北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

ハンデに向き合う思い込め 聖火つなぐ兄妹 ランナーに選出【帯広】

 今年の東京オリンピックで北海道内を走る聖火リレーに、十勝からも市民らが参加する。北海道は6月14、15の両日で、十勝では14日の帯広競馬場が会場となる。聖火ランナーに選ばれた市民のうち、きょうだいでそれぞれ走る帯広市内の松下長正さん(37)、容子さん(36)は「お互い応募したことを知らなかった」と驚きながらも「支えてくれた母や祖母、友人や仲間たちへの感謝を胸に走りたい」と意気込んでいる。

「見ている人を勇気づけられるような走りを」と意気込む(左から)長正さん、容子さん

 聖火ランナーは昨年公募され、2人はそれぞれが今、挑戦していることをまとめて応募し、合格。十勝からは2人以外も複数選ばれているが、実行委から具体的な人数や名前は発表されていない。

挑戦続ける姿を

 長正さんは栄養管理配食サービス「しんかーず」(帯広)の統括マネージャーを務め、「仕事、音楽、地域づくり…十勝の30、40代がもっと先を見据えてコミュニティーをつくり、盛り上げていきたい」とさまざまなことにチャレンジしている。

 同社が2018年に開設した道内初の福祉事業型専攻大学「スクオーラ帯広校」は、障害のある若者が社会とのつながりをつくり、働いていくための学び場。「学生たちはバイト経験もなく、社会とのつながりも薄かった。この2年で成長を実感し、刺激をもらっている部分も多い」という。

 また、勤務先のしんかーずで地域の高齢者らに食事を届けるスタッフの中には、病気や障害のある人も。これまではサービスを受ける側だった人々が、地域を支える一員となっている。人々が手と手を取り合う現状を伝え、学生たちへエールを送りたいと聖火ランナーに応募。「趣味の音楽活動でもいろんな方とステージに立ち、つながりを広げてきた。もっと自分自身がチャレンジし続けたい」と思いを込める。

「復活」を見せたい

 容子さんは元アイスホッケー選手で、07年にはインラインホッケーの世界女子選手権で日本代表入りするなど活躍してきた。

 小学生から社会人まで続けたが、10年ほど前に右足の難病を発症。懸命にリハビリに励むが、足は思うように動かない。

 所属していた地元チームでは主将を務めていたが、選手復帰は涙をのむことに。自らの気持ちを安定させるために仲間たちとランニングを始め、手術とリハビリを繰り返す中で長年の努力は実り、昨年6月には上川管内美瑛町のハーフマラソンを完走した。

 新たな目標は今年3月の名古屋市で行われるフルマラソンで完走すること。足は100度ほどしか開かず、今も治療とリハビリに励む。「最初は走ることも無理だと言われていたが、完走して復活した姿を見てほしい」と話す。

 きょうだいでそれぞれ応募し、2人とも合格したときは「母がすごく喜んでくれた」と笑い合う。2人は「2月に米寿を迎えるおばあちゃんに走ってるところを見てもらい、元気になってほしい」と前を見据えている。

関連記事

函館新聞

市民会館の舞台裏 小学生らが見学 マジックショーも【函館】

 函館市民会館は4日、今春リニューアルオープンした同館の設備を見学する「バックステージツアー&マジックショー」を開いた。小学生と保護者約80人が参加。大ホールのさまざまなステージ機構などを学んだ...

釧路新聞

東部ダイハツ、西脇選手支援【釧路】

   釧路や標茶町などで主に軽自動車販売を手掛けている東部ダイハツ(筧陽介社長)が、アイスホッケーのひがし北海道クレインズ(田中茂樹代表)のチーム全体とFWの西脇雅仁選手(37)個人も支援するとい...

根室新聞

コロナ感染防止実践店にステッカー【根室】

 根室市は「新しい生活様式」に基づく取り組みの一助として「飲食店新型コロナウイルス感染防止対策マニュアル」を作成した。マニュアルに沿った感染対策を実践する飲食店には「あんぜんあんしん宣言の店」...

根室新聞

ホッキ手掘り 秋漁始まる【根室】

 根室湾中部漁協(髙橋敏二組合長)の秋季手掘りホッキ漁が2日から始まり、朝から漁業者らが、温根沼前浜などで操業を行った。3日に根室市場で行われたセリでは大サイズ、中サイズともに高値は前年を上回るス...

苫小牧民報

Seasons with グランマ 白老の食文化、若い世代に継承

 白老町の地域おこし協力隊員の林啓介さん(38)が大町商店街の食堂「グランマ」の経営を引き継ぎ、「Seasons with(シーズンズ ウイズ) グランマ」の店名でリニューアルオープンさせた。従...