北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

宮蘭復活へ強い決意、川崎近海汽船・赤沼社長らが来社【室蘭】

4月からの室蘭-八戸航路など抱負を語った川崎近海汽船の赤沼社長(左から2人目)

「室八航路を死守」

 川崎近海汽船(東京)の赤沼宏代表取締役社長が14日、室蘭民報社を訪れ、岩手県宮古港への寄港休止と航路の変更を発表した、室蘭港と宮古港を結ぶ「宮蘭航路」について「必ず復活させる。室蘭-八戸で盤石な体制を整えたい」と決意を語った。

 同社は昨年12月、貨物収益の苦戦が続く宮蘭航路について、3月末で宮古港寄港を休止し、4月以降は室蘭と青森県八戸港を往復する航路への変更を発表した。

 赤沼社長と寅谷剛常務取締役、岡田悦明フェリー部長、大坪真二室蘭支店長が新年のあいさつに訪れ、改めて航路変更について「需要の見通しが甘かったことは深く反省するところ。今度こそ失敗は許されない。宮古復活に向け、何としても室八航路を死守していく」と力を込めた。

 昨年末には、室蘭市と宮古市、岩手県から宮古港への寄港継続の要望を受け「強い思いは伝わった。やめるわけではない。大事な航路という認識に変わりはない」と強調。寄港再開のポイントとして「人流に物流も追い付くには、道路や港などの環境も重要。使いやすい航路になれるよう、県などにも環境整備に協力を求めている」と航路再構築に向けた決断に理解を求めた。

 宮蘭航路は2018年(平成30年)6月に就航。旅客は計画を上回ったが、収益の柱となる貨物が計画通りに集まらなかった。南下便の八戸港寄港などてこ入れを図ったが、宮古発の北上便の状況が変わらず、就航から1年半での宮古港寄港の休止を決めた。

関連記事

室蘭民報

きらんで「ママたちのリラックスTIME」が初開催【室蘭】

絵本読み聞かせアロマ楽しむ  室蘭市中島町の市生涯学習センター・きらん内のブックパークで27日、「ママたちのリラックスTIME~絵本のよみきかせ&アロマ~」が初めて行われ、子育て中の母親11人が...

室蘭民報

真冬の温泉街、熱気お届け…3、4日に湯まつり【登別】

 第49回登別温泉湯まつり(登別市、登別国際観光コンベンション協会主催)が2月3、4の両日、登別市登別温泉町の泉源公園を主会場に行われる。湯鬼神(ゆきじん)たちが宿泊施設や飲食店などを回り、厄払...

室蘭民報

新春インドアソフトテニス大会、シニアは山田・神組がV【室蘭】

女子は内海・堀江組制す  室蘭ソフトテニス連盟の新春インドアソフトテニス大会が26日、室蘭市体育館で行われた。室蘭勢では、シニアで山田英樹・神和彦(室蘭エースクラブ・東室蘭郵便局)が優勝した。 ...

室蘭民報

防災センターの役割を…市民懇談会で室工大に有識者ら提案【室蘭】

 室蘭工業大学(空閑良壽(くが・よしかず)学長)は27日、地域における大学の役割を聞く市民懇談会を同大で開き、空閑学長ら担当理事と西胆振3市の首長や地元各界の有識者ら14人が大学と地域づくりの関...

室蘭民報

解体の議決覆し旧絵鞆小の体育館棟を売却へ【室蘭】

青山市長が議会報告「判断変更に理解を」  室蘭市議会総務常任委員会(早川昇三委員長、7人)が27日開かれた。青山剛市長は、旧絵鞆小体育館棟について解体の議決を覆し、補修工事を条件に一般社団法人むろ...