北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

宮蘭復活へ強い決意、川崎近海汽船・赤沼社長らが来社【室蘭】

4月からの室蘭-八戸航路など抱負を語った川崎近海汽船の赤沼社長(左から2人目)

「室八航路を死守」

 川崎近海汽船(東京)の赤沼宏代表取締役社長が14日、室蘭民報社を訪れ、岩手県宮古港への寄港休止と航路の変更を発表した、室蘭港と宮古港を結ぶ「宮蘭航路」について「必ず復活させる。室蘭-八戸で盤石な体制を整えたい」と決意を語った。

 同社は昨年12月、貨物収益の苦戦が続く宮蘭航路について、3月末で宮古港寄港を休止し、4月以降は室蘭と青森県八戸港を往復する航路への変更を発表した。

 赤沼社長と寅谷剛常務取締役、岡田悦明フェリー部長、大坪真二室蘭支店長が新年のあいさつに訪れ、改めて航路変更について「需要の見通しが甘かったことは深く反省するところ。今度こそ失敗は許されない。宮古復活に向け、何としても室八航路を死守していく」と力を込めた。

 昨年末には、室蘭市と宮古市、岩手県から宮古港への寄港継続の要望を受け「強い思いは伝わった。やめるわけではない。大事な航路という認識に変わりはない」と強調。寄港再開のポイントとして「人流に物流も追い付くには、道路や港などの環境も重要。使いやすい航路になれるよう、県などにも環境整備に協力を求めている」と航路再構築に向けた決断に理解を求めた。

 宮蘭航路は2018年(平成30年)6月に就航。旅客は計画を上回ったが、収益の柱となる貨物が計画通りに集まらなかった。南下便の八戸港寄港などてこ入れを図ったが、宮古発の北上便の状況が変わらず、就航から1年半での宮古港寄港の休止を決めた。

関連記事

函館新聞

新米「うまい!」 JA新はこだて試食会【北斗】

 【北斗】JA新はこだて(輪島桂組合長)は9月30日、市村内の函館育ちライスターミナルで2020年産新米の試食会を開いた。道南ブランド米「ふっくりんこ」など4銘柄を食べ比べ、「例年以上においしいコ...

函館新聞

東部地域まちづくり懇談会発足 旧4町村の観光振興に本腰【函館】

 函館市は、戸井、恵山、椴法華、南茅部の旧4町村の観光振興に本腰を入れる。学識経験者らを交えた協議で、既存の観光資源の磨き上げや周遊ルートの造成を図る方針。4地域共通の課題や地域振興の協議を目的と...

根室新聞

地元の子どもたちのために―「夢さん」絵本など寄贈【根室】

 根室市内の匿名支援者「夢さん」から今年も60冊(10万円相当)の絵本や一般書などが根室市図書館(松﨑誉館長)に寄贈された。松﨑館長は「大切に使わせてもらいます」と感謝している。  「夢さん」を...

苫小牧民報

ウポポイ、修学旅行生の受け入れピーク 見学予約、道内外714校6万700..

 白老町のアイヌ文化発信拠点・民族共生象徴空間(ウポポイ)で、小中高校の修学旅行生の受け入れがピークを迎えている。施設を管理運営するアイヌ民族文化財団によると、今年度の修学旅行で見学予約を寄せた...

日高報知新聞

三石小に「巨峰」届ける【新ひだか】

【新ひだか】三石蓬栄の幌村建設(幌村司社長)は29日、三石小(野﨑充校長、児童155人)の全校児童に、同社に隣接するビニールハウスで育てたブドウの「巨峰」7箱を贈呈した。  幌村建設は道教委が進め...