北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

共生社会目指す、「ゴチャマーゼ中島」がオープン【室蘭】

「ゴチャマーゼ中島」のゲスト客が宿泊できる部屋

民泊とレンタルスペース

 子どもからお年寄りまで共生できるスペース「ゴチャマーゼ中島」が、室蘭市中島町1のプレアディス中島5階にオープンした。1月からゲスト客が宿泊できる民泊を始動。運営するおたがいサロン取締役の細川正人さんは「市民の皆さんにも使ってもらいたい」とPRしている。

 おたがいサロンは白鳥台を拠点に、デイサービスやサービス付き高齢者住宅を展開している。施設では子ども食堂を開くなど、多世代が過ごせる場を提供してきた。今回中島地区にも拠点を設け、手始めとして民泊とレンタルスペースの整備を行った。

 宿泊できるのは、同ビル5階の4LDK。洋室を3部屋用意し、定員は全部屋合わせて8人。洗濯機や浴室、冷蔵庫、調理器具、食器なども完備している。料金は1泊当たり1人3500~4千円。団体利用の場合は1団体2万2千円。

 4LDKの部屋には、宿泊者以外も利用できるレンタルスペース(宿泊客無料)がある。仲間同士の集まりなどに使える。料金は確認が必要。キッチンがレンタルスペースに隣接しており、料理教室なども開けるように準備を進めているという。

 ゴチャマーゼ中島は、昨年夏ごろに室蘭で発足した団体「ごちゃまぜの街づくりを目指す会(荻野秀二委員長)」から命名した。同階の3LDKの部屋も賃貸し、デイサービスや子どもの学習室、カフェ機能などの設置も今後進めていく予定。

 細川さんは「子どもやお年寄り、障害者、外国人と皆でごちゃ混ぜになって過ごす様子を想像するとわくわくする。皆で支え合う地域の地盤づくりに役立ててもらいたい」と意欲を見せた。

 今後、フェイスブックのSNSなどでも施設の情報を発信していくという。問い合わせは細川さん、携帯電話080・5580・3015へ。

関連記事

函館新聞

新米「うまい!」 JA新はこだて試食会【北斗】

 【北斗】JA新はこだて(輪島桂組合長)は9月30日、市村内の函館育ちライスターミナルで2020年産新米の試食会を開いた。道南ブランド米「ふっくりんこ」など4銘柄を食べ比べ、「例年以上においしいコ...

函館新聞

東部地域まちづくり懇談会発足 旧4町村の観光振興に本腰【函館】

 函館市は、戸井、恵山、椴法華、南茅部の旧4町村の観光振興に本腰を入れる。学識経験者らを交えた協議で、既存の観光資源の磨き上げや周遊ルートの造成を図る方針。4地域共通の課題や地域振興の協議を目的と...

根室新聞

地元の子どもたちのために―「夢さん」絵本など寄贈【根室】

 根室市内の匿名支援者「夢さん」から今年も60冊(10万円相当)の絵本や一般書などが根室市図書館(松﨑誉館長)に寄贈された。松﨑館長は「大切に使わせてもらいます」と感謝している。  「夢さん」を...

苫小牧民報

ウポポイ、修学旅行生の受け入れピーク 見学予約、道内外714校6万700..

 白老町のアイヌ文化発信拠点・民族共生象徴空間(ウポポイ)で、小中高校の修学旅行生の受け入れがピークを迎えている。施設を管理運営するアイヌ民族文化財団によると、今年度の修学旅行で見学予約を寄せた...

日高報知新聞

三石小に「巨峰」届ける【新ひだか】

【新ひだか】三石蓬栄の幌村建設(幌村司社長)は29日、三石小(野﨑充校長、児童155人)の全校児童に、同社に隣接するビニールハウスで育てたブドウの「巨峰」7箱を贈呈した。  幌村建設は道教委が進め...