北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

池坊「初生け」一挿し一挿しに精進誓う【根室】

今年1年の精進を誓った初生け

 華道家元池坊根室支部(大口和子支部長)の新年恒例行事「初生け会」が13日、イースト・ハーバー・ホテルで開かれた。役員、会員ら25人が参加し、心ひとつに一挿し、一挿しに精進を誓った。

 全員で華道文化高揚を祈念し、池坊の歌を斉唱した後、社中代表生け、全員が一挿しずつ生ける寄せ生けが行われた。今年の代表生けには、高岡社中から佐藤凡子さん、吉澤社中から坂下満智子さん、保田社中から苅田康代さん、島崎社中から島崎美智子さんが挿者となり、季節の草木を使って新春らしい作品を生けた。池坊のいけばなが基本とする生花、立花、自由花の三つのスタイルに基づき、生花から正風体、立花から新風体、そして自由花で、草木が生きる姿や自然美などを表現した。寄せ生けでは、用意した約20種類の花や草木を使って参加者全員が一挿しずつ生けて、今年1年の精進を誓った。

 大口支部長は「花や草木はそれ自体がそれぞれに美しい。私たちはその素材を生かしているか、見る人の心に残る作品になっているか、いつも意識して、日々草木に向き合って精進していきたい。私たち根室支部もワンチームで共に活動していきましょう」とあいさつした。引き続き全員で、出来上がった作品を巡視(鑑賞)した。

関連記事

根室新聞

議員定数 依然隔たり「維持」から最大「4減」まで【根室】

 議員定数問題を協議する根室市議会(本田俊治議長)の議員定数等に関する調査検討委員会(滑川義幸委員長)は9日午前、各会派、議員の「あるべき定数の考え方」に対する質疑を行った。議会内は「現状維持...

苫小牧民報

年内開催を見送り アイスホッケー・アジアリーグ

 アジアリーグアイスホッケー(小林澄生チェアマン)は8日、新型コロナウイルス感染拡大の情勢を考慮し今秋開幕を予定していた2020~21シーズンの年内開催を見送ると発表した。新たに来年1月以降の開...

苫小牧民報

苫東小と苫東中の新校舎完成 市内初の併設型、2学期から供用開始

 苫小牧東小学校(松橋忍校長、児童数192人)と苫小牧東中学校(五十嵐昭広校長、生徒数288人)の新校舎が、市内旭町の現東中の敷地内に完成した。共有スペースを設けた市内で初めての併設型校で、連携...

日高報知新聞

従来通りの競りで実施

 日高軽種馬農協は、8月24日から28日まで新ひだか町静内神森の北海道市場で開催するサラブレッド1歳馬競り市のセレクションセールとサマーセールについて、従来通りの競り方式で実施することを決めた。セリ会...

日高報知新聞

古里で次に向け調教へ【新ひだか】

【新ひだか】2020年牝馬クラシック2冠(桜花賞とオークス)を無敗で制したデアリングタクト(3歳)が、春のレースの疲れを癒しに新ひだか町に帰郷している。  同馬は日高町の長谷川牧場で2017年4...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス