大切に使わせてもらいます」と感謝している。  「夢さん」を...

苫小牧民報

ウポポイ、修学旅行生の受け入れピーク 見学予約、道内外714校6万700..

 白老町のアイヌ文化発信拠点・民族共生象徴空間(ウポポイ)で、小中高校の修学旅行生の受け入れがピークを迎えている。施設を管理運営するアイヌ民族文化財団によると、今年度の修学旅行で見学予約を寄せた...

日高報知新聞

三石小に「巨峰」届ける【新ひだか】

【新ひだか】三石蓬栄の幌村建設(幌村司社長)は29日、三石小(野﨑充校長、児童155人)の全校児童に、同社に隣接するビニールハウスで育てたブドウの「巨峰」7箱を贈呈した。  幌村建設は道教委が進め...