北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

1億円の重さ体感 日銀見学会【釧路】

模擬の1億円のパックを持ち上げる子供たち

 日本銀行釧路支店(熊谷任明支店長)は14日、冬休みに合わせた親子見学会を同支店で行った。小学生と保護者ら29人が日銀の仕事やお金の仕組みを楽しく学んだ。

 同支店では毎年夏休みと冬休みに見学会を実施している。この日は釧路市などから子供たちが集まり、ロビーで職員から偽札のチェックや金融機関との決済処理など日頃の業務について説明を受けた。展示室見学ではパネルでお金や日銀の歴史を学び、10㌔ほどある模擬の1億円のパックを持ち上げて重さを体験した。

 その後は本物のお札を使ってすかしやマイクロ文字、紫外線を当てると光るインキなど偽造防止の技術を確認。破れたお札にどのくらいの価値が残されているのか面積を測っての鑑定や、止まったマスによってお金をもらえたり消費したりするすごろくゲームにも挑戦した。

 市内在住の若山佑君(10)は「1億円はすごく重かった。すごろくは楽しかったし、昔のお金とかを見られて勉強になった」と話していた。見学会は15日にも行われる。  

関連記事

函館新聞

新米「うまい!」 JA新はこだて試食会【北斗】

 【北斗】JA新はこだて(輪島桂組合長)は9月30日、市村内の函館育ちライスターミナルで2020年産新米の試食会を開いた。道南ブランド米「ふっくりんこ」など4銘柄を食べ比べ、「例年以上においしいコ...

函館新聞

東部地域まちづくり懇談会発足 旧4町村の観光振興に本腰【函館】

 函館市は、戸井、恵山、椴法華、南茅部の旧4町村の観光振興に本腰を入れる。学識経験者らを交えた協議で、既存の観光資源の磨き上げや周遊ルートの造成を図る方針。4地域共通の課題や地域振興の協議を目的と...

根室新聞

地元の子どもたちのために―「夢さん」絵本など寄贈【根室】

 根室市内の匿名支援者「夢さん」から今年も60冊(10万円相当)の絵本や一般書などが根室市図書館(松﨑誉館長)に寄贈された。松﨑館長は「大切に使わせてもらいます」と感謝している。  「夢さん」を...

苫小牧民報

ウポポイ、修学旅行生の受け入れピーク 見学予約、道内外714校6万700..

 白老町のアイヌ文化発信拠点・民族共生象徴空間(ウポポイ)で、小中高校の修学旅行生の受け入れがピークを迎えている。施設を管理運営するアイヌ民族文化財団によると、今年度の修学旅行で見学予約を寄せた...

日高報知新聞

三石小に「巨峰」届ける【新ひだか】

【新ひだか】三石蓬栄の幌村建設(幌村司社長)は29日、三石小(野﨑充校長、児童155人)の全校児童に、同社に隣接するビニールハウスで育てたブドウの「巨峰」7箱を贈呈した。  幌村建設は道教委が進め...