北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

子どもたちが技術磨く・モーグル、エアリアル合宿【美深】

キッカーでポーズを決めるエアリアル

 全日本スキー連盟のDivision3地域連携強化コンソーシアム、第1回雪上適性強化合宿が、11日から13日まで美深スキー場、美深町民体育館で行われた。フリースタイルスキー競技モーグル種目で長野五輪からソチ五輪まで5大会連続出場した上村愛子さん、エアリアル種目でソルトレークシティー五輪・トリノ五輪出場の逸見佳代さんらを指導者に招き、子どもたちが素質や技術を磨いた。

 日本スポーツ振興センターによる委託事業「アスリートパスウェイの戦略的支援事業」として実施。選手の発掘、育成を目的としており、美深町をはじめ、福島県、広島県は同センターが設立した「ワールド・パスウェイ・ネットワーク」に参加している。

 同連盟では、2018年から環境、特異性が類似している競技種目ごとに四つに仕分けし、競技力向上へ一貫した指導体制を取っており、Division3はモーグル、エアリアル、スキークロス、スノーボードクロスの4種目となっている。

 今回の合宿には、小学4年から中学3年までの15人が参加。美深からエアリアル2人、福島県からモーグル5人、広島県からモーグル5人とエアリアル3人が臨んだ。

 指導者は事業コーディネーターの上村さん、逸見さん、同連盟コーチでモーグルの島谷博幸さん、バンクーバー五輪・ソチ五輪モーグル出場の遠藤尚さんが務めた。

 美深スキー場では、モーグル、エアリアルの練習を両方とも実施。基本的なトレーニングに取り組み、モーグルの特徴である凹凸の多い斜面を滑走したり、エアリアルではキッカー(ジャンプ台)からポーズを決めながら跳んでいった。

 子どもたちは、一流の選手からアドバイスを受けながらトレーニングに臨み、素質を磨きながら技量を上げていた。合宿を糧に競技にさらなる関心を深め、将来の世界大会出場を目指し思いをはせていた。

関連記事

釧路新聞

東部ダイハツ、西脇選手支援【釧路】

   釧路や標茶町などで主に軽自動車販売を手掛けている東部ダイハツ(筧陽介社長)が、アイスホッケーのひがし北海道クレインズ(田中茂樹代表)のチーム全体とFWの西脇雅仁選手(37)個人も支援するとい...

根室新聞

コロナ感染防止実践店にステッカー【根室】

 根室市は「新しい生活様式」に基づく取り組みの一助として「飲食店新型コロナウイルス感染防止対策マニュアル」を作成した。マニュアルに沿った感染対策を実践する飲食店には「あんぜんあんしん宣言の店」...

根室新聞

ホッキ手掘り 秋漁始まる【根室】

 根室湾中部漁協(髙橋敏二組合長)の秋季手掘りホッキ漁が2日から始まり、朝から漁業者らが、温根沼前浜などで操業を行った。3日に根室市場で行われたセリでは大サイズ、中サイズともに高値は前年を上回るス...

苫小牧民報

Seasons with グランマ 白老の食文化、若い世代に継承

 白老町の地域おこし協力隊員の林啓介さん(38)が大町商店街の食堂「グランマ」の経営を引き継ぎ、「Seasons with(シーズンズ ウイズ) グランマ」の店名でリニューアルオープンさせた。従...

苫小牧民報

「海に浮いているよう」 上厚真小児童がサーフィン体験

 厚真町の上厚真小学校(井内宏磨校長)は3日、浜厚真海浜公園の海岸でサーフィン体験を行った。町内と苫小牧市のサーフィン愛好家7人が講師となり、4年生21人が地元の海でウオータースポーツの独特の魅...