北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

3年連続「最高ランク」 苫小牧・幌内川上流の水質

水質最高ランクのお墨付きを得た幌内川上流=苫小牧市高丘

 環境省がまとめた2018年度の公共用水域の水質測定結果で、苫小牧市内を流れる幌内川の上流が3年連続で最高ランクの水質と評価された。水質汚濁の代表的な指標であるBOD(生物化学的酸素要求量)の年平均値が1リットル当たり0・5ミリグラム以下で、最も良好な水質基準を満たした。

 国や地方自治体から集めた測定データを取りまとめた環境省水・大気環境局水環境課によると、18年度は全国の河川2564水域、湖沼188カ所を調べた。

 BODは、河川に生息する微生物が水の汚れの原因となる有機物を分解する際に消費した酸素量。数値が高いほど微生物の死骸(しがい)などにより、水の汚濁が進んでいることを示す。0・5ミリグラム以下の河川としては、近郊では白老川上流、沙流川上流、千歳川上流も選ばれた。

 幌内川、沙流川上流、千歳川上流はpH(水素イオン濃度)、DO(水中の酸素含有量)、SS(水中の粒子状物質含有量)についても基準値を満たした。

 同課の担当者は、各種基準を満たした幌内川の水質について「きれいだと言える」と述べた。

 幌内川などから取水する市高丘浄水場の担当者は「3年連続できれいな水であると評価され、うれしい。安心、安全なおいしい水を提供できていることを施設見学者などにPRしていきたい」と話す。

 幌内川の源流部を含む流域周辺を管理する北海道大学苫小牧研究林の揚妻直樹林長(56)も「森林の管理者として、清流が維持されていることは喜ばしい。今後も保全に努めながら研究や教育活動を続けていきたい」と語った。

 湖沼部門では、水質の指標となるCOD(化学的酸素要求量)の年平均値で支笏湖が1リットル当たり0・6ミリグラムと、田沢湖(秋田県)の0・5ミリグラムに次ぐ2位だった。

関連記事

根室新聞

議員定数 依然隔たり「維持」から最大「4減」まで【根室】

 議員定数問題を協議する根室市議会(本田俊治議長)の議員定数等に関する調査検討委員会(滑川義幸委員長)は9日午前、各会派、議員の「あるべき定数の考え方」に対する質疑を行った。議会内は「現状維持...

苫小牧民報

年内開催を見送り アイスホッケー・アジアリーグ

 アジアリーグアイスホッケー(小林澄生チェアマン)は8日、新型コロナウイルス感染拡大の情勢を考慮し今秋開幕を予定していた2020~21シーズンの年内開催を見送ると発表した。新たに来年1月以降の開...

苫小牧民報

苫東小と苫東中の新校舎完成 市内初の併設型、2学期から供用開始

 苫小牧東小学校(松橋忍校長、児童数192人)と苫小牧東中学校(五十嵐昭広校長、生徒数288人)の新校舎が、市内旭町の現東中の敷地内に完成した。共有スペースを設けた市内で初めての併設型校で、連携...

日高報知新聞

従来通りの競りで実施

 日高軽種馬農協は、8月24日から28日まで新ひだか町静内神森の北海道市場で開催するサラブレッド1歳馬競り市のセレクションセールとサマーセールについて、従来通りの競り方式で実施することを決めた。セリ会...

日高報知新聞

古里で次に向け調教へ【新ひだか】

【新ひだか】2020年牝馬クラシック2冠(桜花賞とオークス)を無敗で制したデアリングタクト(3歳)が、春のレースの疲れを癒しに新ひだか町に帰郷している。  同馬は日高町の長谷川牧場で2017年4...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス