北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

子どもたちが技術磨く・モーグル、エアリアル合宿【美深】

キッカーでポーズを決めるエアリアル

 全日本スキー連盟のDivision3地域連携強化コンソーシアム、第1回雪上適性強化合宿が、11日から13日まで美深スキー場、美深町民体育館で行われた。フリースタイルスキー競技モーグル種目で長野五輪からソチ五輪まで5大会連続出場した上村愛子さん、エアリアル種目でソルトレークシティー五輪・トリノ五輪出場の逸見佳代さんらを指導者に招き、子どもたちが素質や技術を磨いた。

 日本スポーツ振興センターによる委託事業「アスリートパスウェイの戦略的支援事業」として実施。選手の発掘、育成を目的としており、美深町をはじめ、福島県、広島県は同センターが設立した「ワールド・パスウェイ・ネットワーク」に参加している。

 同連盟では、2018年から環境、特異性が類似している競技種目ごとに四つに仕分けし、競技力向上へ一貫した指導体制を取っており、Division3はモーグル、エアリアル、スキークロス、スノーボードクロスの4種目となっている。

 今回の合宿には、小学4年から中学3年までの15人が参加。美深からエアリアル2人、福島県からモーグル5人、広島県からモーグル5人とエアリアル3人が臨んだ。

 指導者は事業コーディネーターの上村さん、逸見さん、同連盟コーチでモーグルの島谷博幸さん、バンクーバー五輪・ソチ五輪モーグル出場の遠藤尚さんが務めた。

 美深スキー場では、モーグル、エアリアルの練習を両方とも実施。基本的なトレーニングに取り組み、モーグルの特徴である凹凸の多い斜面を滑走したり、エアリアルではキッカー(ジャンプ台)からポーズを決めながら跳んでいった。

 子どもたちは、一流の選手からアドバイスを受けながらトレーニングに臨み、素質を磨きながら技量を上げていた。合宿を糧に競技にさらなる関心を深め、将来の世界大会出場を目指し思いをはせていた。

関連記事

釧路新聞

中国人客キャンセル相次ぐ【釧路】

 新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大により、中国政府が27日から国民の海外への団体旅行を禁止したことで、釧路管内でも影響が出始めた。中国で大型連休となる「春節」(旧正月)期間と重なり、本来は...

根室新聞

ベトナム人実習生 旧正月楽しむ 遠く離れた地で“幸せ”【根室】

 ベトナムの旧正月「テト」を祝う会が26日、市内で初めて開かれ、遠く離れて根室で暮らすベトナム人技能実習生たちが一堂に会し、母国の伝統的な新年行事を楽しんだ。民族衣装で正装した参加者もいて、華...

日高報知新聞

五輪選手に続け! 浦河で町民スケート教室【浦河】

 浦河町教委主催、浦河スケート協会主管の「町民スケート教室」が24日、浦河町緑町の町スケートリンクで始まった。26日まで。  今年は暖冬で雪不足の日が続いており、リンク整備が間に合うか心配された...

日高報知新聞

研究発表大会で授業改善の研さんを深める【浦河】

 日高教育研究所・教職員研修センター(久保田慎吾所長)の研究発表大会が22日、浦河町総合文化会館で開かれ、管内小中学校教職員や各町教育長ら教育関係者約60人が「主体的・対話的で深い学び」の視点を取...

苫小牧民報

「現状維持」「役割向上」が7割超 苫小牧市の公共交通アンケート中間報告

 苫小牧市は、昨年11月に行った公共交通に関する市民アンケートの中間報告をまとめた。住んでいる地域の公共交通に対する感想では、満足と不満の割合がほぼ拮抗(きっこう)した。自家用車を所有する人が将来...