北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

障害者アート 大型絵本に ポプケ利用者協力【帯広】

 帯広大谷短大の学生たちは17日、帯広市内の地域活動拠点popke(ポプケ、西21南2)で同施設の利用者らと共に、アールブリュット作品を使った大型絵本の表紙作りに取り組んだ。絵本は同短大で2月に初めて開かれる「アールブリュット作品を活用した絵本読み聞かせ会」で披露される。

popke利用者とアールブリュット活用の大型絵本に取り組んだ大谷短大生たち。後列右から5人目は絵本に作品を提供した日下さん

 絵本の絵の一部にはアールブリュット作家日下義信さん(愛灯学園)の平面作品を活用しており、横80センチ縦110センチ、全26ページ。同短大社会福祉科・阿部好恵准教授のゼミ生たちが、11月から制作を続けてきた。この日は阿部准教授のほかゼミ生11人が訪問。イラストレーターの岩沢美香さん(音更)が指導に当たった。

 画材にはポスターカラーを用い、裏表紙は参加者で思い思いに着彩。大胆な筆遣いで引かれた線や、動物、花の絵も描かれた。表側の表紙には、初めに点を描いてから点同士を線で結び、重なった線同士が作る図形に色を塗ることで、ステンドグラスのような鮮やかな絵になった。絵の具をはじくようテープも貼られており、完成時には「なかよし」の文字も浮かび上がった。参加した中山里代さん(20)=同短大社会福祉科子ども福祉専攻=は「障害のある方たちとの交流は初めてだったが、たくさん話し掛けてもらうなど、楽しく制作することができた」と振り返った。

 読み聞かせ会は同短大講堂で2月15日午前10時半~同11時半開催。音更町内の幼稚園や保育園、認定こども園、小学校に通う乳幼児・児童とその保護者が対象。参加無料、事前申し込み不要。読み聞かせのほか、絵本を活用した人形劇やゲーム、手遊び、ジャンベ演奏会、アールブリュットの作品展示も開かれる。

関連記事

苫小牧民報

新型肺炎 苫小牧で2人感染 10代女子高生、70代女性-濃厚接触者の2人も

 道内で新型コロナウイルスの感染が拡大する中、22日に苫小牧市内でも10代と70代の女性計2人が、新型コロナウイルスに感染したことが確認された。胆振、日高管内で感染者が確認されたのは初めて。23日...

苫小牧民報

新型肺炎、苫小牧で初の感染確認 市民に危機感、衛生管理さらに徹底

 苫小牧市内で22日に2人の新型コロナウイルス感染と、23日にはそれぞれの濃厚接触者の感染が確認されたことで、多方面で感染に対する危機感が高まっている。国や道は、感染疑いがある場合の相談窓口利用や...

苫小牧民報

新型コロナ警戒、白老町一丸 ウポポイ開業に危機感

 道内で新型コロナウイルス感染者の確認が相次ぎ、民族共生象徴空間(ウポポイ)開業を控える白老町で危機感が強まっている。状況次第では4月24日のウポポイ開業に向けた関連行事やオープン自体にも影響を...

苫小牧民報

「はやきたダブルチーズ」ゴールド受賞 安平・チーズ工房「夢民舎」-道地チ..

 安平町早来大町のチーズ工房「夢民舎」の「はやきたダブルチーズ」が、13~16日に東京都渋谷区の表参道ヒルズで開かれた「北海道地チーズ博2020」(ホクレン農業協同組合連合会主催)でゴールドを獲...

十勝毎日新聞

タナボタチャンに別れ 人気ばん馬、引退レース沸く【帯広】

 特徴的な名前と栗毛で人気を集めた、ばんえい競馬の牝馬「タナボタチャン」(7歳)の引退レースが23日、帯広競馬場で行われた。結果は最下位だったものの、特別な思いを抱いたファンが道内外から駆けつ...