北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

月暈に歓声上がる・「ムーンウオーク」【下川】

積雪の森林をともす満月(ムーンウオーク)

 満月に照らされた積雪の夜の森林を歩く、NPO法人森の生活(麻生翼代表)が主催の「ムーンウオーク」が、今年も積雪シーズンの満月の日に、午後7時から五味温泉に隣接するエコハウス「美桑」前集合、体験の森で行われており、初回は10日に実施した。

 スノーシュー(西洋カンジキ)を履いて積雪の森を散歩する内容で、森と雪と月明かりが創り出す神秘的な「月夜の絶景」が好評だ。

 参加費は1000円、スノーシュー持参の場合は300円引き。4歳以上小学生以下は600円、3歳以下は無料。防寒着、防寒靴(長靴)などを持参するとよい。各回の定員は15人となっている。

 初回は下川、名寄、西興部、東京から定員の15人が参加。

 曇り空だったが、雲間から満月が顔をのぞかせて明るく照らした。月の周りに輪ができる「月暈」(げつうん)も見られ、参加者から歓声が上がった。

 2月9日、3月9日にも予定しており、所要時間の目安は1時間45分となっている。

 参加には事前予約が必要で、問い合わせは森の生活(電話01655―4―2606、メールアドレスinfo@morinoseikatsu.org)へ。

関連記事

函館新聞

昭和の日用品・家電を展示 函館博物館【函館】

 市立函館博物館(青柳町)で収蔵資料展「昭和・なつかしの暮らし展」が開かれている。昭和30~40年代の暮らしを支えた日用品や電化製品など約300点が展示され、来場者の目を楽しませている。期間は今...

函館新聞

文化財防火デー 東本願寺函館別院で消防訓練【函館】

 1月26日の「文化財防火デー」に合わせ、函館市元町の東本願寺函館別院で27日、消防訓練が行われた。同別院の職員や市消防本部の隊員ら約20人が、火災発生時の対応を確認した。  同別院での訓練...

釧路新聞

中国人客キャンセル相次ぐ【釧路】

 新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大により、中国政府が27日から国民の海外への団体旅行を禁止したことで、釧路管内でも影響が出始めた。中国で大型連休となる「春節」(旧正月)期間と重なり、本来は...

根室新聞

ベトナム人実習生 旧正月楽しむ 遠く離れた地で“幸せ”【根室】

 ベトナムの旧正月「テト」を祝う会が26日、市内で初めて開かれ、遠く離れて根室で暮らすベトナム人技能実習生たちが一堂に会し、母国の伝統的な新年行事を楽しんだ。民族衣装で正装した参加者もいて、華...

日高報知新聞

五輪選手に続け! 浦河で町民スケート教室【浦河】

 浦河町教委主催、浦河スケート協会主管の「町民スケート教室」が24日、浦河町緑町の町スケートリンクで始まった。26日まで。  今年は暖冬で雪不足の日が続いており、リンク整備が間に合うか心配された...