北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

月暈に歓声上がる・「ムーンウオーク」【下川】

積雪の森林をともす満月(ムーンウオーク)

 満月に照らされた積雪の夜の森林を歩く、NPO法人森の生活(麻生翼代表)が主催の「ムーンウオーク」が、今年も積雪シーズンの満月の日に、午後7時から五味温泉に隣接するエコハウス「美桑」前集合、体験の森で行われており、初回は10日に実施した。

 スノーシュー(西洋カンジキ)を履いて積雪の森を散歩する内容で、森と雪と月明かりが創り出す神秘的な「月夜の絶景」が好評だ。

 参加費は1000円、スノーシュー持参の場合は300円引き。4歳以上小学生以下は600円、3歳以下は無料。防寒着、防寒靴(長靴)などを持参するとよい。各回の定員は15人となっている。

 初回は下川、名寄、西興部、東京から定員の15人が参加。

 曇り空だったが、雲間から満月が顔をのぞかせて明るく照らした。月の周りに輪ができる「月暈」(げつうん)も見られ、参加者から歓声が上がった。

 2月9日、3月9日にも予定しており、所要時間の目安は1時間45分となっている。

 参加には事前予約が必要で、問い合わせは森の生活(電話01655―4―2606、メールアドレスinfo@morinoseikatsu.org)へ。

関連記事

函館新聞

過去最低74トン 単価は最高828円 7月のスルメイカ【函館】

 函館市農林水産部がまとめた市水産物地方卸売市場での7月の生鮮スルメイカ取扱量は、前年を17トン下回る74トンだった。統計の残る2005年以降では、19年の91トンを下回り過去最低。主漁場は前浜...

函館新聞

市民会館の舞台裏 小学生らが見学 マジックショーも【函館】

 函館市民会館は4日、今春リニューアルオープンした同館の設備を見学する「バックステージツアー&マジックショー」を開いた。小学生と保護者約80人が参加。大ホールのさまざまなステージ機構などを学んだ...

釧路新聞

東部ダイハツ、西脇選手支援【釧路】

   釧路や標茶町などで主に軽自動車販売を手掛けている東部ダイハツ(筧陽介社長)が、アイスホッケーのひがし北海道クレインズ(田中茂樹代表)のチーム全体とFWの西脇雅仁選手(37)個人も支援するとい...

根室新聞

コロナ感染防止実践店にステッカー【根室】

 根室市は「新しい生活様式」に基づく取り組みの一助として「飲食店新型コロナウイルス感染防止対策マニュアル」を作成した。マニュアルに沿った感染対策を実践する飲食店には「あんぜんあんしん宣言の店」...

根室新聞

ホッキ手掘り 秋漁始まる【根室】

 根室湾中部漁協(髙橋敏二組合長)の秋季手掘りホッキ漁が2日から始まり、朝から漁業者らが、温根沼前浜などで操業を行った。3日に根室市場で行われたセリでは大サイズ、中サイズともに高値は前年を上回るス...