北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

共生社会目指す、「ゴチャマーゼ中島」がオープン【室蘭】

「ゴチャマーゼ中島」のゲスト客が宿泊できる部屋

民泊とレンタルスペース

 子どもからお年寄りまで共生できるスペース「ゴチャマーゼ中島」が、室蘭市中島町1のプレアディス中島5階にオープンした。1月からゲスト客が宿泊できる民泊を始動。運営するおたがいサロン取締役の細川正人さんは「市民の皆さんにも使ってもらいたい」とPRしている。

 おたがいサロンは白鳥台を拠点に、デイサービスやサービス付き高齢者住宅を展開している。施設では子ども食堂を開くなど、多世代が過ごせる場を提供してきた。今回中島地区にも拠点を設け、手始めとして民泊とレンタルスペースの整備を行った。

 宿泊できるのは、同ビル5階の4LDK。洋室を3部屋用意し、定員は全部屋合わせて8人。洗濯機や浴室、冷蔵庫、調理器具、食器なども完備している。料金は1泊当たり1人3500~4千円。団体利用の場合は1団体2万2千円。

 4LDKの部屋には、宿泊者以外も利用できるレンタルスペース(宿泊客無料)がある。仲間同士の集まりなどに使える。料金は確認が必要。キッチンがレンタルスペースに隣接しており、料理教室なども開けるように準備を進めているという。

 ゴチャマーゼ中島は、昨年夏ごろに室蘭で発足した団体「ごちゃまぜの街づくりを目指す会(荻野秀二委員長)」から命名した。同階の3LDKの部屋も賃貸し、デイサービスや子どもの学習室、カフェ機能などの設置も今後進めていく予定。

 細川さんは「子どもやお年寄り、障害者、外国人と皆でごちゃ混ぜになって過ごす様子を想像するとわくわくする。皆で支え合う地域の地盤づくりに役立ててもらいたい」と意欲を見せた。

 今後、フェイスブックのSNSなどでも施設の情報を発信していくという。問い合わせは細川さん、携帯電話080・5580・3015へ。

関連記事

函館新聞

昭和の日用品・家電を展示 函館博物館【函館】

 市立函館博物館(青柳町)で収蔵資料展「昭和・なつかしの暮らし展」が開かれている。昭和30~40年代の暮らしを支えた日用品や電化製品など約300点が展示され、来場者の目を楽しませている。期間は今...

函館新聞

文化財防火デー 東本願寺函館別院で消防訓練【函館】

 1月26日の「文化財防火デー」に合わせ、函館市元町の東本願寺函館別院で27日、消防訓練が行われた。同別院の職員や市消防本部の隊員ら約20人が、火災発生時の対応を確認した。  同別院での訓練...

釧路新聞

中国人客キャンセル相次ぐ【釧路】

 新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大により、中国政府が27日から国民の海外への団体旅行を禁止したことで、釧路管内でも影響が出始めた。中国で大型連休となる「春節」(旧正月)期間と重なり、本来は...

根室新聞

ベトナム人実習生 旧正月楽しむ 遠く離れた地で“幸せ”【根室】

 ベトナムの旧正月「テト」を祝う会が26日、市内で初めて開かれ、遠く離れて根室で暮らすベトナム人技能実習生たちが一堂に会し、母国の伝統的な新年行事を楽しんだ。民族衣装で正装した参加者もいて、華...

日高報知新聞

五輪選手に続け! 浦河で町民スケート教室【浦河】

 浦河町教委主催、浦河スケート協会主管の「町民スケート教室」が24日、浦河町緑町の町スケートリンクで始まった。26日まで。  今年は暖冬で雪不足の日が続いており、リンク整備が間に合うか心配された...