北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

来月から平均10%、タクシー料金値上げ【道内】

 北海道運輸局は道内11地区の事業者から出されたタクシー運賃の値上げ申請を認めた。2月から平均10・1%値上げする。運転手確保のための人件費高騰が要因。室蘭地区(胆振・日高)での消費税増税を除く値上げは、約20年ぶりとなる。

 同地区では、初乗り額は550円と変わらないが、料金メーターが上がる走行距離が1・237キロに変更。従来に比べて0・138キロ短くなる。登別市新生町に住む無職の80代男性は「脳梗塞の後遺症で左足が不自由なため、タクシーは大切な交通手段。買い物、通院に頻繁に使うので値上げは厳しい。割引制度を設けてもらえないだろうか」とこぼした。

 同局室蘭運輸支局によると、昨年8月の時点で、室蘭市内のタクシー会社は個人を含めて24社。人手不足は業界全体の大きな課題という。室蘭つばめ交通(室蘭市東町、佐藤将司取締役)では9日現在、運転手47人(定員63人)で業務を分担している。昨年は2人入社したが、収入面や高齢などを理由に6人が退職したため、かえって人手不足が進む結果となった。運転手の高齢化も深刻だ。

 同社は車両26台保有している。メーターの設定変更には、1台数万円を見込んでいる。今月31日に業務を終えた順から随時変更していく考え。佐藤取締役は「値上げ分については、従業員のサービス向上で補いたい」と話していた。

関連記事

函館新聞

新米「うまい!」 JA新はこだて試食会【北斗】

 【北斗】JA新はこだて(輪島桂組合長)は9月30日、市村内の函館育ちライスターミナルで2020年産新米の試食会を開いた。道南ブランド米「ふっくりんこ」など4銘柄を食べ比べ、「例年以上においしいコ...

函館新聞

東部地域まちづくり懇談会発足 旧4町村の観光振興に本腰【函館】

 函館市は、戸井、恵山、椴法華、南茅部の旧4町村の観光振興に本腰を入れる。学識経験者らを交えた協議で、既存の観光資源の磨き上げや周遊ルートの造成を図る方針。4地域共通の課題や地域振興の協議を目的と...

根室新聞

地元の子どもたちのために―「夢さん」絵本など寄贈【根室】

 根室市内の匿名支援者「夢さん」から今年も60冊(10万円相当)の絵本や一般書などが根室市図書館(松﨑誉館長)に寄贈された。松﨑館長は「大切に使わせてもらいます」と感謝している。  「夢さん」を...

苫小牧民報

ウポポイ、修学旅行生の受け入れピーク 見学予約、道内外714校6万700..

 白老町のアイヌ文化発信拠点・民族共生象徴空間(ウポポイ)で、小中高校の修学旅行生の受け入れがピークを迎えている。施設を管理運営するアイヌ民族文化財団によると、今年度の修学旅行で見学予約を寄せた...

日高報知新聞

三石小に「巨峰」届ける【新ひだか】

【新ひだか】三石蓬栄の幌村建設(幌村司社長)は29日、三石小(野﨑充校長、児童155人)の全校児童に、同社に隣接するビニールハウスで育てたブドウの「巨峰」7箱を贈呈した。  幌村建設は道教委が進め...